フリーターがバイトを辞める理由でおすすめのものを教えてください

酒井先生
バイトを辞める理由のおすすめは「人間関係」や「仕事が辛くなったこと」がおすすめです。他にもバイト先を辞める際の理由におすすめのものを紹介していきます。

フリーターが簡単にバイトを辞めるための理由

今回は、少し派遣とは違いますがバイトのおすすめの辞め方について紹介します。バイト先を辞めることは会社を辞めることより簡単です。しかし、その場所で働いてきた期間や辞め時などがあります。その部分もふまえていきましょう。

2年以上の長期で働いたバイト先を辞めるとき

長く働いたバイト先はなかなか辞めづらいものです。2年も働いてくると、バイト先も安定して色々と仕事を任せてきます。そんな時におすすめの辞め方があります。

家から近いところで働きたい

バイト先が遠いときに使える方法です。長年も働いてきたけど、今後の就職活動のことや家のこと理由に家から近いところで働くことは不自然なことではありません。自分の人生がかかった就職活動にバイト先も文句は言えません。他にも「資格の勉強がしたい」など、時間を必要とする理由を言うだけでも効果はあります。

派遣社員として働いて社会人経験を積みたい

バイトをずっとしていることに不安を感じていることをバイト先に伝えましょう。「このままずっとフリーターは・・・」など言うと相手も手も足も出ない状況になります。派遣社員は社会人経験が積めるため、バイト以上の経験ができます。

就職先が決まりました

バイト先にとどめのように効く一言です。逆にバイト先から祝福されることでしょう。入社日は聞かれない限り答えることは控えましょう。悪いバイト先なら「ギリギリまで働けるじゃん」って思われる場合もあります。

シフトを減らしながらフェードアウト

意外に長年働いている方がする辞めかたです。シフトをあまり入れずに忙しいことをアピールしていきます。オーナーの方に言われても「最近少し忙しくなってきて」と様々な理由をつけていきましょう。勘の良いバイト先の方なら、察してくれます。

1年以内の短期で働いたバイト先を辞めるとき

基本的に長期で使ってきた理由も使えますが、短期だからこそ効果的な辞めかたもあります。

人間関係が上手くいかない

周りの雰囲気や馴染みにくいときに使う理由です。バイト先でオーナーが変わったりすることでバイト雰囲気は一気に変わります。そのため、1年以内でバイト先であれば「合わない」と思って辞めることは不自然ではありません。正社員でも1年以内に辞める方の理由の6割は人間関係です。

仕事内容が合わない

バイト先は3ヶ月ほどで1人前としてシフトに入れる所が多いです。そのため、3ヶ月以内なら「仕事が合わない」「仕事がキツイ」と感じて辞めても仕方ありません。1人前になった後もなかなか次のステップへ進めない場合は辞めたほうがスッキリします。

他のバイト先が見つかりました

他のバイト先が見つかったことは、長期で働いていないバイト先に有効なものです。バイトは掛け持ちしている方も多く、1つのバイトではマンネリ化してしまう可能性が高いです。1年の間にバイトなら色々経験しても良いです。

バイト先ならウソをついても大丈夫

正社員と違い、バイトであればウソをつくことも時には必要です。中でも「就職活動したい」という理由に文句をつけてくるバイト先はありません。バイトであなたの人生が終わってしまうことは勿体ないです。後に専業主婦になることを考えても社会人経験をすることは大切です。収入面や福利厚生面を考えても、余裕を持って生活を送るために会社で働くことは必須です。扶養内の専業主婦であれば問題ありませんが、1人暮らしの方が、普通のバイトで生活費を稼ぐことは難しい世の中です。

目的から派遣会社を探す