派遣社員もバレンタインで義理チョコを配るべき?更新に影響する?

みなみ
次回の契約更新が3月なんですが、バレンタインに義理チョコを渡しておけば少しは有利になりますかね…。
れいか
あらみなみちゃん、珍しくいやらしい目をしてるわね。当たり前だけど義理チョコ程度で契約更新に影響することはないわよ。ただ会社によって女性が男性に振る舞う習慣が付いているところもあるから、部署の人たちと合わせるのが良いと思うわ。
酒井先生
実は「義理チョコをあげるべきでしょうか」という質問は意外と多く受けます。しかし、それによって契約更新に影響があることは絶対にありません。ですが「貰って嬉しくない男性」はいませんから、会社に馴染む意味でも適度に振る舞うのが良いと思います。

義理チョコを渡す対象は一人ではなく複数

本記事の結論としては「義理チョコが契約更新に影響することは無い」ということなのですが、派遣というのは仕事の出来不出来と共に「人間関係」も非常に重要な要素となりますから、渡さないよりは渡したほうがもちろん良いです。

しかし、意中の人に渡すというより、部署又は課の方たち全員に渡すのが一番良いです。たった一人の方に渡してしまう方がむしろ角が立ちます。一人の方に渡すのであれば部署内の一番偉い方、できれば派遣元責任者に渡してください。また同じ部署内の派遣社員の仲間と共同で渡すと「抜け駆け」と受け取られず雰囲気を壊しません。

チョコを貰って嬉しくない男性はいません

チョコのグレードが低い、自分がチョコを食べられない、あなたが派遣社員である、そういったことは無関係に男性というのは「チョコを貰う」ということにこの上ない喜びを感じるものです。

なぜなら男性は「チョコ」に喜びを感じているのではなく「チョコを貰った自分」に喜びを感じているからです。チョコだろうがクッキーだろうが誰から貰おうが関係なし。男性として、上司として、会社内における自分の箔を付けるための一種のステータスになり、向こう一年間「あなたは私にチョコをくれた方」という印象付けができます。

ですからバレンタイン当日の会社内の雰囲気というのは少し独特。女性社員が男性社員のマウントを取れる唯一の日なのです。そんな日に手を差し伸べてあげられれば、もちろんあなたへの評価は高まりますよね。

バレンタインにチョコをあげなかったから評価が下がる、ということではなく、チョコをあげたことで評価が上がるのです。あげないことでマイナスになることはありませんが、こんなにも簡単にプラスの要素を得られるのになぜやらないの?とは感じます。

もちろん建前上は「関係ありませんよ」とは言いますが、実態面、少し姑息な話になってしまいますが、印象を高めるためには「渡すべき」という結論となります。

派遣先の正社員からLINEのIDや電話番号を聞かれた

2017.09.18

目的から派遣会社を探す