ジョブチェキからエントリー後の流れ~仕事が決まらず焦っています

「ジョブチェキ!」を使った仕事探しの方法
みなみ
ジョブチェキ(テンプスタッフ)で仕事にエントリーしたあとは、具体的にどれくらいで働くことができるのでしょうか?もやもやして気が気ではありません。
酒井先生
非常に答えにくい質問です。というのも「案件による」からです。中小派遣会社では即日で就業することもありますし、テンプスタッフでも来社予約から担当者から紹介された仕事が気に入って選考に進めば1週間以内に決まることもあるからです。

一般的なジョブチェキ(テンプスタッフ)エントリー後の流れ

ジョブチェキ「あなたで進んでいます」とはどういう意味か表した図

企業(派遣先)にとっては今すぐ人材を確保したいのは確かなものの、できれば優秀な人材を迎えたいと考えていますし、誰でもウェルカムということではありません。

テンプスタッフで仕事を見つける方法は、

  1. ジョブチェキ!で自分で見つける
  2. 担当者・コーディネーターに見つけてもらう

以上の2通りあります。「①」によれば無意識にも良い案件、大企業思考になってしまうため、選考は長期化、また何社何社もエントリーを繰り返すことになるはずです。「②」による方法でも、就業後すぐに辞められてしまうと派遣会社としてのメンツが派遣先に立たないのであなたの希望を確認し場合によっては面談を行うこともあります。

仮にエントリーから「あなたで進んでいます」に変わり、スムーズに進めば平均1週間~2週間程度で就業を開始することができます

派遣会社の無意味な複数登録はおすすめできない

なかなか仕事が決まらないからといって、複数の派遣会社に登録しひたすらエントリーするというのが派遣社員の間ではある種「常識」とされています。しかし、これは決しておすすめしません。理由は以下の3つ。

①有給の条件がリセットされる

派遣会社への「登録」とは、簡単に言うと派遣会社への「入社」を意味します。従って、契約のたびに派遣会社を変えていては、いつまで経っても有給が溜まらず損をします。もちろん育休・産休条件も満たされず、その他の福利厚生も使いにくくなります。

基本事項ですが、有給・育休・産休といった福利厚生は労働者にとって当然の権利ではありますが、これは雇用主である「派遣会社」から付与されるものです。

②派遣会社を変えても派遣先の評価は変わらない

派遣会社を変えれば、「派遣会社内選考」に通りやすくなる場合は考えられますが、派遣先における評価はどこの派遣会社に登録しても変わりません。

派遣会社エントリー後の派遣先選考までの流れ、イメージ

特に大企業志向の方は派遣会社と複数契約しており、派遣会社内選考を通った情報が派遣先に共有され、「派遣先選考」が行われます。テンプスタッフで社内選考に通らないからといって他社に登録し通ったとしても、派遣先選考ではテンプスタッフの社内選考を通過した派遣スタッフが必ずいるため、結局変わらないのです。むしろこれによって落ちてしまったときの落胆具合の方が大きいはずです。

③登録会や説明会、WEB登録の手続きをもう一度行わなくてはならない

「派遣会社に登録する」というのは、意外と手間がかかるものです。

テンプスタッフは来社予約・登録会が必須の派遣会社であり、「明日から働きたい」ということはできません。その他大手の派遣会社もほとんど同じで、手続きそのものにも時間がかかります。WEB登録、プロフィールシート等の記入も、ほとんど職務経歴書のようなものなのを仕上げるため実は重労働。

仕事が決まらない理由は「派遣会社」ではない

派遣会社への登録は基本的に1社のみ。複数登録する場合は専門系の中小派遣会社がおすすめです。大手の派遣会社に複数登録する意味はほとんどありません。

ジョブチェキ、テンプスタッフで仕事を探すと決めたらそこに集中。テンプスタッフ内において担当者と親密な関係を築いて行くほうが長期的に見ても賢い方法といえます。

「落ちるのは普通。複数の派遣会社に登録して何社もエントリーするのが常識!」と、同じく仕事の決まらない方のアドバイスを真に受けてはいけません。派遣会社に複数登録すれば仕事が決まりやすくなるということが、おかしい話だと気付かなければ、あなたもいつまで経っても仕事は決まらないでしょう。

目的から派遣会社を探す