育休復職者に人気!大学が主催する女性向け再就職講座

みなみ
ネットニュースで「大学が女性の再就職を支援する」と書いてありました。転職エージェントみたいことを大学がしてくれるって意味ですか?
れいか
半分正解で、半分間違いね。これは、私のように出産や育児で止むを得ず離職した人に資格やビジネスマナー、PCスキルなどの再就職に必要なスキルを大学で教えてくれる取組のことよ。カリキュラムを終えてからの就職率が高いらしくて、私もちょうど応募しようと思っていたところなの。
酒井先生
再就職講座は日本女子大学が2007年に初めて実施したカリキュラムです。今では4つの大学で再就職講座に取り組んでおり、再就職を考える主婦層から注目を浴びています。

大学が主催する再就職講座の内容について

再就職講座は主婦の方向けにビジネスマナーやPCスキル、資格などを大学で学び直すためにできました。全ての大学で行っているわけではありませんが、現在日本女子大学をはじめ4つの大学で再就職講座が主催されています。受講者は主婦の方のように出産や育児によって止むを得ず離職している方が多いです。

主婦の方が再就職するときはブランクが気になり、なかなか就職先が決まらない状況となっています。主催している大学では最新で実践的な内容で授業が組まれており、毎年多くの主婦が受講しています。

再就職講座を行っている大学一覧と概要

※講座名をクリックすると各大学のコース詳細に進みます。

講座 リカレント教育課程 スマートキャリプログラム キャリアカレッジビジネス ハッピーキャリアプログラム
実施大学 日本女子大学 明治大学 昭和女子大学 関西学院大学
応募資格 4年生大学卒で就業経験のある女性 大学・短大卒で就業経験のある女性又は就業経験があり、大卒と同等以上の学力がある満22歳以上の女性 社会人経験のある女性 大学卒業者
期間 1年間  6ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
授業料  26万円 昼間:9.08万円
夜間:14.8万円
 22万円  9.26万円
定員 40名 40名 30名 20名
授業内容 TOEIC試験対策
ビジネス英語
貿易実務・国際物流
日商簿記
マーケティング知識
ビジネスマナー
金融・財務に関する知識
ビジネス英文
プレゼンに関する知識
女性のリーダーシップに必要なスキル
コミュニケーション能力の向上
マーケティングに関する知識
マネジメント
会計知識
キャリアプラン
ビジネススキル
マネジメントスキル
交渉力
会計・財務知識
ビジネス英語
IT知識

外資・貿易関連で働きたい方はリカレント教育課程

リカレント教育課程はTOEICをはじめとする英語のスキルアップ環境が整っています。TOEIC700点以上が最終的な目標です。また貿易関連の授業にも力を入れています。ほとんどの再就職講座で社会人経験ある方を対象にしているため、ビジネスマナーの基礎ではなく、応用的な勉強内容になっています。貿易実務検定も取得できるカリキュラムとなっています。

金融・証券で働きたい方はスマートキャリプログラム

基本的なビジネススキルに加えて、マーケティングや会計知識に力を入れています。証券アナリストや元アナウンサーなどを招いて授業を行っています。

リーダーシップ能力を高めたい方はキャリアカレッジビジネス

「リーダーを目指す女性」を対象にしており、職場で活かせるビジネスマナーやコミュニケーション能力を身に付けることができます。そのため女性の会社経営者や元秘書などが講師で指導してくれます。

営業力を身に付けたいならハッピーキャリアプログラム

仕事復帰させることが目標にあり、授業内容も企業目線のものが多いです。カリキュラムを修了した受講生の中には起業して社長として活躍される方や大手企業に就職した方も多くいます。授業内のインターシップでは実際に企業や団体で職業体験ができるようになっています。

再就職講座を受講するメリット

集中してスキルアップ・仕事復帰が望める

カリキュラムが組まれているため、段階を踏んで勉強する環境が整っています。そのため全く知識のない方でも挑戦できるようになっています。

勉強する習慣が身につく

自分で申し込む講座やスクールとは違い、ほぼ毎日のように授業が詰め込まれています。そのため今まで全く勉強してこなかった方でも、授業を受けているだけで勉強することが習慣付きます。

同じ待遇の方が集まっているから安心

再就職講座では対象を限定しているため、再就職に困る主婦層が中心です。そのため他の方との情報共有や輪が広がることでも人気があり、「自分1人ではない」という仲間意識が生まれます。

再就職講座を受講するデメリット

応募資格のある方全員が受講できるわけではない

再就職講座を受講するためには、選抜試験が大学ごとに設けられています。英語筆記試験やPCテスト、面接などがありその選考に通った方だけが受講生として認められます。

実施している大学が少ない

再就職講座を実施している大学は全国含めてまだ4つ。西日本圏内には関西学院大学しかありません。

お金を溜める暇がない

どこの大学のカリキュラムも1日の拘束時間が長く、仕事をしながら履修することは困難です。普通の大学生と同じ授業日数・講義時間となっているためフルタイムの就業は難しく、できてもアルバイトくらい。貯金が目的になってしまうと、何のために講座を受けているのか本末転倒の事態になり兼ねません。奨学金制度も無いため、最初からある程度の経済力がないと難しいでしょう。

再就職講座より福利厚生の整った派遣会社へ登録

再就職講座は就職率が高いことから主婦から人気を集めています。しかし選考基準を満たしていることやある程度のスキルがある方を対象にしていることから、わざわざ受講しなくても再就職できる方を集めているような印象を受けます。

また選考があるため、本当に就職で困っている方は受講できない状況になっています。経済力や就業環境を考えると、そうした方は大手派遣会社に登録したほうが選考もなくスムーズに仕事を得られるはずです。また再就職講座に負けない講座(大手資格学校の有料講座)が無料で受けられ、かつ実務によってもビジネススキルを付けることができます。実務から学べる経験のほうが就職では圧倒的に有利です。

傾向的にも、いくら勉強していても経験が重視されることもあり、企業にとってはその期間もブランクとして扱われてしまう可能性もあります。

目的から派遣会社を探す