WEBデザイナーはフリーランスと派遣どちらが稼げるのか

みなみ
WEBデザイナーの友達がいるんですけど、フリーランスとして働いているのになんだか安定してなくて困っているみたいなんです。どうすればいいですか?
酒井先生
フリーランスというのは、自営業ということです。弱肉強食の世界ですから、自分のPR活動が下手な方だとやはり稼いでいくのは難しいです。ただ派遣であれば安定して給与を得ることができます。確かに取り分は少なくなりますが、「仕事を持ってきてくれる」という手間賃だと捉えれば決して割安なんかではありません。

WEBデザイナー派遣の実態

WEBデザイナーは需要の多い職種です。しかし、需要があっても、求めているのは高いスキルなので、腕の無いデザイナーに仕事は回ってきません。そしていくら腕があっても、自分をアピールするのが下手な方は「選ばれない」ため、同様に稼いでいくことが困難です。

そのPR活動のお手伝い、あなたの魅力を的確に伝えて仕事を取ってくるのが派遣会社の役割です。WEBデザイナーの時給は非常に高額で、継続して案件が湧いてくるため安定した収入を得ることができます。

WEBデザイナーの仕事内容

Designer
  • WEBサイトのデザインを担当
    企業や個人のお客様の依頼されたWEBサイトの全体の構成を考えてデザインを構築します。
  • 構成とレイアウトを決める
    お客様からの依頼に応じて、どういったコンセプトでサイトをつくり、全体のボリュームやビジュアル(見た目)的な大まかな内容を決めてイメージをきます。
  • デザインの作成
    サイトの色合いや装飾、キャラクターを作成する作業です。「イラストレーター」や「フォトショップ」などを用いて配色・ロゴ・アイコンの配置などを決めます。
  • お客様との相談
    ここまでの作業は全てお客様との相談によって決められます。何度も相談を重ねて希望どおりのサイトをつくり上げていきます。
  • サイト編集
    作り上げてきたサイトに言葉や文章・画像・動きを付け加える作業です。レイアウトに沿って調整し少しの誤差も出さないように行います。

時給や残業について

単発のお仕事から長期の依頼まで様々なので、時給は1200~3000円と幅が広いです。WEBデザイナーから始まりWEBプロデューサーまでスキルアップすると最初の時の給与の2倍以上の時給を得ることができます。残業は依頼内容と個人のスキルレベルによります。

WEBデザイナーに必要なスキル

  • WEBデザイナーとしての実績と経験
    実績と経験が直接給与に反映されます。今までにどういった仕事をやってきたかが重視されます。資格が必要とされない分、経験・実績を細かく問われます。
  • コミュニケーション能力
    WEBサイトを構築するうえで、お客様との相談の多い仕事です。パソコンに向かってばっかりの印象もありますが、ミーティングなども多く人と接することも多いです。要望を聞き出してお客様の思い通りにするためのヒアリング能力も必要です。
  • 発想力
    デザインを作成するときには欠かせない能力です。何もない状態からつくり出すための発想力が必要です。「こういった感じ」という想像状のことを形にします。
  • SEO対策などによる検索エンジンから集客能力
    売れるサイトを作るためには、一般の方からの閲覧数が必要になります。検索需要を上げるために、検索結果から上位に表示されるように対策することができることは大いに求められます。

WEBデザイナーとして求める人物像

  • デザインを考えることが好きな人
    お客様からの要望に答えながら、希望どおりのデザインを作成するため、アイデアをいくつも考えられることが大切です。好きでないとできません。
  • 集中力のある人
    編集の作業では、少しのズレも許されないときもあります。集中力がないと続きません。
  • 新しいことを常に覚えていくことに抵抗がない人
    ルーティーンワークではないため、お客様の要望によっては経験したこともないことをやるときもあります。そういった場合でも抵抗なくできる人です。
  • 少しの情報で理解できる人
    お客様との相談は何度も重ねて良いサイトを作り上げていきますが、何度も同じ質問やミスはクレームの対象となります。少しの情報で理解しつつ正確に仕事をこなしていけることが重要です。

実績・経験重視の弱肉強食世界

他の職種とは異なり、資格を取らなくても実績と経験次第で時給が青天井に広がっていくお仕事です。様々な経験を積んでキャリアップが望める仕事でもあり、男性のように体力任せに仕事をするものでもないため、女性でも高収入を手に入れることができる人気の仕事です。手に職をつけるといった点では、WEBデザイナーが職で困ることもありません。WEBデザイナーの需要もあなたが生きている限りなくなることはないでしょう。