派遣社員は本当に残業を拒否することができますか?

れいか
正社員のときは残業してバリバリ働いていたけど、さすがに派遣社員にもなって残業するの嫌だわ。残業を拒否することってできるのかしら?
酒井先生
最近は派遣先・派遣会社共、派遣社員に対する扱いがクリアになってきています。しかし、募集求人に「残業あり」と記載されているところでは残業がある前提で募集しているので、派遣社員でも残業を強いられる可能性があります。もちろん、残業分は給与に繁栄させられますので安心して下さい。

派遣社員は残業を拒否できる

結論から言うと、派遣社員が残業を拒否することはできます。残業を拒否できる派遣先は求人内容に「残業なし」と掲載されています。残業をさせる職場は、その日に仕上げないといけないような、期限が決まった仕事が多く、たとえ「残業なし」と求人に記載されていても残業を強要してくる派遣先もあります。

残業を拒否しやすい仕事

  • 一般事務
    事務系の仕事の中でも最も残業時間の短い仕事です。お客様対応や電話対応がメインで、終業後は電話を留守電にして対応しないようにしています。正社員でも定時で上がっている方がほとんどです。
  • 英文事務
    内容は一般事務に似ており、英語が必須となっているだけの違いです。一般事務に並んで定時で上がれるため、残業を拒否しやすく、万が一でも他の社員で対応できる仕事が多いです。
  • 大学事務
    終業時間外で学生に対応することはありません。派遣のお仕事の中でも簡単な業務として知られています。残業が求められることはほとんどありません。

事務系の仕事は残業を拒否しやすく(そもそも求められることがほとんどありません)、その場の正社員や正職員によって対処できる仕事内容が多いです。

残業を拒否しにくい仕事内容

  • 秘書
    社長や役員などと行動を共にするため「定時」はあってないようなものです。その代わり時給が派遣の案件の中でも群を抜いて高額で、残業代を含めると年収400万~600万というのも可能です。
  • 営業事務
    一般事務に比べて残業が拒否しにくく、パートナーとなる営業の突拍子もないトラブルに巻き込まれることがあります。拒否できないこともありませんが、残業を拒否すると、代わりに残業するのが営業になるため、角が立ちやすくなります。
  • 人事・総務
    採用活動は期限が決められていることが多く、他の方が代行できる仕事でもありません。そのため、終業時間外に面接があったりするため、残業を拒否することはできません。
  • 企画事務
    提案書や企画の準備など、スケジュール通りに上手くいくことが少なく、止むを得ず残業することが多いです。派遣社員でも関係なく仕事が終わるまで帰りづらいです。

その他にも、貿易事務生保事務旅行事務などがあり、人と関わる仕事は残業を拒否しにくいです。拒否しにくい理由は、残業を拒否すると自分だけでなく他の方にも迷惑がかかる可能性が高い仕事だからです。

時給が高い仕事は残業も拒否しにくい

時給が高いことは派遣社員にとって何より嬉しいことですが、時給の高い仕事は残業も拒否しにくくなります。派遣先は高い派遣料金を支払って、派遣社員をお願いしているため、スキルとと同じくらい融通の良さ(残業を拒否しないこと)も求めています。

また仕事が終わっていれば問題ありませんが、全く仕事が終わっていないのに、次の日に残業しない分をまわすのは、さすがに派遣先から派遣会社にクレームがきてしまいます。

もし残業を拒否しにくい職場でも、「〇曜日が残業できません」と事前にわかっていれば、前倒しで仕事をすることができ、残業を拒否できます。

目的から派遣会社を探す