派遣社員の抵触日はクーリング期間でリセットされる

みなみ
派遣社員という立場のまま同じ派遣先で3年以上働き続けることはできないんでしょうか?
酒井先生
派遣法により「抵触日」が定められているため、派遣社員を3年以上同じ派遣先で就業させることはできません。しかし、「クーリング期間」を空ければ再び同じ派遣先で働くことができます。クーリング期間とは期間制限の通算期間(抵触日)がリセットされる空白期間のことです。

クーリング期間で抵触日がリセットされる

派遣社員は派遣法により「抵触日」として同じ職場に最大3年以上働くことができません。しかし、クーリング期間を間に設けることで抵触日がリセットされます。また、抵触日の設け方には2015年9月30日の派遣法の改正に基づき個人単位と事業所単位の2種類あるので確認しておきましょう。

クーリング期間とは

クーリング期間とは3ヶ月超(3ヶ月と1日以上)の間に派遣社員を雇い入れることをせず抵触日をリセットするために設けられた期間です。

派遣法により派遣社員を同じ派遣先に3年以上派遣することができません。3年以上働きたい場合は派遣元(派遣会社)の無期雇用になるか派遣先の直接雇用に切り替える必要があります。

個人単位で期間制限を設けている場合

2015年9月30日の派遣法改正に基づき、今まで部署単位でしか設けることはできなかった期間制限を個人単位でも設けられるようになりました。

clean2

上図のように同じ派遣先であっても個人単位で抵触日を設けている場合、クーリング期間を設けることで同じ派遣社員に改めて3年の抵触日が設けられます。

部署異動で続けて働くことができる
個人単位で期間制限を設けている場合、派遣社員1人に対して抵触日があります。そのため、同じ派遣先であっても派遣されている課もしくは部署を異動することでクーリング期間を空けることなく続けて働くことができます。

事業所単位で期間制限を設けている場合

派遣先の事業所単位で抵触日を設けている場合は、個人単位でクーリング期間を設けるのではなくその事業所としてクーリング期間を空ける必要があります。そのため部署異動しても同じ派遣先で働くことができません。

clean1

上の図のように、事業所で期間制限を設けた場合は派遣社員Aが派遣から3年後に抵触日を設けられたように、後から派遣されてくる派遣社員Cも抵触日については同じになります。よって開始されるクーリング期間になります。クーリング期間を空けて派遣されてくる派遣社員はAやCの同じ方でも構いませんが、DやEのように別の方も派遣できるようになります。

クーリング期間で禁止されていること

クーリング期間を逃れようとして、派遣社員をクーリング期間の間に直接雇用に切り替える派遣先もあります。派遣法では直接雇用した方を1年以内に派遣することができません。派遣法ではクーリング期間を設けること以外で抵触日をリセットさせる方法はありません。

抵触日を迎えるような会社では直接雇用を勧められる

派遣期間の最長は3年です。抵触日まで働くような派遣社員であれば派遣先から直接雇用の話があることでしょう。この判断に関しては派遣社員であるあなた次第です。「派遣社員としてまだまだ働いていたい」という気持ちがあれば無理に直接雇用に切り替える必要はありません。クーリング期間を利用してまた同じ派遣先に戻ることもできます。私の経験でも同じ派遣先にクーリング期間を空けて10年以上も派遣した派遣社員がいました。

目的から派遣会社を探す