派遣先は派遣社員の個人情報をどこまで知っているの?

れいか
派遣社員の個人情報は選考を始め職場見学などで答える必要が無いと教わりましたが、実際に就業を始めれば全てを隠すということはできないわよね。あれ、そもそも派遣先は私の個人情報をどこまで知っているのかしら…?
酒井先生
派遣会社から派遣先に通知される個人情報の範囲は、派遣社員の氏名・性別・各種保険の加入状況です。履歴書のような細かな内容を提出することはありませんので、住所や職務経歴について派遣先が知る術はありません。

派遣先に通知される個人情報の内容

派遣会社は労働者を派遣する際、「個人情報取扱業者」であるか否かに関わらず、その適性な取扱いに務めるべきと派遣元の指針で定められています。しかし派遣社員の“一定の”個人情報については派遣先に通知しなければならないとされています。

その個人情報は派遣社員の氏名性別各種保険の取得状況です。いくら「個人情報保護」と言っても、一緒に仕事をする相手の名前もわからない状態では業務に支障をきたします。また保険に関しても取得状況を知らずにいれば、やむを得ない残業をお願いするときも難しくなってしまいます。そうした事情からある程度の個人情報の共有・開示は許されているのです。

またこれは年齢や雇用条件によって異なる場合があるので、それについて解説していきます。

18歳未満・45歳以上の場合のみ年齢情報も通知される

年齢に関する派遣先への通知は原則ありませんが、例外として18歳未満または45歳以上の方を派遣されるときのみ、派遣契約書に記載されます。

18歳未満の場合、22:00~5:00までの労働が労働基準法によって禁止されているため契約書による記載が義務付けられています。

45歳以上の場合、その年齢が労働安全衛生法では中高年者に該当する年齢となっています(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律施行規則第2条)。この年齢から労働災害の発生割合が多いことから、派遣先が45歳以上の方に対して労働環境に配慮するよう、あえて記載しています。

どちらも具体的な年齢が通知されるわけではなく、契約書に「18歳未満」「45歳以上」と記載され派遣先へ通知されます。

派遣先は派遣社員の時給や福利厚生(交通費・諸手当など)について知らない

「派遣会社と派遣先が結ぶ契約書」と「派遣会社と派遣社員が結ぶ契約書」は内容が異なります。

派遣会社が派遣先と結ぶ契約書には派遣料金派遣社員の個人情報勤務時間就業日数などについて記載され、派遣会社と派遣社員が結ぶ契約書には時給交通費の支給、諸手当などが記載されます。

そのため派遣先は派遣社員がいくらの時給で派遣されているか知りません。同様に派遣社員も、派遣先がいくらの派遣料金を支払っているのか知ることはできません。

紹介予定派遣では全ての個人情報が通知される

紹介予定派遣は直接雇用を前提としているため、派遣先に履歴書を提出することになっています。また選考では面接もあるので、プライベートの面まで聞かれることがあります。

長期で派遣されていた方が派遣先で直接雇用の提案を受けそれをのむ場合も、面接はありませんが履歴書の提出は必須です。

【紹介予定派遣】派遣から正社員を目指す・なる方法

2016.10.24

目的から派遣会社を探す