派遣の化粧品販売やコスメ専門店の仕事内容と時給・残業の実態

みなみ
酒井先生、化粧品販売の派遣案件なんてどうですか?みなみ、未経験だけどお化粧のスキルは持ってると思うんですよ!
酒井先生
化粧品販売の派遣案件は、接客や販売経験を問われることはありますが、業界未経験でも挑戦できる仕事です。ただ女性なら誰でも興味がある分野なので派遣の案件としても人気が高いです。

コスメ系で働く化粧品販売の派遣案件

派遣の化粧品販売員は知識と経験を積めば1500円以上の時給も可能で、自分自身の美容にも繋げられるためとても人気です。経験を積んでいくとカウセリング販売といったお客様の肌に合わせた手入れ方法やメイク方法のアドバイスをすることもできます。

化粧品販売の仕事内容

keshohin
  • 化粧品の販売
    メインとなる仕事です。来店されるお客様の接客などを行います。販売促進のために商品の使い方、特徴などを説明します。
  • 商品の陳列や配置の整理
    ラウンダー営業の方との打ち合わせで陳列などを替えていきます。お店として推す商品を決めて売上向上を目指します。
  • 在庫管理と売上管理
    商品の売れ筋などを考えて商品の仕入れを行います。
  • カウンセリング
    化粧品店ではカウンターのようにお客様のメイク方法の悩みや手入れ方法の仕方といったその人の抱えている肌の悩みに対してアドバイスなどを行います。コスメに関する専門知識を駆使して話すことで紹介された商品を購入して頂けるように繋げます。

時給や残業について

時給は1000~1700円と幅が広いです。専門知識を駆使したカウセリングまでの職に就けると時給は高くなります。派遣でカウセリングに就く人は少なく大体の人が正社員です。残業はお店が閉まれば業務終了となるので月10時間未満が一般的です。しかし販売店ですとシフト制勤務のため、毎日同じ時間で働くということが難しくなります。残業がない分時間の計算はできますが、遅番などになるとお子さんを保育園にあずけている方はむずかしくなります。

化粧品販売に求められるスキル

  • 接客・販売経験
    化粧品の知識以上に接客・販売におけるコミュニケーション能力が必要になります。
  • 化粧品に興味があること
    化粧品に関する知識はもちろん、肌・皮膚に関する科学的知識、成分がもたらす効果・効能を頭に叩き込みます。「この成分は肌にどんな働きをもたらすの?」と聞かれたとき答えられるようにします。
  • パソコンスキル
    在庫管理や売上管理などはパソコンによって行います。専門スキルは不要ですが、キーボードを不自由なく打てるレベルが求められます。

化粧品販売に求められる人物像

  • 美意識の強い人
    化粧品という肌に直接触れるデリケートなものを扱うため、自分自身が綺麗でないと相手に「買いたい」と思わせることはできませんし説得力がまるでありません。
  • 制服を着ることに抵抗がない人
    化粧品販売店では、従業員を統一できるように制服の着用を義務付けているところが多いです。
  • 提案力のある人
    ラウンダー営業の人と一緒にお店の売上向上を考えることがあります。多くは正社員が対応しますが、自分でも思ったことを提案してみることも大切です。

化粧品販売は人へのサービス精神が大事な仕事

日本の女性で「何かしら肌の悩みを抱えている人」は95%以上だと言われています。特に3/4以上の女性は乾燥肌というデータもあり、「美」ということ以外に化粧品に求められているものは多く存在します。

基礎化粧品を扱うのかメイクアップ化粧品を扱うかでも異なりますが、自分にはどんな化粧品が合っているのか?もっときれいになるにはどの化粧品を選べばいいのか?というニーズに対する提案力が高く求められ、自分自身のスキルアップにも大きく貢献する仕事です。女性であれば是非一度は経験を積んで見る価値があると思います。