【派遣会社】パーソルテクノロジースタッフってどう?派遣社員の口コミ・評判

酒井先生
パーソナルテクノロジースタッフはテンプスタッフ・テクノロジーとインテリジェンス派遣部門が統合して設立されたITエンジニア専門の派遣会社です。エンジニア派遣においては間違いなくトップの派遣会社ですので確認しておきましょう。

パーソルテクノロジースタッフについて

会社名(正式名称) パーソルテクノロジースタッフ株式会社
公式HP https://persol-tech-s.co.jp
設立 平成14年4月(テンプスタッフ・テクノロジー)
統合日:平成29年1月1日
優良派遣事業者 認定
会社所在地 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング51F
株主 テンプスタッフ株式会社(100%)
主な職種 エンジニア系全般
求人数 常時2,500件以上

テンプスタッフ・テクノロジーとインテリジェンス派遣部門が統合

人材サービス会社インテリジェンスの派遣部門が2017年1月にテンプスタッフ・テクノロジーと統合し、パーソナルテクノロジースタッフとなりました。

もともと2013年4月の時点でインテリジェンスの派遣部門はテンプスタッフに買収されていましたが、傘下に入っているだけでこの4年間は買収前と変わらず派遣事業を行っていました。ただここ数年のインテリジェンスの評判や業績を鑑み今回の統合に決まりました。これにより派遣業界からインテリジェンスの名前が消えることになりました。

PERSOL(パーソル)グループの誕生でテンプスタッフはどう変わる?

2017.04.12

かつてのインテリジェンスの特徴

  1. ベンチャー体質
  2. 新入社員の9割が5年以内に離職
  3. 新事業部を年々増加

インテリジェンスはリクルート出身者が作り上げた人材会社です。そのため人材に関するノウハウはあるもののビジネスモデルはリクルートに類似したものが多いです。

インテリジェンスは新しい事業部を次々に展開し、人材業界では異端児のように思われています。「〇年以内に上手くいかなければ事業部を撤廃」という短期的なプランで新事業に取り組んできました。その反面基盤が固まりにくい性質もあり、評判も年々悪くなり今回の吸収の背景があります。テンプスタッフに吸収されたことで今後その部分がどう改善されていくか重要になります。

パーソルテクノロジースタッフの特徴

  1. エンジニア求人が以前より倍増
  2. 求人の平均時給2,400円以上
  3. 求人の3割が大手企業
  4. 20代にはIT基礎トレーニングを実施

統合後は単純なIT派遣案件が増え、また紹介予定派遣の求人が特に豊富になりました。テンプスタッフの特徴とインテリジェンスの特徴(転職支援事業「DODA」)をうまく利用し、紹介予定派遣の求人が回ってくるようになったのです。急速に進むIT技術・Webサービスの普及により、エンジニア人材が常に求められているため今後「仕事がない」「給料が低い」ということは考えにくいでしょう。

実態面で見ると、マッチング率の評判が良く派遣先から特別単価による派遣料金を提示されており、独占案件かつ高時給な求人が多い印象です。エンジニア系の全国平均時給は1,800~2,000円となっているにも関わらず、パーソルテクノロジースタッフの抱える求人の平均時給は2,400円以上です。

また若年層であれば未経験でもITエンジニアを目指す「U_29」というサービスが準備されています。ITに関する経験や知識がなくても約80%以上の方が内定あるいは派遣先が決まっているようです。

パーソルテクノロジースタッフに登録する際の注意点

  1. 短期の求人が多い
  2. 残業が多い
  3. 求められるスキルが高い
  4. 採用に時間がかかる

エンジニア系の仕事なので仕事量が多く「残業なし」の案件はほぼありません。残業が多い仕事だと月40~100時間以上の求人もあります。もちろん時給が高いので残業代も割増と考えれば大きく稼ぐことは可能です。ただ業界自体が期限に追われるものなので、「派遣」という働き方を活かしてのんびりと仕事をこなしたい方には向きません。

またプロジェクトが終わり次第仕事も終了といったものが多いため「3ヶ月以上(長期)」と募集に記載されていても1年以上働けるとは限りません。

このようにリスクは伴いますが、時給も高く未経験者でもエンジニアを目指すことができるためニーズは明確です。今後注目の派遣会社なので興味がある方はチャレンジしてみて下さい。


パーソルテクノロジースタッフへの派遣登録はこちら

目的から派遣会社を探す