派遣に出会いを求めるのって不毛?花嫁派遣で大企業の正社員さんをGETしたい

「出会い」のイメージ

出会いを求めて派遣会社に登録する女性は、とても多いです。

通称「花嫁派遣」と言ったりしますが、一般的に派遣の「デメリット」と言われていることも、「出会い」を想定した女性からすると非常に都合が良いのです。例えば、

  1. 有期契約である
    派遣は初回契約が1ヶ月で3か月ごとに更新する有期契約です。つまり、いい男がいれば早い勝負に出ることができ、失敗すれば契約を更新しなければいいのです。
  2. 仕事が簡単(誰でもできて責任が軽い)
    事務の仕事は経験さえ積めば誰でもできます。仕事に慣れたら男を射止めることだけに集中できます。
  3. 社員からの扱いがぞんざい
    派遣先はあなたを仕事のパートナーとしてではなくあくまで「派遣社員」として見ます。つまり、派遣先にとっても「いつかは居なくなる存在」として見られるため、男性陣にとっても声をかけやすいのです。

女性の場合、「何をしてるか」よりも「どこで働いているか」という見映えを非常に重視しますよね。容姿やキャリアに自身がある方ほど派遣に登録します。そして派遣は大手企業ほど「顔採用」が行われ、若い人ほど有利になります。例えばLINEやDeNA、楽天などITベンチャー系の会社、財閥系の商社など、高収入・高学歴でイケメン揃い、ハイスペックの女に飢えた男どもがたくさんいます。

しかし彼らは賢いので、自分のキャリアを傷付けまいと自社の社員には手を出しません。この心のうちを突けるのが派遣社員。転職はとても体力を使いますが、派遣であれば自分主導で環境を変えることができます。もちろん問題が無いわけではありませんが、派遣会社は花嫁派遣を黙認している状態です。

大企業が多い派遣会社 公表されている大手派遣先(一部)

テンプスタッフ
LINE、Yahoo!、楽天、Softbank、三井物産、KDDI、DeNA、パナソニック、村田製作所、日立グループ、ぐるなび、日本HP、資生堂、バンダイナムコ、サントリー、NTTドコモ 他

アデコ
LINE、楽天、Softbank、日本IBM、味の素、アサツーディ・ケイ、キリン、大和証券、ファイザー、P&G、ビッグローブ、村田製作所、日立グループ、ぐるなび、さとふる、 他

本当に大手企業で働くことができるの?

容姿、キャリア、20代、この条件が二つ以上当てはまれば大手企業への就業は難しくありません。

しかし、完全未経験、社会人経験なしからの挑戦は非常に厳しく、テンプスタッフもアデコも社内選考は難関です。しかし、土俵に上がっているのは同じ派遣社員であることを考えると、言い方は悪いかもしれませんが、就職活動に比べればハードルは「かなり」低いです。

例えば、普通に就職活動をしてLINEや三井物産に入るには、相当なキャリアと学歴、語学が堪能でないと無理です。しかし派遣なら可能です。

またここに挙げた派遣先の一覧は、テンプスタッフとアデコが定期的あるいは常時募集を掲載しているもので、基本何度でも挑戦可能です(例えばスキルチェックのスコアを上げることができたタイミングなどで)。

出会いを期待して派遣登録することは派遣会社にバレない?

結論から言うと、バレます。

コーディネーターや営業担当と面談を繰り返していれば、その雰囲気は何となく感じ取れてしまいます。

しかし「あなたは花嫁派遣目的ですよね?」などとコーディネーターが尋ねるはずもなければ、「容姿」と「キャリア」があるあなたに仕事を紹介しない理由もありません。たとえ花嫁派遣だとしても、「かわいい」「若い」社員をフロア内に置いておきたいと考える会社も少なくありません。

キャリアがない私でも大企業で働くことはできますか?

派遣において「35歳定年説」は予てより言われています。その傾向は、IT系ベンチャーや大企業においては当てはまってしまいます。しかし、これだけ人手不足と言われている中で、全く仕事が見つからないということも考えづらく、キャリアが無くても年齢というアドバンテージがある方は、大手こそ難しくても、それなりの規模の会社なら引く手あまたです。自信をもってチャレンジしてみましょう。

目的から派遣会社を探す