外資系企業に強いおすすめの派遣会社ランキングBEST5

みなみ
外資系企業はどこも給与が高いと聞きましたが、派遣でも同じなんでしょうか?
酒井先生
外資系企業はその特性上、派遣でも時給が高い会社が多い傾向にあります。登録するなら外資系企業の求人を豊富に扱っている派遣会社がおすすめですが、ただ取扱案件が多いだけはでなく語学講座などの学習環境が整っているところ派遣会社がベストです。

第1位:アデコ

求人数 ★★★☆☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★☆
営業マンの対応 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆
  1. 派遣業界世界No.1シェア
  2. 外資系企業との関係性が強い
  3. 語学力を活かせる求人多数

アデコグループは派遣業界「世界」No.1のシェアを誇ります。世界一の派遣会社であるため外資系企業との取引数が多く、逆に日本企業の取引が母数単位で見るとあまり多くない特徴があります。事務系の中でも英文事務の求人を豊富に取扱っているため、語学力に自信がある方は必ず登録しておきたい派遣会社でしょう。

社会人未経験・派遣初心者であってもTOEICのスコアや留学経験があればチャレンジ可能です。しかし、全く一からスタートするにはアデコはハードルが高いかもしれません。外資系企業の派遣が全く初心者の場合は2位のテンプスタッフで経験を積み、そのステップアップとしてアデコに登録し更なる高時給を狙うということも可能です。

第2位:テンプスタッフ

tenpu
求人数 ★★★★☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★★
営業マンの対応 ★★★★★
総合評価 ★★★★★
  1. 外資系大手企業との取引多数
  2. 日本人向けの外資系企業が豊富
  3. 学習環境が整っている

テンプスタッフは語学を活かしたい方やこれから外資系企業に挑戦したい方に向けた求人を豊富に扱っています。「外資系企業」と聞くと、外国語をペラペラ話せないと仕事ができないイメージがありますが、そういった第一線のお仕事ばかりではありません。もちろん今後更なる給与UPを狙うには語学力が必要になりますが、初心者のうちから挑戦できる仕事もたくさんあることを覚えておきましょう。それをカバーするための講座も豊富で、イーオンベルリッツといった語学スクールとも提携しています。

特にテンプスタッフは今後海外との取引を増やす方針で2017年に「パーソルグループ」として多くの企業を吸収し拡大しました。そうした背景からも、長期的な目線で考えてテンプスタッフは非常におすすめです。

第3位:ランスタッド

求人数 ★★★☆☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★☆
営業マンの対応 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆
  1. 派遣業界世界No.2シェア
  2. 派遣社員の満足度が高い
  3. 外国人や留学生向けの就職支援

ランスタッドは世界No.2の派遣会社です。営業担当の質や仕事とのマッチング力が定評で、派遣社員の満足度では高評価となっています。世界2位ながら日本国内における知名度がそこまで高くない点から、逆に社内選考に通りやすいことも魅力です。そのため大手派遣会社との複数登録におすすめしており、他社と同じ採用条件でもランスタッドで採用されている方も多い傾向があります。また外国人、留学生向けの就職支援も行っています。

第4位:リクルートスタッフィング

求人数 ★★★★☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★★
営業マンの対応 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆
  1. 外資系企業との取引実績が豊富
  2. 「未経験歓迎」の求人が豊富
  3. 多くの語学スクールと提携

リクルートスタッフィングは外資系に特化しているわけではありませんが、主要都市である東京に日本支部を構えている外資系企業が多く、「リクルート」というブランド名から案件が自然に集まる特性があります。

また外資系といっても一般事務やテレフォンオペレーターといった簡単な仕事内容のものが多く、業界未経験の方でも働ける派遣先が多い特徴があります。上位の派遣会社ほど求人数は多くはありませんが、ECC・イーオン・ベルリッツと多くの語学スクールと提携していることもあり、登録しておくだけでも語学力を身に付けることができます。

第5位:スタッフサービス

求人数 ★★★★★
地域 全国
福利厚生 ★★★★☆
営業マンの対応 ★★★☆☆
総合評価 ★★★★☆
  1. 英語を活かせる求人多数
  2. 高時給を狙える
  3. 英会話スクールの入学金免除

業界の中でも求人数の豊富さでいえばスタッフサービスは常にトップで、英語を活かせる仕事も多数扱っています。一般事務や貿易事務が中心で、時給は1,500円以上、中小企業から大手企業と幅広いです。日常会話程度の英語力で選考が通る案件も多いため初心者にはおすすめです。英会話スクールとも提携しており、イーオンやECCに関しては2万円以上の入学金が登録者限定で免除となっています。

しかし、スタッフサービスは「数勝負」の面が否めないため、営業マンとの関係性で悪い口コミが目立ちます。どちらかと言うとスタッフサービスは、派遣に慣れた方が自分のペースで仕事をしたいという場合におすすめです。外資系の案件だけなら他社に引けを取りません。

外資系企業は実力・成果主義

みなみ
外資系企業は語学力だけでなく、スキルも重視しているところが多いんですね。
酒井先生
スキルを重視するのは外資系企業の特徴です。英語が話せるだけで高時給の派遣先もありますが、それは外資系企業で働く「免許」のようなもの。そこに上乗せしたビジネススキルが求められます。しかしそれを加味した時給になっているため、今後継続・長期的に高時給を狙っていく上で、「語学力」というのは見過ごせませんね。

派遣社員が外資系企業で働くメリット・注意点

2017.04.25

目的から派遣会社を探す