【派遣会社】キャリアリンクってどう?派遣社員の口コミ・評判

酒井先生
キャリアリンクはコールセンターや事務案件を主に扱っている派遣会社です。派遣先は都内の優良企業が揃っていて、大手に負けない安定性が魅力です。会社の業績や評判は良く、2012年にマザーズへ上場してから翌年には東証二部、2015年には東証一部に上場し、最近では最も注目の派遣会社です。

キャリアリンクについて知る

会社名(正式名称) キャリアリンク株式会社
公式HP http://www.careerlink.co.jp
設立 平成8年10月1日
優良派遣事業者 認定
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-1-1新宿三井ビル33階
拠点数 13拠点
主な職種 一般事務、コールセンター、軽作業、etc
求人数 常時150~200件

キャリアリンクの特徴

  1. 優良企業が豊富
  2. 障がい者雇用支援
  3. キャリアパス制度
  4. 充実したサポート体制

求人の半分は首都圏内での仕事で、官公庁や大手企業といった優良企業が中心です。安定した派遣先が多く、求職者からの人気もあります。安定した案件を中心に扱っていることから口コミで良い評判が広がり、キャリアリンクの知名度も上がっています。

また登録後のスキルアップ環境に特に力を入れています。オペレーターやパソコン、ビジネスマナー、事務、コールセンターで活かせるスキルが無料で学べます。キャリアパス制度で実務経験や実績、適正を考慮したうえで直接雇用(正社員or契約社員)への道も用意されています。将来的に社員を目指す方へのバッグアップ体制は万全です。

キャリアリンクに登録する際の注意点

  1. 時給が低い
  2. 求人が首都圏に集中している
  3. 若年層向け
  4. 紹介予定派遣がほぼない

安定している企業が多く、労働環境は悪くありません。しかし時給が低くなりがちです。中でも官公庁の仕事は入札案件と呼ばれるもので、派遣会社が安い単価で交渉して落札するものです。そのため時給を低く設定されてしまいます。「官公庁」という言葉自体は魅力がありますが、実際は低賃金で人を雇っているだけです。また派遣社員からそこへ直接雇用されることはまずありません。

派遣社員の心の安定は保たれるかもしれませんが、肝心の「お金」を手に入れることが難しくなるため、「なぜ派遣社員としてそこで働くのか」をよく自分で考えた方がいいでしょう。

キャリアパス制度によって社員になるためのスキルを磨けますが、求人自体に正社員を目指せるものがあるわけではありません。紹介予定派遣の求人は1~2件しか用意されておらず、直接雇用の可能性があるとしたら、長期で派遣されて派遣先から話を持ちかけられたときのみです。しかしその確率は低く、大体の派遣先で抵触日を迎えて切られる可能性が高いでしょう。

注目の派遣会社であることに変わりありませんが、細かい点でテンプスタッフやリクルートスタッフィングなどの大手派遣会社に劣る点が見受けられます。

目的から派遣会社を探す