派遣社員が清掃や朝礼に出ても給与に含まれないのはなぜ?

みなみ
私の派遣先、始業時間が9時からなのにみんな早く来て掃除や朝礼とかしてるんだけど、派遣社員の場合この時間が給与に含まれないのかな?
れいか
清掃や朝礼は正社員のときは当たり前だったけど、さすがに派遣社員なら時給に含まれるんじゃないかしら。日本らしいというか、これも悪しき習慣よねぇ。
酒井先生
その事例の場合、残念ながら給与に含まれるかどうかは派遣先によります。例えば、工場等における軽作業の仕事では、労働者が怪我せず健康に働けるよう準備体操や朝礼が労働時間に含まれています。しかし、事務作業のように自分が仕事を円滑に進めるための単なる「準備」としての掃除や、一部の社員らが自主的に集まって行う朝礼の場合、給与に含まれることはありません。

清掃や朝礼が給与に含まれない理由

派遣社員の給与に含まれるかどうかの判断は、労働者(派遣社員)が使用者の指揮命令下に置かれている労働時間内の作業であるかどうかです。そのため清掃や朝礼に関しては、規則や上司からの指示がなければ労働者自ら行っている仕事に対する準備行為とみなされます。準備行為は労働時間とはならず、給与対象にはなりません。

しかしその会社に清掃や朝礼を強制するような命令、規則などがある場合は労働時間とみなされ、給与を支払う義務が労働基準法によって使用者に科されます。

清掃や朝礼は拘束時間外のこと

拘束時間は労働時間と休憩時間を足し合わせたものを言います。休憩時間に関しては職場にいなくてもいい自由時間のことを指します。そのためその時間内は自由な行動が許されています。しかし「拘束時間」に含まれているため、その自由時間には45分や1時間と定めがあります。

しかし拘束時間外で行われる清掃や朝礼に関しては強制できないとされています。

また労働時間内でもトイレや飲食、タバコを吸いに行ったりリフレッシュなどの多少の自由時間を許している会社もあり、厳密な「実働」を計測することは現実的に不可能です。

清掃や朝礼は強制参加ではない

オフィスワーク系の仕事でよくある、清掃や朝礼の時間について給与を支払われる可能性は低いと言えます。その時間は強制ではなく、会社の美化運動や業務を円滑に進行するための準備に過ぎないからです。

また派遣先は清掃や朝礼時にいなかった人間に対して、「遅刻」や「減給」とみなすこともできません。

みなみ
派遣社員なら時間ギリギリに行って仕事すればいいってことね。なら5分前でも遅刻にはならないってことか。
れいか
この場合、「空気を読め」ってことを言いたいのよ。周りの人が清掃や朝礼をやっているんだから、参加しないと気まずくなるし。中々難しい問題よね。

清掃や朝礼以外に給与に含まれないもの

着替えや準備等

仕事を行うために着替えや準備をする時間というのは「業務時間」ではありません。そのため制服のある派遣先の場合、着替えの時間は給与に含まれません。またメイクを直したり上着を脱ぐ時間も自由時間とされているため、労働時間に含まれません。

その時間までも仕事の準備なので、始業時間までに済ませておく必要があります。

強制ではない研修や勉強会

派遣先によってはスキルアップの向上を図り、研修や勉強会などを行っているところもあります。もちろん強制ではなく自主的に参加するものの場合、労働時間とはならず給与に含まれることはありません。

飲み会や忘年会などのイベント

派遣社員が強制されにくい飲み会などのイベント行事も給与に含まれません。正社員の方にとっては飲み会や忘年会に参加することは当たり前のことですが、強制ではないイベントに関して派遣社員が参加する必要はありません。

また参加しなかったからといって、派遣社員を切ったり不利な扱いを受けることも派遣法で禁止しています。労働時間外のことは自由とされているのが派遣社員です。また清掃や朝礼とは違い、イベントに関しては不参加でも角が立つことはまずありません。

清掃や朝礼がない仕事もある

派遣先によっては正社員と始業時間をずらし、わざと派遣社員に朝礼や清掃を強制しないようにしているところも増えてきています。シフト制のように、入れ替わりで入る仕事やパートタイムの仕事も同様です。

職場見学で清掃や朝礼について聞いておこう

どうしても朝礼や清掃をしたくなければ、職場見学のときに質問しましょう。職場の環境について質問することは自由です。派遣社員の中には、その時間を拒む方も少なくありません。

派遣の職場見学・顔合わせで何をするの?質問内容や服装について

2016.07.28

また始業時間に対して30分前や1時間前と、あまりにも早い時間から出勤させるようなことになっていたら、派遣会社にすぐ相談してください。空気を読むことも大切かもしれませんが、そのことが自分の負担になっているのであれば、改善することも派遣会社の仕事です。またあなた(派遣社員)は派遣会社の社員なのですから、遠慮せず担当の営業マンに相談しましょう。

時間外労働については派遣元(派遣会社)との労使協定によって締結されるものですので、派遣先が締結外の時間外労働をあなたに対して強要することはできません。

目的から派遣会社を探す