派遣社員の「勤務先」欄の記入は派遣元?派遣先?

みなみ
派遣社員は派遣会社から給与を貰っていますが、勤務先は「派遣先」「派遣会社」どちらになるんでしょうか?
酒井先生
個人で書く書類の「勤務先」は、全て派遣会社になります。厳密に言うと、派遣先では場所と仕事を提供してもらうだけで、雇用も在籍もされていません。たしかに派遣社員は、出勤から退勤まで派遣会社に立ち寄ることがないため、勤務先を派遣先だと勘違いしがちです。しかし派遣社員の位置づけは、派遣会社に直接雇用された契約社員なので書類関係は全て「派遣元(派遣会社)」を記載しましょう。

派遣社員の勤務先は派遣会社

派遣では、長期・短期に関係なく、勤務先は全て派遣会社になります。「派遣」という意味を改めると、派遣会社に直接雇用された契約社員(派遣社員)が、派遣先に行き、仕事をしている状況のことを言います。そのため、労災や社会保険、有給などは全て派遣会社が行っている福利厚生です。

派遣社員の「在籍確認」は派遣会社が行っている

個人で書く書類には、勤務先を記入し、在籍確認のために派遣会社へ電話がかかってくることもあります。特にクレジットカード類の審査が多いです。派遣社員でも、クレジットカードを作ることができますが、書類に勤務先を記入しないといけません。その場合は、派遣会社名を記入しましょう。

また在籍確認のために、クレジットカード会社から派遣会社へ電話がかかってくることもあります。もしクレジットカードを作る場合、また賃貸契約などについても、派遣会社に予め相談しておきましょう。

派遣社員が「確実に」クレジットカード審査に通る秘訣

2016.10.12

賃貸契約が通らない派遣社員のためのテクニック集

2017.03.02

派遣されていないと書類の勤務先に派遣元を書くことができない

派遣社員は派遣されているときのみ(働いているときのみ)、書類の勤務先に派遣元(派遣会社)を記入できます。つまり、登録のみで実際に仕事をしていないときの世間の扱いは「無職」ということになります。

「一度派遣されていたから」といっても、契約期間が終了してからは、書類の勤務先に派遣元を記入することはできません。もし記入して、在籍確認で電話がかかってきても、派遣会社は「在籍しているものの、仕事はしていません」と答えられてしまいます。

派遣会社と契約するときに書く「就業条件明示書」が例外

就業条件明示書に、勤務先や就業先を記入する際は、派遣先の住所と会社名を記入してください。その書類に関してのみ、派遣会社で保管するものなので、派遣社員がどこへ派遣されたかの証明になる書類です。

目的から派遣会社を探す