派遣社員が外資系企業で働くメリット・注意点

みなみ
外資系企業で働く人達ってまさにエリートな感じがしますよね。派遣社員でも高給与で英語がペラペラじゃないと働けないイメージがありますが、こんな私でも採用される可能性はあるのでしょうか?
れいか
私の知人に外資系企業で働いている派遣社員がいるけど、英語は少ししか話せないわよ。でもPCスキルが高くてエンジニアとしてバリバリ働いて稼いでいるわ。
酒井先生
外国の資本が少しでも入っていれば全て「外資系企業」という意味になります。いわゆる「大企業」とよばれる日本の企業の多くは、実は外資系企業である可能性が高く、その中にはもちろん英語が話せないという方もいるでしょう。ただここで言うところの外資系企業を選ぶ際に重要な点は、その会社の資本比率です。資本比率が日本より外国のほうが高いと経営戦略や就業規則、採用基準などが外国主導となっているケースが多いため、日本的雇用慣行にそぐわない一面もあり苦労するかもしれません。

外資系企業に派遣される前に覚えておくこと

外資系企業とは外国の資本が入っている企業全てを指す言葉ですが、中にはもともと日系企業だった会社が買収されてなるケースもあります。また日本と外国との共同出資で設立することもあり、この場合は出資している資本の比率が高いほうに経営方針の決定権があります。

本社が外国にある会社は経営方針が濃く反映されており、一般的な外資系企業のイメージに合致していることが多いです。そのため以下で紹介する外資系企業のメリットや問題点については、外国の経営方針となっている企業のケースで解説していきます。

(参考)Wikipedia:日本の外資系企業の一覧

時給が高い

外資系企業では成果主義・能力重視のところが多く、年齢や性別、過去の経歴に関係なく「今」の労働対価に対して給与が支給されます。そのため高時給を狙えるチャンスがあります。時給アップを目的に外資系企業に挑戦する方も多く、日系企業では絶対に貰えないような高時給を提示されることもあります。

社員が優秀

高い給与を求めて転職してくる方が多く、外資系企業には優秀な方が集まりやすい環境にあります。ゴールドマン・サックスやマッキンゼー、マイクロソフトなど、世間のイメージにあるような「エリート集団」ということも間違いではありません。

年功序列・終身雇用の日系企業とは違い、確かなスキルと成果をあげてきた上昇志向の強い社員が集います。

直接雇用転換の話を持ちかけられやすい

従業員に対する評価は派遣社員でも正社員でも差別はありません。正社員以上に成果を上げている派遣社員であれば、正社員への雇用転換の話も出てくる可能性が高いです。

語学力が求められる

グローバル企業であるため、語学、特に英語力は必須になります。派遣社員であってもTOEICのスコアは600点以上が求められます。国内の外資系企業であれば、社内ではそのほとんどが日本人なので全く問題ないように思えますが、各国に支店や事業所・工場を持つ場合のやり取りは当然に英語となります。電話やメールのやり取りにおけるレスポンスが遅かったりすると、それだけで「仕事ができない人間」というレッテルが貼られてしまいます。

派遣社員の場合は任せられる仕事が明確に提示され、ここまで高い語学力を求められることは少ないと思いますが、直接雇用や更なる時給アップ、契約の更新を考えた場合は、語学力の向上を図った勉強・取組が求められます。

TOEICの取得方法と活かせる派遣の仕事~必要なスコアとは?

2017.03.27

いきなり契約を切られることが多い

外資系企業で働いていると、どんな職種であっても成果主義となります。一般事務でもとにかく効率生産性が求められ、日系企業のように毎日が同じ作業の繰り返しになることは少なく、仕事が流動的でそれに対応できるスキルも求められます。

刺激があることはいいのですが、業務に追い付いていないと派遣先に判断されてしまうと、契約期間中でも切られることがあります。もちろんこれは不当な派遣切りですが、外資系企業は日本と比べて労働法(特に「解雇」に関する内容)に対する規制は非常にあまく、派遣されるあなたも前もってその認識を持っておいた方が精神的なダメージは少なくなります。

派遣切りとは?雇い止め・不当解雇・契約解除の意味と違い

2017.04.12

そうしたこともあって、外資系企業は日本の派遣契約と違って契約期間が非常に短いことでも知られています(1ヶ月あるいは3ヶ月の契約を繰り返し更新であることがほとんど)。時給が高い反面、実力にそぐわないとすぐさま契約を切られてしまうのです。また、外資系企業の多くは即戦力を必要としています。業界未経験でも構いませんが、社会人経験がない方(ニート・フリーター・新卒・第二新卒)を募集しているところはまずありません。

外資系企業に強い派遣会社:アデコ

アデコは派遣業界の中でも外資系に最も強い派遣会社です。グループの本社がスイスにある外資系企業です。人材業界ではシェアNo.1を誇り、高時給案件を豊富に抱え、スキルの高い方を求めているため、キャリアアップしたい方におすすめです。またアデコで働く営業担当やコーディネーターの方達もスキルが高いことで知られています。

高時給の求人が多いおすすめの派遣会社ランキングBEST5

2017.03.08

目的から派遣会社を探す