派遣就業中に結婚(離婚)して苗字が変わったときの手続き

れいか
女性の場合、結婚して苗字が変わると手続きが色々と面倒ですよね(もちろん離婚のときも…)。例えば、派遣社員として働いているときに結婚したら、その変更手続きは必要なのでしょうか?
酒井先生
保険証や給与明細、契約書などを全て新姓に変更しなければならないため、名前が変更になったときはすぐに派遣会社へ相談してください。

まず派遣会社に変更したことを伝えましょう

結婚や離婚、その他の理由で名前が変更になったとき、派遣社員はまず派遣会社に連絡して下さい。派遣会社は派遣社員の雇用主であるため、給与明細や契約書、各種保険関係の変更手続きが必要になります。

もちろん行政上の手続きは自身で行うことになりますが、就労関係の手続きは派遣会社側で行います。

色々覚えるのが面倒だという方は「まず派遣会社に連絡!」とだけ押さえてもらい、その後の手続きは派遣会社の指示に従いましょう。なお、その他派遣社員側で行う手続きについて以下にまとめましたので参考にして下さい。

  1. 名前が変更になったことを証明する書類を提出
    戸籍抄本、新名義のある顔写真付公的書類、住民票、その他新姓が確認できるものを派遣会社から提出を求められます。なお、登録内容を変更するだけなので再登録は不要です。
  2. 旧姓の健康保険証を派遣会社に返還
    社会保険に加入している方は旧姓の保険証を派遣会社に返還してください。また発行されるまでに時間がかかるようでも、社会保険の番号は変わらず加入も継続されています。
れいか
周りの方たちにバレないようにする方法ってないのかしら?結婚したことを知られたくない人って多いと思うのよね。
酒井先生
結論から言うと可能です。今では名刺や社員証など、旧姓のまま働いている女性がたくさんいらっしゃいます。しかし契約書上の名前は変更する必要があるため、派遣先責任者や指揮命令者の方には知られてしまいます。またあまり考えたくはありませんが、離婚した際にも性を戻さず働くことができます。

目的から派遣会社を探す