3年目・営業職の女が新卒で入った会社を辞めて選んだ次の仕事とは

みなみ
営業ってやっぱり難しいのかな?女性でバリバリ働く営業マンっていかにも「独身」って印象なんだよね。
れいか
そんなこと言ってたら世の中の女性営業マンに怒られるわよ!最近では女性だからこそ強みになることだってあるのよ。
みなみ
そうなんですね。すいませんでした、女性営業マンの人の話聞きたいです。
れいか
仕方ないわね、今回は酒井さんに変わって私が営業マンの実態をお話するわ。

女性だからこそ思う営業の厳しさ

woman1

「女性営業マン」と聞くと、生保レディーをイメージする方も多いようですが、今は職種に関係なく男女平等に働いている印象です。しかし、女性ならではの悩みなどを抱えており男性では理解できないこともあります。そんな女性営業マンのメリット・デメリットについて紹介しましょう。

女性営業マンのメリット・デメリット

男性営業マンとは違い、女性にしかできないメリット・デメリットがあります。

女性営業マンのメリット

  • 異性からのウケが良い
    営業マンの第一印象は「見た目」です。業界問わず、営業先の上役に多いのは男性です。第一印象で女性であることで相手も良い話が来たと思い、少しでも耳を傾けてくる確率が男性営業マンより高いように思えます。
  • 細かいところに気を使える
    女性目線といった言葉があるように、男性では気がつかないことがあります。営業の仕方や、アプローチ方法は男性と女声ではまるで違います。逆に女性は男性のようにガツガツした営業を模倣したりもします。
  • 事務職より給与が高い
    基本給を支給される事務職とは異なり、営業手当というものが営業には付きます。男女関わらず支給される額は同じです。
  • 出世の確率が高い
    数字が一番に見られる営業マンは、数字を上げれるものほど出世への道が近くなります。そういったことから目に見えて成果が出ることでモチベーションになります。

女性営業マンのデメリット

  • 何でも「女性だから」という目線で見られる
    未だ、経営陣や営業マンのトップは男性が多いことから「女性は〇〇だ」という固定概念が残っているようです。どんなときでも「女性だから」を理由にされやすいです。
  • 生理等の体調不良でも仕事をしなければいけない
    仕事のストレス等に関係なく、生理による腹痛は防げることがありません。周期で分かっていても仕事量を変更することはできません。
  • 飲みの場では接待というよりキャバクラ
    常連のお客様や、重要なお客様との飲み会はもちろんあります。そういった場では、相手の機嫌を取るために接待を行いますが、相手の度が過ぎると傍から見たらキャバクラのようにしか見えないときもあります。
  • 事務職に憧れる時がある
    営業職をやっていると、定時で上がって飲み会や合コンといった交流の場に行く事務職の人達に憧れるときがあります。華金も男性営業マンに飲み会に連れて行かれることも多く、断ると「女性だからノリが悪い」と思われることもあります。
  • 女子力が下がっていくように感じる
    場合によってきますが、仕事中は営業マンであっても中身はひとりの女性です。家に帰ってから風呂に入ったり、化粧を落としたりと男性ではやることのないことがあります。しかし、時間が遅くなってくるとそういったことも疎かになることもあります。
  • 数字が上がっても出世できない
    もし、成績が良い営業マンが男女ひとりずついた場合はほぼ100%男性が出世するケースが多いです。結局、女性は結婚や出産で会社を抜けることが余儀なくなるケースがあるからです。

女性の営業マンは増えつつある

厚生労働省のデータによれば現在いる女性営業マンは男性営業マンの1/4の人数しかおりません。市場としては女性営業マンの採用に力を入れているところは多く需要に対して供給が間に合っておりません。

派遣の事務職の給料は営業マンと同じ

リクナビ派遣の調査によれば事務職で働く派遣社員の給料は月収23万円以上と実は高給取りの女性が急増しています。時給4000円で働いている派遣の事務の方も知っています。

営業職を経験してきた女性であれば、事務経験がなくとも各社から引く手あまたなので、想像以上の給料を手にすることができます。「営業=高給」だと思って、辛くても頑張ろうとこの世界に飛び込んだ女性も多いと思いますが、それよりも負担の軽い「事務」でしかも「派遣」で同じ給料をもらっている女性がわんさかいるんです。

派遣というとイメージが悪いと思いますが、これは世間的な情報操作。高給・定時で帰れる・仕事を気分でチェンジできる・職歴の多さがむしろアピールポイントになる、など、育児や結婚で現場を離れた女性や、「営業が辛い」と新卒で入った会社を辞めた女性でのびのび派遣の世界で働いている方を何人も知っています。

目的から派遣会社を探す