派遣の仕事が決まらない、見つからない理由と対処法!何十社応募してもダメな方必見

みなみ
派遣会社に登録してたくさんの仕事にエントリーしてますが全然決まらりません。「残業なし・高時給・未経験OK・一般事務」という条件で仕事を探しているのですが、私の何が悪いんでしょうか?
酒井先生
なるほど、それは決まりませんね。初めて派遣登録する人にとても多い失敗例です。条件を絞れずに「好条件で働きたい」という欲が出て、中々仕事が決まらない人が多いのです。また「大手思考」を変える必要もあります。条件を少し変えるだけですぐに見つかりますし、そうした条件というのは必然的に倍率も高くなってしまいます。

派遣の仕事が決まらない、見つからない理由

条件が厳しい

冒頭でも説明しましたが、仕事が決まらないのは派遣先に求める条件が厳しい可能性があります。

例えば、一般事務で時給が高く、残業もなくて福利厚生が整った大企業、という条件で働きたい方は多いです。

しかし、その分ライバルも多いので、1枠の募集に対して50人、100人の応募があることを珍しくありません。

ライバルが多い派遣先はそれだけ、自分より若くて優れたスキルを持った相手と競う確率も高くなるので、選考において不利です。

そのため、条件が厳しいと何社に応募しても一向に次の仕事が決まらない、見つからない可能性があります。

年齢が条件を満たしていない

自分の年齢が、求人で募集している年齢を超えているのも仕事が見つからない原因です。

平成19年より施行された「雇用対策法」により、本来であれば求人において年齢制限を設けていけない事になっています。

そのため、企業では年齢制限こそ設定していないものの、実際は「40代以上はお断り」という足切りラインを決めていることがほとんどです。

雇用対策法が施行されて長いですが、残念ながら未だに若ければ若いほど有利なのは変わっていません。

子どもがいる、できそうな年齢

女性の派遣社員の場合、子どもがいる、子どもができそうな年齢というだけで仕事が見つかりにくいです。

時代錯誤としか言えないのですが、子どもがいると休みや早退が増える、子どもができそうな年齢だと産休・育休を取得されるリスクから、採用を見送る企業が多いです。

派遣社員は正社員の穴埋め、あるいはサポートのために即戦力となる健康な人材が求められているので、子どもの都合とはいえ早退や休みをされると企業は困ります。

しかし、20代~30代の女性派遣社員の中には、過去に派遣先が決まって僅か1ヶ月で産休や育休を取って迷惑をかけたり、週5契約をしたのに実際は子供の面倒で週3~4しか出勤できず、もう一人派遣社員を雇う羽目になったケースもあります。

そのような背景から、20代~30代だと女性の派遣社員よりも、週5休まず長期に渡って出勤してくれる男性の派遣社員の方が選考で有利になるケースは珍しくないです。

もちろん本来であれば男女で雇用の有利不利を付けるのは有ってはならない事なのですが、実際問題として女性の派遣社員は不利になりやすいです。

派遣会社から信用がない

派遣会社から信用がない場合も、次の仕事が見つかりにくいです。

というのも過去に遅刻や早退が多かったり、派遣先でトラブルを起こして信用がない派遣社員は、中々仕事を紹介してもらえません。

仮に紹介されたとしても誰もやりたがらない仕事や、超絶ブラックな最低ランクの仕事ばかりでしょう。

営業担当の質が低い

営業担当の能力やヒアリングが不足しており、仕事がなかなか決まらないケースも多いです。

特に何度も職場見学に行っても派遣先が見つからない場合、営業担当の能力を疑うことが必要です。

営業能力が高い担当者であれば、とあなたを上手く紹介してくれるので、他派遣会社の候補者との競合において

そもそも派遣会社の求人が少ない

現在、派遣登録をしている会社の求人数がそもそも少ないのは、次の仕事が紹介されない最も多い理由です。

実は派遣会社はコンビニよりも多く、全国におよそ8万社も存在しています。

そのため、派遣会社を変えたらあっさり次の仕事が見つかる…というのは非常によくあるパターンです。

例えばスタッフサービスやテンプスタッフといった大手であれば、中小の派遣会社の10倍~100倍以上の求人数があります。

つまり、単純に100倍紹介されるチャンスのあるお仕事が多いという事なので、いかに求人数の多い派遣会社を探すかが重要です。

当サイトおすすめ派遣会社!スタッフサービス オー人事net

オー人事【公式サイト】https://www.022022.net/
求人数 ★★★★★★
地域 全国
福利厚生 ★★★★★
営業マンの対応 ★★★★☆
総合評価 ★★★★★
  1. 求人数・登録者数・売上高ともに人材派遣業界No.1! ※2020年3月度日経バリューサーチ調べ
  2. 日本全国47都道府県をカバー! 地域を選ばず求人が探せます
  3. 求人数・登録企業数も日本最大!
  4. すぐに働きたいという方でもOK!来月からの仕事も多数!
スタッフサービス オー人事netは名実ともに日本最大の人材派遣会社!取り扱う求人数は第2位の他社と比較しても倍以上なので、スタッフサービスで見つからなければ他社で探すのは難しいかも!? 高時給の求人や専門スキルを活かせる求人、大手有名企業の求人など誰もが一度は憧れる派遣先がきっとみつかる!
酒井先生
スタッフサービス オー人事の最大の特徴は、なんといっても求人数の多さです。いくらスタッフの対応が良くてもサービスが整っていても求人がなければ意味がない!そんなあなたにピッタリのサービスです。

初めての派遣登録におすすめの派遣会社ランキング!派遣営業マンがこっそり教えます!

2021.03.25

求人の豊富な派遣会社は30代や40代でも仕事に困らない

求人の豊富な大手派遣会社であれば、正直30代や40代でも多数の案件があります。

むしろ大手派遣会社で「仕事が見つからない」という人は、仕事の探し方か自身に問題がある可能性が高いでしょう。

30代におすすめの派遣会社ランキングBEST5!派遣先が決まらない30代は必見!

2021.03.25

1つの派遣会社にしか登録していない

1つの派遣会社にしか派遣登録してない、というのも次の仕事が紹介されにくい原因となります。

派遣会社は8万社以上あり、それぞれの会社がコネで独自に持っている求人も多いです。

つまり、1社だけの登録では絶対に紹介されない求人が世の中には大量にあるのです。

ただ、8万社全てに登録しなければいけないかと言うと、そういう事は全くありません。

大手の派遣会社は相応にコネが強いため、中小の派遣会社の100倍以上の様々な会社の求人を持っています。

そのため、大手の派遣会社3~4社に登録しておけば、世の中の派遣求人の8割は抑えることができるでしょう。

何十社の派遣会社に登録しても仕事が決まりやすくなるわけではない

派遣会社エントリー後の派遣先選考までの流れ、イメージ

ただし、いくら次の仕事が紹介されないからといって、20社や30社の派遣会社に登録しても意味がありません。

派遣の仕事は各派遣会社のサイトからエントリー後、派遣会社内における社内選考を経て、更に派遣先による選考が行われます。

そして派遣先選考もクリアして、ようやく職場見学や面談にこじつけます。

つまり、数十もの派遣会社に登録したとしても、社内選考こそ通りやすくなりますが派遣先の選考で競合するので「仕事が決まりやすくなる」わけではないのです。

3~4社以上の登録はほとんど無意味

ここを勘違いしている方が多すぎますが「社内選考に通ること」が目標ではないので、無意味に無数の派遣会社に登録すべきではありません。

派遣登録に来る人は「すぐに希望の仕事が見つかる」と思っている方もいますが、これは大きな間違い。

派遣会社は多くの求人を持っていますが、登録者の希望を100%叶えることは中々できません。

自分の希望通りに合う仕事は見つかりにくく、またそれが見つかったとしても採用倍率が高い状況となります。

優良大手は登録会社を増やすよりスキルが大切

大手企業、残業なし、高時給・・・そんな魅力あふれる仕事にはエントリー希望者が殺到するに決まっています。

派遣は基本的に「選考」が禁止されているのですが、人気の案件や、お得意様への派遣(大企業)となると、派遣会社も自信を持って送ることができる人材を選考します。

そのため、良い条件で働きたいのであれば登録する派遣会社を増やすよりも、ライバルの選考に勝てるような魅力ある経歴、スキルを磨く必要があるでしょう。

大手ホワイト企業で働ける派遣会社おすすめランキング5!選び方も紹介

2021.03.25

派遣の仕事が決まらない、見つからない時の対処法

希望条件を見直す

誰しも土日祝日が休みで、時給も高くて福利厚生が充実している派遣先で働きたいと思いますが、希望条件が多いとそれだけ求人数は少なくなります。

正直、自分の思い通りの求人は見つかりません。

求人探しは家探しと似ており、何かを妥協する必要があります。具体的には次の項目を見直してみましょう。

時給の条件を落としてみる

時給を100円下げるだけで、案件は100件増えます。

時給の相場勘が間違っている可能性もあるので、初心者の方は時給フィルターにチェックを入れないことをおすすめします。

なお、時給を100円下げたとしても、交通費が自己負担なのか会社から支給されるのかは必ず確認しましょう。

派遣は交通費が自己負担という求人も多いので、場合によっては時給を下げても交通費が支給される方が手取りが多くなることもあります。

交通費が自己負担の場合、それを所得控除できないため単純なあなたの出費となります。

交通費の計算例

所得税:10%
出勤:200日(1年間)
労働時間:1500時間
交通費(往復):500円

  1. 時給2000円(交通費自己負担)の案件で働き続けたケース
    2000円×1500時間=300万円(所得)
    300万円×10%=30万円(所得税)
    500円×200日=10万円(交通費:自己負担
    300万-30万-10万=260万円(手取り)
  2. 時給1950円(交通費会社負担)の案件で働き続けたケース
    1950円×1500時間=292.5万円(所得)
    292.5万円×10%=29.2万円(所得税)
    500円×200日=10万円(交通費:会社負担
    292.5万-29.2万=263.2万円(手取り)

「残業なし」にチェックを入れない

「残業なし」の求人項目にチェックを入れたくなる気持ちは分かりますが、次の派遣が決まらない方はあえてチェックを外してみてください。

残業を完全になしにして募集する場合、規則上は派遣社員を1分も残業させられず、万が一残業が発生すると規則違反となるので、派遣先企業にとってリスクが非常に高いです。

そのため、実を言うとほとんどの企業がこの項目を除外しています。

実際の職場では残業がほとんどないところも、月1~5時間程度の残業を見込んで除外しているところが多いのです。

むしろ「月5~10時間程の残業」と記載されている会社は、より現実的で献身的な求人です。就業時間が少し過ぎてしまうことをきちんと「残業」と捉えている証拠です。

また、残業ありの職場で正社員と共に働いていれば、責任感のある人材と思われ将来的に正社員雇用も見越して責任ある仕事を任されるかもしれません。

残業を必ずしも否定的に捉え無いほうが、あなたのためになります。

勤務地は駅ではなく「通勤時間」で選ぶ

就業することを考えるとあなた自身の「通勤時間」を考えて案件を探す方が、実は穴場の案件が見つかったりします。家から近い駅全てにチェック入れておきましょう。

「東京駅」「六本木」「渋谷駅」といったオフィス街は、派遣先として人気も高く求人も多いです。

しかし、人気な上に主要駅が近いのでアクセスがよいので、多方面から求職者が集まり採用倍率も上がります。

自宅周辺の駅は穴場
誰もが憧れるオフィス街より、自宅周辺の駅で探した方が視野も広がり交通費も安く済みます。ベットタウンの駅でも、派遣を必要とする会社はあります。実はこうした都心近郊の求人にレア案件が隠れていることが多いのです。

「未経験」なら学べる経験で仕事を選ぶ

未経験の場合、条件を選り好みしていてはいつまで経っても派遣先が決まらないので、経験が積める職場であれば時給などは度外視しましょう。

「未経験OK」で高時給、好条件という仕事はほとんどありませんし、仮にあったとしても大企業が中心でライバルが多いです。

また、仮に応募しても応募してきた経験者と比較されるので、よほど学歴や資格で優れていなければまず採用されることはないでしょう。

未経験の派遣社員になにより必要なのは「経験」です。

経験さえあれば次からは経験者枠で応募できるので、今は条件面は妥協して、キャリアアップできる派遣先を選ぶのも手です。

特に長期・短期に関わらず初回更新はほぼ間違いなく1ヶ月なので、仮に仕事が合わないとしてもそこであなたからお断りすればよいだけです。

そこで経験さえ積めば「経験者」になることができるのです。

派遣の初回契約期間が1ヶ月の理由は?試用期間で辞める事は可能?

2022.05.25

応募する職種を変える

派遣が決まらない場合は、「自分のやりたい仕事」を諦めて「自分に合う仕事」を担当者やコーディネーターと相談して探すのも手です。

本当は事務をやりたいけど、妥協してコールセンターに応募すると、あっさりと採用が決まったりします。

実際。派遣会社に登録してから全く未経験の別職種で活躍する人は多く、「自分がやりたい仕事=自分に合っている仕事」とは限らないのです。

第三者(派遣会社のコーディネーター)からの意見で新しい派遣先の視野を広げられるかもしれません。

意外と食わず嫌いで手を出せずにいた仕事が、天職であることもあります。

派遣会社から信用される社員になる

信用を失う行為に思い当たる節がある方は、どんな仕事を紹介されても期間満了まで謙虚に働いたり、営業と良好な関係を築くなどして、信用される派遣社員になれば仕事が紹介されやすくなります。

一度失った信用を取り戻すのは大変ですが、信用できる社員になれれば次の仕事も決まるでしょう。

派遣会社を変更する

何度も使える手ではありませんが、派遣会社を変更してしまうのも一つの手です。

前述した通り派遣会社は全国に8万社あるので、変更をしたとしても特に問題ありません。

むしろ変更することで、元の派遣会社が持っていなかったあなたにピッタリの派遣先を紹介してもらえたりします。

ただ大手派遣会社の場合、急に音信不通になると今後のお仕事が紹介されなくなるリスクが大きいので、多用できる手ではないです。

大手に登録している場合は複数登録がおすすめ

既に大手の派遣会社に登録している場合は、やはり複数登録をするのが無難でしょう。

音信不通になるとリスクが高いので、引き続きA社ともやり取りしつつ、B社、C社に登録して派遣先を探しましょう。

初心者の方はなぜか大手の派遣会社に登録することを「ハードルが高い」と勘違いしているのですが、むしろ中小派遣会社の方が経験者向きでレベルが高いのです。

例えば派遣会社最大手のテンプスタッフは、初心者向けの案件を常時3万件以上、かつ全職種をカバーしています(これはテンプスタッフのみ)。

大手3~4社に登録すれば世の派遣求人の大半をカバーできますし。自分に合っている会社が見つかったりもするのでおすすめです。

当サイトおすすめ派遣会社!スタッフサービス オー人事net

オー人事【公式サイト】https://www.022022.net/
求人数 ★★★★★★
地域 全国
福利厚生 ★★★★★
営業マンの対応 ★★★★☆
総合評価 ★★★★★
  1. 求人数・登録者数・売上高ともに人材派遣業界No.1! ※2020年3月度日経バリューサーチ調べ
  2. 日本全国47都道府県をカバー! 地域を選ばず求人が探せます
  3. 求人数・登録企業数も日本最大!
  4. すぐに働きたいという方でもOK!来月からの仕事も多数!
スタッフサービス オー人事netは名実ともに日本最大の人材派遣会社!取り扱う求人数は第2位の他社と比較しても倍以上なので、スタッフサービスで見つからなければ他社で探すのは難しいかも!? 高時給の求人や専門スキルを活かせる求人、大手有名企業の求人など誰もが一度は憧れる派遣先がきっとみつかる!
酒井先生
スタッフサービス オー人事の最大の特徴は、なんといっても求人数の多さです。いくらスタッフの対応が良くてもサービスが整っていても求人がなければ意味がない!そんなあなたにピッタリのサービスです。

派遣先が決まらない、見つからない人におすすめの派遣会社ランキング

第1位:スタッフサービス

スタッフサービス_オー人事公式サイト:https://www.022022.net/
求人数 ★★★★★
地域 全国
福利厚生 ★★★★★
営業マンの対応 ★★★★★
総合評価 ★★★★★
  1. 求人数・登録者数・売上高ともに人材派遣業界No.1! ※2020年3月度日経バリューサーチ調べ
  2. LINEやサイバーエージェントといった大手ホワイト企業の求人が多数
  3. 日本全国47都道府県をカバー! 地域を選ばず求人が探せます
  4. 有給・育休・スキルアップ支援制度など福利厚生も充実している
  5. すぐに働きたいという方でもOK!来月からの仕事も多数!

第2位:テンプスタッフ

tenpu【公式サイト】https://www.tempstaff.co.jp/
求人数 ★★★★★
地域 全国
福利厚生 ★★★★☆
営業マンの対応 ★★★★☆
総合評価 ★★★★★
  1. 大手ホワイト企業の求人が多数
  2. ホワイト企業で働きたいならイチオシ
  3. スキルアップできる環境が整っている
  4. 未経験OKの仕事も豊富

第3位:リクルートスタッフィング

【公式サイト】https://www.r-staffing.co.jp/
求人数 ★★★★☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★★
営業マンの対応 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆
  1. 大手企業との繋がりが強いのでホワイト求人が多数
  2. ホワイト企業の紹介予定派遣が豊富
  3. 圧倒的なブランド力
  4. 福利厚生が充実

派遣の仕事が決まらない理由と対処法まとめ

今回は派遣の仕事が決まらない、見つからない方に共通している理由や対処法について紹介しました。

派遣の仕事が見つからない場合、大抵は希望条件を少し妥協したり、異なる派遣会社にも登録してみることで解決します。

派遣の仕事が決まらず悩んでいる方は、一度その他の大手派遣会社に登録すると良いでしょう。

目的から派遣会社を探す