50代でも働ける軽作業スタッフ派遣の時給と仕事の実態について

れいか
酒井先生!私の知人で社会人経験が全くない50代の女性がいるのですが、時給は関係なくすぐに働ける職場なんてあるんでしょうか?
酒井先生
うーん…正直かなり厳しい条件になってきます。例えば軽作業スタッフなど仕事を選ばなければすぐに働くことができます。
れいか
軽作業ですか?失礼かもしれませんが、50代の女性が工場で軽作業をするのはキツくありませんか?重い物を持ったりすることはできないと思います。
酒井先生
言葉の意味だけを聞くと確かに辛そうなイメージを持ちますね。確かに重たい荷物を持つ仕事もありますが、企業も効率性を重視しますのでその人の適正に合った仕事が任せられるはずです。

高齢でもできる軽作業スタッフの仕事内容

50代になると運動不足が原因で、急な動作で筋肉を痛めたり、腰を痛めたりするケースがあります。そういったことの解消方法としてわざわざ軽作業で働いて、軽い運動と給与を同時に得ることを目的とされる方も多いです。

軽作業スタッフの仕事内容

kojo
  • 商品の仕分け(ピッキング)・梱包・発送
    ベルトコンベアに流れてくる商品を確認して仕分けし、発送のためにダンボールに詰めて梱包する作業です。化粧品やお菓子、日用品、食品など取り扱う商品は様々です。
  • ラベル貼り・ダグ付け
    商品の価格ラベルやタグ付けです。
  • 検品作業
    異物混入、品質維持の確認作業です。

時給と残業について

時給は1000~1300円と派遣の案件としてはかなり安いです。毎日が同じ作業の繰り返しのため、昇給も難しいでしょう。ただその中でも50代以上の方が多い職場なため働き同年代の方にとっては働きやすい職場です。残業もほぼなく、繁忙期だとしても月5時間未満です。工場では時間の意識を向上させるため、区切り時間になるとチャイムを鳴らして休憩や帰宅を促します。

軽作業スタッフに求められる人物像

  • コツコツと仕事をすることが好きな人
    作業としては地道です。常に同じ作業の繰り返しになるため、黙々とこなしていくため会話のない作業場になります。
  • 1人で黙々と仕事をしたい人
    軽作業スタッフは社員によって監視されていても、他にも同じ作業を行っている人もいるため、ひとりひとりに上司が付いているわけではありません。流れ作業の一員の1人になるため、黙々と仕事をこなすことが求められます。
  • やる気に満ちた人
    時給が安いことや、年代問わず働いている人の層が幅広いため、絶対的に求められるスキルがありません。気持ち次第ですぐに働ける職場です。50代でも「働きたい」という気持ちだけでチャレンジできる仕事として人気です。

軽作業スタッフで健康維持と収入の安定を

50代以上の方がパートやアルバイトで働くには最低賃金ギリギリで労働を強いられることになります。

しかし派遣であれば、1000円が最低ラインになるため、学生バイト以上に稼ぐことができます。週5のフルタイムで働けば月収は手取り14万円程度とそこら辺のOLとそこまで大差がありません。工場で働けば食堂なども完備しているところも多く経済的に優しい配慮がされています。通勤面においても、工場が建つ立地なので「駐車場完備」「駐輪場無料」「送迎バス有」など福利厚生面が充実しています。こういった配慮こそ年代問わず人気の仕事の理由です。

女性が工場の派遣社員として働くメリット・デメリット・注意点

目的から派遣会社を探す