貿易事務派遣の仕事内容と実態~高時給だが残業が多いので注意

みなみ
「貿易事務」ってどんな仕事なのかな?なんかすごく時給が高いから目に留まっちゃった。
れいか
貿易っていうくらいだから、商社みたいに海外との架け橋となる仕事でしょ?ということはやっぱり語学力が求められるんじゃないかしら。時給に見合って大変そうなのは間違いないわね。
酒井先生
貿易事務の仕事は、英語が必須の仕事です。しかし、通訳・翻訳英文事務の派遣のように高い英語スキルは求められていないので安心して下さい。それよりもむしろ物流の知識が必要になってくる仕事です。あくまで派遣なので、読み書き程度、日常会話レベルの英語スキルで十分です。

貿易事務の仕事は輸出入業務がメインの仕事?

貿易事務の仕事は、商社やメーカーなどによる輸出入に関する業務がメインの事務業務です。一般事務の仕事内容に海外とのやりとりをプラスした業務内容となっており、仕事の幅は多岐に渡ります。日常会話レベルの英語スキルが求められ、また世界経済に関して常にアンテナを張っておく必要があります。

貿易事務の仕事内容

boeki

貿易事務の仕事は輸出に関する業務と輸入に関する業務の2つに分かれます。それぞれ関係してくる業務が異なるため、仕事内容については分けて紹介します。

輸出に関する仕事内容

  • 輸出通関書類作成
    海外に輸出する場合に必要な書類の作成になります。通関業者に提出する書類として「仕入書」「包装明細書」「船籍指図書」「委任状」などの書類を作成します。
  • 通関の手配
    輸出する物の品名・種類・数量・価格などを税関に申告して必要な検査手配をします。税関から許可を受ける手続き全般を指します。
  • 運送便の手配
    運送する方法を考えます。運送先の場所や距離などを考えて、空輸・陸路など最善の方法で手配します。
  • 荷為替手形の信用状の買取
    買主側の国へ銀行を通じて代金を取り立てるための信用状をお願いします。

輸入に関する仕事内容

  • 輸入通関手配
    仕入書による輸入申告に必要な書類を用意して通関に提出して手続きを行います。
  • 商品の納入管理
    輸入商品の管理を行います。専用端末によって管理しているため、データ入力が主な作業です。
  • 輸入にかかった費用の精算
    輸入にかかる関税や消費税の納付を行います。海外から仕入れる場合、輸入国の税金も払うことになります。
  • その他庶務業務
    扱う書類が多いためそれを保管するためにファイリングをしたり、見積書や請求書を作成発送したり庶務的業務も任されます。

時給や残業について

時給は少なくても1600円以上は見込める高待遇の案件です。経験を積んだり、会社が大きくなると時給2000円以上望める業務となっています。通関士などの資格があれば時給はさらに跳ね上がります。残業は一般事務案件に比べて多く、月15~30時間以上を見積もっておきましょう。1日にこなす業務量に大きく左右されてしまうため、派遣でも残業が全くないとは言えません。

貿易事務に求められるスキル

  • 貿易事務経験
    時給の高い案件に関しては経験を必須としているものが多いです。貿易事務は業界未経験でも派遣される可能性がありますが、時給は相場より低くなります。しかし次回更新時には時給が上がる可能性もあります。
  • 英語スキル
    貿易事務は英語を必要としないところもありますが、海外とのやりとりがある会社がほとんどなのでスムーズに仕事をこなす上で備えておいた方がいいです。通訳・翻訳までのいレベルは必要なくてもTOEIC600点以上無いと、自分がキツくなります。
  • 事務経験
    業界未経験でも、事務経験は問われます。社会人としてのビジネスマナーや話し方といった部分は最低限必要となります。経験年数としても2年以上問われます。
  • パソコンスキル
    資料作成やそのた手続きの手配などは、手書きのものもありますが、PC上で行うことが多いです。ワード/エクセルの基本操作と同時に専用端末にも慣れる必要があります。

貿易事務に求められるスキル

  • 専門的知識も自分から覚えようとできる人
    貿易事務でしか使わないような専門性の高い知識が多いです。そういった内容は業界未経験では難しいため、必ず覚えなければいけません。
  • テキパキと仕事がこなせる人
    貿易関連の仕事では扱う書類がとても多いです。ひとつひとつ正確にこなして丁寧に仕事ができることが重要になります。
  • コミュニケーション能力
    貿易事務はチームプレイなので周りの人達と連携をとりながら業務を遂行していきます。自分だけで考えず、わからないことはすぐに質問できる環境をつくっていきましょう。
  • 残業が可能な人
    貿易事務は残業を求められます。就業時間が案件によって異なりますが、どの案件も残業を要する仕事として捉えておきましょう。仕事が終わらないときは2時間近く残業するときもあります。

貿易事務を通して輸出入の知識をつける

商社やメーカーが依頼する派遣案件のほとんどは貿易事務の仕事です。最初は未経験から始めて知識を付け、キャリアアップで時給を上げることも可能な仕事です。仕事としていくうちに覚えていくことも多く、日々勉強のできる仕事です。

「貿易」と聞くと難しく考えてしまいますが、慣れてくると物流の勉強にもなり様々な場所で活かせることもあります。通関士の資格も取得できれば時給2000~3000円以上も夢ではありません。