高卒フリーター・大学生でも派遣登録することはできますか?

みなみ
派遣登録は学生や高卒のフリーターの子でもできるんですね。この前の職場で学生さんがいて驚きました。確かに社会人になる前にインターンみたいに事務経験とかが積めると就活でもアピールできそうですね。
酒井先生
派遣登録に明確な制限はなく誰でも登録ができますが、労働基準法により18歳未満は労働時間や深夜労働に制限がかかってしまうため、現場では派遣実績があまりありません。高卒フリーター・大学生であっても、18歳以上であることをまず確認した方がいいですね。

高卒フリーターや大学生でも18歳未満でなければ派遣登録可能

基本的に学生であっても派遣登録は可能です。私も学生が夏休み・春休みの期間に、日雇い派遣の契約を結ばせた経験があります。しかし、それでも18歳未満の受入をしているところは少ないです。

労働基準法により、18才未満は1週間の労働時間40時間・1日8時間を越えることや、深夜の就業を原則禁止しています。かつ経験やスキルもない学生や18歳未満の子を、派遣先がわざわざ採用する理由がありません。

派遣の求人はシフト制で働くことができても、基本的にフルタイム勤務(8時間労働)が多いため、18才未満が派遣登録しても採用される可能性は低いのです。

日雇い派遣は原則禁止
現行の派遣法では「日雇い派遣」が原則禁止されています。しかし日雇い派遣の例外に該当する場合は、日雇い派遣で働くことができます。この項目中に「雇用保険の適用を受けない学生(昼間学生)」が含まれています。

学生が派遣登録をする場合

daigakusei

あなたが大学生で派遣登録を望んでいる場合、派遣登録会に必要なものとして挙げたもの以外に、学生証が追加で必要です。学生証が昼間学生としての証明になります。日雇い派遣禁止の例外の対象となり、派遣会社で「日雇い派遣」ができるようになります。

学生でない18才以上の人が登録する場合

「学生でない18才以上の人」とは、大学生や専門学生でもなく、高卒で派遣社員として働こうとしている人を指します。

この方は日雇い派遣禁止の対象者となるため、31日以上の雇用となる派遣先でないと働くことができません。普通の派遣登録に来る方々と手続きや就業方法は同じなので、必要となる持ち物も同じです。

高卒フリーターや大学生が紹介される派遣先

社会人経験のない18歳以上の方であっても、大学生と高卒フリーターでは紹介される派遣先が異なります。おかれている状況がそれぞれ異なるため、働ける場所にも制限があります。

大学生に紹介される可能性の高い派遣先

派遣登録に来る大学生の傾向としては、春休み・夏休みといった長期休暇を利用して働きたいと考える方が多いです。しかし、休み期間には制限があり、休暇を過ぎると昼間学生に戻ってしまうため1~2ヶ月と期間を定めた派遣が多くなります。

①繁忙期の工場での軽作業員

繁忙期になると、工場では猫の手も借りたい状況になります。長期ではなくスポットとして人員が必要となるため、3ヶ月未満の短期で契約を結ぶことが一般的です。時給は1000~1300円が相場となっており、学生としては高い時給になります。

→軽作業員の仕事内容と時給の詳細

②イベントスタッフ

1日限定のイベントスタッフ、アイドルのコンサートや握手会の警備やもぎりなどの仕事です。派遣の時給相場は1000~1700円程度。アルバイトは日給で12000円~17000円程度が相場です。人気の仕事ですが、丸1日拘束され、想像以上に仕事内容もハードです。

→イベントスタッフの仕事内容と時給の詳細

③事務処理orデータ入力

事務処理、データ入力といった単調な事務・雑務を学生に短期で依頼することがあります。事務の仕事の時給は1000円程度と割には合わないかもしれませんが、社会人経験を積めるチャンスになります。

→事務の仕事内容と時給の詳細

高卒フリーターが紹介される可能性の高い派遣先

大学生のように期間限定にならないため、長期・短期の両方から仕事を紹介されます。高卒だからといって時給を下げられることはありません。あなた自身のスキルを必要としているため、学歴も関係ありません。

  • 未経験可の一般事務
    18才以上であれば、派遣先に年齢を提示する必要がないため事務案件の選考に進めます。20歳を越えていると紹介される可能性が上がります。
  • テレフォンマーケティング
    高時給を初めから求めたいのであれば、事務よりテレフォンマーケティングがおすすめです。選考もスムーズに進み、早期に就業が決まりやすい案件です。
  • 軽作業員
    軽作業員は繁忙期だけでなく、長期で働ける派遣先です。時給は安いですが、1000円以上は保証されており、選考も楽でほぼ確実に就業できます。
  • データ入力
    年間を通じて募集のある案件です。PCスキル・ブラインドタッチのスキルがあれば、未経験でも学歴がなくても採用されます。
  • 販売員
    アルバイトの接客経験なども職歴としてアピールすることが可能です。人と接することが好きな方は、販売員の仕事を紹介してもらいましょう。

20才未満の方が応募しても選考が難しい派遣先

派遣会社は(※派遣先ではない)、登録者が希望した求人に対して選考を行います。選考基準を満たしていれば、そのまま派遣先に紹介する可能性もあります。しかし、派遣先も職歴で年齢がある程度わかってしまいます。たとえ年齢のフィルターがなくても、派遣先から派遣会社に問われて選考として落とさざるを得ないケースもあります。

主に次の案件は、採用・選考が厳しく、20歳未満の方が就業するのは困難なものになります。

  • 大学事務
    「未経験可」であっても、大学事務の仕事は対応する相手(お客さま)が大学生になるため、20歳未満が採用されることはほぼありません。
  • 受付
    ビジネスマナーを求められる受付業務は、年齢の未熟さ理由に派遣会社の書類選考で落とされることがあります。
  • 医療事務
    医療事務はレセプトの理解や経験を問われることが多いため、経験を積んでいないと難しくなります。

高卒でもフリーターでも派遣から正社員を目指すことができる

大学生であっても、応募する案件の要件を満たしていれば就業できます。派遣会社によって個人情報が守られていることで、大学生であっても長期休暇中に社会人経験を積むことができます。時給も学生を理由に下げられることもないため、学生の間に月収が社会人並に達することもあります。もちろん、扶養内で働くことが前提でしょうから期間限定の月収になります。

また高卒でも派遣は学歴フィルターがないため、大手の事務案件に就業することができます。普通に就職活動をしていたら絶対就職することはできなかった会社も、仕事ぶりから直接雇用を提案される可能性も大いにあります。

高卒だから、未経験だから、といった理由で進路が断たれるわけではありません。「派遣」という働き方が、人間としての落ち目だと誤解している方も多いですが、そこから夢を実現することは十分に可能です。

目的から派遣会社を探す