派遣の更新を拒否するおすすめの理由を教えてください

酒井先生
派遣の更新を拒否したいときはまず派遣会社に相談してください。また派遣先と派遣会社では拒否したい理由を変える必要があります。それぞれに合わせた更新を拒否するおすすめの理由を紹介していきます。

派遣の更新は契約終了の1ヶ月前までに行います。派遣会社が派遣先に聞いた後、派遣社員に確認をとります。

しかし派遣の更新を拒否したい場合は契約期間終了日に関係なく、遅くても更新確認の1ヶ月前までに派遣会社へ伝えるようにしてください。派遣会社は代わりの方を探さないといけないので、いきなり「辞めたい」と言われても対処する術がなく派遣先に迷惑がかかってしまいます。また場合によっては派遣会社から今後仕事を紹介されづらくなるため、その断り方も長く派遣社員として就業する上で押さえておく必要があります。

派遣会社に更新拒否を伝える

最初に「派遣会社」に対して行う更新のお断り理由を解説します。以下の理由であればお互いにとっても角が立たず、スムーズに辞めることができます。

「人間関係の悪化」

派遣社員だけでなく正社員が辞める理由でも上位にランクインする離職理由が「人間関係」です。この理由であれば一発でブラックリストに載ることはありません。派遣会社も派遣社員全員の性格を把握しているわけではないので、職場に合う・合わないについては働いてみないとわかりません。派遣会社の営業マンですら派遣社員との「人間関係」を理由に会社を辞めますからね。

また契約期間満了まで働いて辞めているので、更新を拒否するのには何も問題ありません。しかし今現在派遣先がどういう人間関係になっているか、素直に派遣会社の営業担当へ相談してください。その情報は派遣会社にとって今後どんな方をその派遣先に派遣するべきかの参考になりますし、あなたの性格の把握と次の派遣先の選定のために必要な情報となります。

「紹介予定派遣の仕事に挑戦したい」

1年以上の長期にかけて派遣された方が使う理由におすすめです。1年という派遣経験を通じて気持ちの変化が起きたことを派遣会社に伝えるやり方です。

派遣会社にとっては長期で派遣することも利益になりますが、紹介予定派遣で直接雇用されると紹介料が発生し一時的に高額な利益が生まれます。そのため紹介予定派遣に挑戦したいという派遣社員の気持ちに対して、前向きな派遣会社が多いです。

【紹介予定派遣】派遣から正社員を目指す・なる方法

言ってはいけない更新の拒否理由

これを伝えることで、今登録している派遣会社から今後仕事が紹介されづらくなる可能性があります。確認しておきましょう。

「違う派遣会社で別の仕事が決まりました」

簡単に言うと「裏切り行為」です。ただ、同じ派遣会社から仕事の紹介を受けたくないときには使える理由でもあります。この理由を使って更新を拒否するときは、そのまま登録抹消まで行う覚悟で派遣会社に伝えてください。

基本的に契約終了まで働いた派遣社員に対して、更新を引き止める権限は派遣会社にありません。派遣の更新は派遣社員と派遣先の双方合意のうえで行っていくものです。

「残業が多くて辞めたい」

残業があるかどうかは職場見学や募集の段階で知り得ることです。目安となる月の残業時間に関しても明確に記載されています。たとえ「残業なし」と記載されている求人でも、仕事が残っていれば多少の残業も余儀なくされます。

それが「サービス残業」を強いられる形であったり、「残業なし」と書かれているにもかかわらず慢性的に毎日1~2時間もあるようだと問題ですが、就業前に明らかになっているときは理由として使用することはできません。

「仕事内容が自分に合わない」

派遣会社は仕事内容に対する派遣社員のミスマッチをなくすために、派遣先への職場見学を設けています。従って「仕事内容が合わない」という理由だけで更新を拒否されると今後の仕事の紹介に影響してしまいます。自分に100%合った派遣先を見つけることは難しく、人間関係や労働環境に問題なければ自分から仕事に慣れる努力が必要です。

派遣先に更新拒否を伝える

最後に「派遣先」に対して行う更新のお断り理由を解説します。こちらについてはあえて細かいことを伝えず、ただシンプルに「他の職場が見つかりました」と伝えます。後処理は基本的に派遣会社と派遣先がとり行います。

「別の派遣会社で職場が見つかった」

違う職場が別の派遣会社で見つかったことを伝えます。たとえ同じ派遣会社から仕事を紹介されていても、必ず「別の派遣会社から」ということにしてください。派遣先も長期で雇用するために派遣社員の更新をしています。そのためもし他の仕事を紹介されることを言ってしまうと、派遣会社と派遣先の信頼関係が一気に崩れてしまいます。

正社員が辞めるときほど引き止められることはありませんが、必ず個別で理由を聞かれることがあります。

いくら直接雇用されていない派遣社員でも、本音を派遣先に伝えることは避けてください。人間関係や労働環境に関しては派遣会社だけに伝える理由です。また派遣社員は派遣法によってプライバシーが守られているので、それ以上追求されたことに対して答える必要はありません。

たとえ他の職場が見つかっていなくてもこの理由を伝えます。派遣先によっては「次の派遣先が見つかるまで働いて」とお願いされますが、キッパリ断ってください。派遣社員でもフルタイムで働いていると新しい派遣先の職場見学に行きにくくなります。

同じ派遣会社に対して更新が拒否できる限度は1回

どんな派遣先であっても、何度も更新を拒否し続けるとその派遣会社のブラックリストに載る確率が上がってしまいます。そのため更新を拒否できる限度は1回です。契約期間終了日まで働いていれば職歴に傷がつくことはなくても、更新を拒否したことは派遣会社のデータに残ってしまいます。

といっても派遣には「抵触日」がありますから3年以上その職場で働くことはできません。極力仕事の更新に関しては派遣会社と派遣先に任せ、自分は今の仕事に集中するのが良い働き方と言えます。

もし抵触日や派遣先の更新拒否を待たずに、2度以上更新を拒否したい場合は派遣会社を変更することをおすすめします。

目的から派遣会社を探す