PERSOL(パーソル)グループの誕生でテンプスタッフはどう変わる?

みなみ
2017年7月からテンプスタッフが「パーソルテンプスタッフ」に会社名を変更すると聞いたんですが、具体的に何が変わるんでしょうか?
れいか
テンプスタッフって昨年あたりから人材業界大手のインテリジェンスを買収したり、創業当初から支えてきた女性社長が後任になったり、色々と動きがあったわよね。テンプスタッフ以外の会社も多く抱えてるから、それを1つにまとめてグループ名を変更しちゃおうってことじゃない?社名がテンプスタッフのままだと、グループ全体が派遣会社だと勘違いする人も出てくるでしょ?
酒井先生
さすがれいかさん、鋭いですね!テンプスタッフは創業以来、派遣事業に最も注力してきました。今では派遣業界を牽引する派遣会社。今後さらに人材事業を拡大させていくうえで、派遣というイメージが強いテンプスタッフの名前をあえて変更し、国内・海外に向けた総合人材サービス会社としての認知度を高めることが目的のようです。

パーソルグループの基本情報

パーソルグループはテンプホールディングスの新ブランド名で、2016年7月に発表されました。「はたらいて、笑おう。」をブランドコンセプトに働く方の心身の安定を支援できるような事業展開を目指しています。

テンプは1973年に創業した派遣会社で、常に企業の人材ニーズに対応してきました。その結果、設計・研究開発の日本テクシードや転職サイト「DODA」やアルバイト求人「an」を運営するインテリジェンスなど、自社の苦手とする分野を吸収しながら企業に応えてきました。現在では国内外に約90社以上のグループ会社を抱え、派遣以外に新卒・中途採用支援アルバイトなど総合的な人材サービスを提供する会社に成長しました。

パーソルグループの事業

  • 人材派遣事業
    テンプスタッフが最も得意かつ柱とする事業です。
  • 新卒・転職支援
    転職求人サイトDODAを中心に新卒や中途採用の求人情報をまとめています。
  • ルバイト情報提供サービス
    アルバイト求人サイトanによるアルバイト情報を紹介しています。

PERSOL(パーソル)へ変更する理由

テンプは創業から40年以上派遣事業を続けており、「テンプ=人材派遣」というイメージが根強くあります。しかしインテリジェンスや日本エクシードを買収し派遣以外の人材事業も展開する上で、これがかえってマイナスイメージや誤解を与えてしまうこともあります。

会社全体のイメージを「派遣」から「総合人材サービス」という幅広い位置付けにおける認知度を高めるために、パーソルグループとして再出発しました。

2017年からグループの主要会社名が変更予定

2016年のパーソルグループの発表とともに、2017年からは主要会社の社名に「パーソル」という冠が付帯し変更となることも発表されています。しかし、人材派遣の「テンプスタッフ」、転職支援の「DODA」アルバイト求人の「an」など、サービスブランドの変更はありません。

パーソルグループ(テンプスタッフ)に登録する派遣社員のメリット

紹介予定派遣の求人数が増加

パーソルグループとしての認知度が高まれば、派遣だけでなく正社員や契約社員といった直接雇用の案件が今後さらに増えるでしょう。正社員や契約社員の採用を考えている企業からのニーズが増えることで、紹介予定派遣という派遣期間を経て直接雇用する選択肢も当然出てきます。

2018年問題や無期雇用派遣など、非正規社員の直接雇用化が進んでいるため、派遣社員にとっては更に雇用の安定が望まれます。

キャリアップや福利厚生サービスが強化

正社員や契約社員といった直接雇用の案件が増えるため、企業から求められるスキルが高くなります。そういった状況に対応するため、資格やビジネススキルの向上を図った実用的な講座や、心の安定を図るための福利厚生面も充実することが考えられます。

グループとしてもただ事業を拡大するだけでなく、業績を伸ばす・派遣社員にとって働きやすい未来を作るための、総合的な取組になります。

外資系企業の案件が増加

パーソルグループとして今後更なる海外事業拡大が考えられています。現在でも13カ国に事業を展開し、世界的知名度も上がってきています。派遣業界世界No.1シェアを誇っているのはアデコですが、パーソルグループがそれを脅かす存在になることは間違いありません。

そういったことから海外との取引も多くなり、外資系企業の求人数がさらに増えてきます。

パーソルグループ(テンプスタッフ)に登録する際の注意点

※以下は当サイトとしての見解です。

社内選考が厳しくなる可能性

紹介予定派遣の求人数が増えることで、転職を考えている方にも対応できるようになります。そのため今までは転職サイトだけに登録していた社会人経験を積んできた方も、派遣登録に流れることが考えられます。そのため登録者全体の質が上がり、社内選考が厳しくなることが考えられます。

「未経験OK」となっている紹介予定派遣の求人に、キャリアを積んだ方が挑戦するような状況になる可能性があります。企業から見ると非常に魅力的な派遣会社となりますが、人材の選考が行われる点で派遣社員にとってハードルが高くなります。

派遣先の求めるスキルが高くなる

パーソルグループとしてのブランド力を上げるためには、派遣先からの評価も重要となります。「パーソルグループの派遣社員に任せたい」という期待を持たれることになります。しかしブランド力がある分、派遣会社としても高い派遣料金を派遣先に提示することができ、それが派遣社員に還元され、高い時給を得ることができます。

ここに挙げた注意点は、派遣社員としての社会的地位を向上させるために重要なものであり、決して「デメリット」ではありません。パーソルグループにおける働き方や企業体質が評価されれば、非正規社員の社会的格差はどんどん少なくなるはずです。

派遣社員の悪い癖は、都合のいいときだけ「弱いフリ」をすること。パーソルグループは派遣社員を働きにくくさせることが目的ではないので、より意欲的に・積極的に挑戦してみてください。

【派遣会社】テンプスタッフってどう?派遣社員の口コミ・評判

2017.02.01

パーソルグループは人材業界の最大手を目指す

「派遣」というイメージをあえて捨てるために、これまでの社名を変えるというのは非常に大きな決断です。これからいきなりパーソルグループが人材業界最大手に君臨することは考えられませんが、間違いなくその一角として今後注目を集めるはずです。

特に派遣社員にとっては、時給面・待遇面・紹介される仕事、総合的に考えてその還元が大きいと評価できます。

現時点におけるテンプスタッフにおいてもそうですが、派遣社員としてのキャリアを形成する上で、パーソルグループ(テンプスタッフ)は必ず登録しておかなければならない派遣会社として知られることになるでしょう。

テンプスタッフへの登録はこちら

目的から派遣会社を探す