初めての派遣登録におすすめ派遣会社ランキング!派遣営業マンがこっそり教えます。

みなみ
派遣会社って数が多過ぎてどこに登録していいのか迷ってしまいます。派遣初心者におすすめの派遣会社はどこですか?またどこを見て派遣会社を判断すればいいのでしょう。
酒井先生
派遣会社選びは求人数福利厚生フォロー体制を確認します。サポートの充実したところで営業担当やコーディネーターを頼ることができる派遣会社が一番です。特に最初は求人数が多いところで登録し、視野を広げるのが今後のキャリアプランを考える上で重要です。

派遣会社選びで見るべきポイント

  1. 求人数
    あなたの「天職」を探し出すため、より多くの仕事を扱っている派遣会社に登録しましょう。また案件が多いほどすぐに働くことができます。仕事が少なすぎると「派遣会社内選考」で他の派遣社員の中から勝ち抜かなくてはなりません。
  2. 福利厚生
    有給・産休・育休は当たり前。それ以外のアピールポイントがあるか見ます。
  3. フォロー体制
    派遣社員としての将来は営業担当やコーディネーターの手腕にかかっています。昇給や正社員としての直接雇用の提案仕事紹介スピードなどを積極的に行ってくれる派遣会社の方が嬉しいですよね。

初めての派遣登録は大手派遣会社がベター ※中小派遣会社は上級者向け

「あなたが初めて登録した派遣会社は?」のアンケート結果
みなみ
ランキングを見ると上位はやっぱり大手派遣会社が中心ですね。地域密着だったり中小の派遣会社はやめておいた方がいいのでしょうか?

派遣業界は移り変わりが激しいので、中小派遣会社・独立系派遣会社だと吸収されたり、廃業でなくなってしまうことが多いのです。その場合他の派遣会社で再登録することになり何かと面倒。

独立系派遣会社の一例

また、案件そのものが少なく、派遣の全体像を把握しづらい側面や今後のキャリアプランを練る上でも障害となりやすく、どちらかというと中小派遣会社は上級者向きなのです。そのため初めての登録ではなるべく大手派遣会社がおすすめです。また今回紹介した派遣会社はこの先もずっと業界をリードしていくことは間違いありません。

大手派遣会社の複数登録は基本的にオススメしません

先輩派遣社員に話を聞くと多くの場合「派遣会社の複数登録は常識!」「仕事を早く見つけたいなら複数登録!」とアドバイスを受けるかもしれません。しかしそれは、あなたにとって全く意味のない行為です。

複数登録のメリットは「派遣会社内における選考」に通りやすくなること。また多くの案件に目を通すことができることです。しかし、ここに挙げた5社については古くから派遣業界を牽引してきた派遣会社であり、ほとんどの求人がバッティングします。

派遣会社エントリー後の派遣先選考までの流れ、イメージ

そして、いくら社内選考に通りやすくなっても、「派遣先」の評価はどこの派遣会社であっても同じですから合否は結局あなた次第になるのです。でしたら一社に集中して、派遣会社との信頼関係も築いて行くほうが懸命と言えるでしょう。

初心者の場合、大手派遣会社に1社登録してまず働いてみます。その後、仮に自分の道が開けたなら、専門系の派遣会社や、地元密着で小回りが効く派遣会社を複数登録の相手として登録するのが良いでしょう。何度も繰り返しになりますが、大手派遣会社の複数登録はオススメしません。また派遣会社を乗り換えてしまえば有給やその他福利厚生の条件がすべてリセットになります。デメリットの方がはるかに多いため基本的によそ見せず1社に集中するのが良いです。

どこに登録すれば迷ったらリクルートスタッフィング

【URL】https://www.r-staffing.co.jp/

リクルートスタッフィングは、人材業界ではその名を知らないほどのトップの知名度を誇ります。登録後は初心者の方でも次のステップへと着実にレベルアップできるよう段階に分けて、研修コースがあります。特に初心者にはビジネスマナー研修が人気。リクルートブランドもあり、派遣先は大手企業が中心で若い方に人気があります。

派遣から経験を積んで「正社員になりたい」場合や、今後のスキルアップのために多くの業種経験を積みたいという場合も、そのノウハウが蓄積されています。大手企業の求人も多く人間的に成長することも可能。あなたが今後どうなりたいのか、何を目指したいのかという場合も、リクルートスタッフィングではそれを受け入れる体制が整っており、自信を持っておすすめできる派遣会社です。

目的から派遣会社を探す