40代・50代・エルダー層におすすめの派遣会社ランキング

れいか
あと数年で私も40才。若年層が活躍する中、40才を超えると登録できる派遣会社、応募できる仕事も少なくなってしまうのかしら…。
酒井先生
40代でも派遣社員としてバリバリ働いている方はたくさんいます。正社員と違い定年退職のない派遣社員は50代以降でも仕事が溢れています。派遣社員の平均年齢が38.1歳日本人材派遣協会)と皆さんが思っている以上に高齢なのです。むしろ40代以上を欲しがっている派遣会社が増えています。
れいか
少し安心です。確かに、経験と知識は若い子に負けない自信があります。
酒井先生
実際に40代以降の人材を求める派遣先は、金融系や翻訳・通訳などの語学系、資格が必要な専門系の職種などプロフェッショナルを求める傾向があります。もちろんこれ以外にも40代以降で事務職を求める会社もたくさんあります。若い人材に負けないところで勝負していきましょう。

第1位:テンプスタッフ

tenpu【公式サイト】https://www.tempstaff.co.jp/
求人数 ★★★★☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★★
営業マンの対応 ★★★★★
総合評価 ★★★★★
  1. 40代・50代以降の派遣実績多数
  2. 業種カバー率100%
  3. 充実した福利厚生とスキルアップ環境
  4. 働く女性・主婦を支援する制度が充実

テンプスタッフでは40代・50代に向けた求人を1,000件近く抱えています。求人数だけで見るとスタッフサービスに劣るものの実績やバックアップ体制、その後のキャリアアップ支援など総合的に判断した場合テンプスタッフは圧倒的に働きやすい環境にあります。

業種カバー率100%を誇り(全職種網羅しているのはテンプスタッフのみ)、派遣や社会人経験そのものが初めてだという方も、これまでの社会人経験を活かしたいという方も、その実力を発揮できる環境が整えられています。また充実したスキルアップ支援により、ブランクから安心して復帰できるようにサポートしてくれます。豊富な求人数に加えて、スキルアップ・復職という40代・50代で考えられる状況に応じた対応力から1位としました。

酒井先生
金融系、不動産系、職種では人事や経理、また財閥系の会社など、規模が大きく仕事としてはお固い印象があるところは確実なスキル・経験を持っている年齢のスタッフを求めます。またそうした派遣先は、信頼のおける派遣会社に依頼をするため必然的にテンプスタッフが、40代以降の女性が働きやすい環境になります。

第2位:マンパワー

【公式サイト】https://www.manpowerjobnet.com/
求人数 ★★★☆☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★☆
営業マンの対応 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆
  1. エルダー(40代以上)向けの求人が豊富
  2. スキルに対する支援が充実
  3. 企業とのパイプが太い

40代向けの求人数だけで見ると1,500件以上とNo.1。日本初の派遣会社ということもあり、企業との関係も太い特徴があります。独自のサービスである「powerYOU」ではOAスキル・ビジネススキル・ITスキル・語学といった全400近くある講座を無料で受けられます。

40代からでも新たにスキルを磨ける環境が整っていることは、女性からしたら大変ありがたいことではないでしょうか。

また工場系・軽作業系のお仕事など、定時で負担になりにくい案件が多い点も他社との違いです。40代・50代でライフワークバランスを重視することも可能です。

第3位:アデコ

【公式サイト】https://www.adecco.co.jp/
求人数 ★★★☆☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★☆
営業マンの対応 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆
  1. 世界シェアNo.1の派遣会社
  2. 年齢ではなくスキル・人物・経験を重視する社風
  3. 高時給が狙える

アデコはスキル重視のものが多く、年齢問わず求人の時給が高いです。外資系企業に強い派遣会社ということもあり実力志向の企業が多く、「若さより経験」を活かすことができます。逆に「未経験OK」の仕事が少ないということになり、初心者にはおすすめできませんが年齢・経験・スキルを活かした働き方ができるのもアデコの魅力です。派遣社員としてのキャリアを積んできた方や、すでにあるスキルを活かしたい方におすすめです。

第4位:ランスタッド

【公式サイト】https://www.randstad.co.jp/
求人数 ★★★☆☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★☆
営業マンの対応 ★★★★★
総合評価 ★★★★☆
  1. 再就業率 第1位
  2. 「世界」第2位の派遣会社
  3. 実力・経験を重視する

ランスタッドは実力や経験を重視する、世界では第2位のシェアを誇る外資系人材派遣会社です。日本のような年功序列で年齢を重ねるだけで給与が上がるシステムのもと成り立っている会社ではないため、実力を正当に評価する風土があります。それが「派遣スタッフ満足度調査」における「再就業率」部門1位に繋がり派遣社員から高く評価されている証拠なのでしょう(第27回調査)。

特に40~50代の方たちは、実力はあるのにそれを受け入れてくれる環境に中々身を置けない方が多いのではないでしょうか。良い意味でも悪い意味でも年齢で差別をすることがないため、時にはそれが苦痛になることもありますが、「子育てが落ち着きがっつり働きたい」「パートのような時給はイヤ」という方にはその環境が用意されています。

第5位:リクルートスタッフィング

【公式サイト】https://www.r-staffing.co.jp/
求人数 ★★★★☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★★
営業マンの対応 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆
  1. 大手企業の求人が多数
  2. 40代でも正社員が狙える
  3. 専門職にも対応

リクルートグループということもあり、人材業界では中小から大手まで幅広い派遣会社です。40代・50代に向けた派遣先には「未経験OK」の軽作業系や事務系の仕事を豊富に抱えています。どちらも時給1,200円前後と都内でも低く設定されていますが、派遣先は年齢を問わず人物重視の選考が中心です。また教育環境や福利厚生は「さすがリクルート」と言わざるをえないほど整備されており、40代以降もバリバリ働くことができます。

40代・50代になるまでに経験を積んでおく

れいか
結局、40代や50代の方が高時給を狙うなら「経験」が大事なんですね。若いうちに社会人経験を積んでいないと、派遣社員としての寿命も短くなるってことでしょうか?
酒井先生
その危機感は非常に大切ですね。派遣には定年退職がないので、たとえ60代の方でも派遣することは可能です。しかし職種や時給に幅を持たせるためには経験は必須です。40代までにある程度の経験を積んでおくと、短時間勤務や週2~3日だけでも高い給与を得ることができ、ライフワークバランスを保ちやすくなります。

派遣社員は何歳まで働けるの?40歳・50歳を超えても仕事はある?

2016.11.27

目的から派遣会社を探す