派遣社員にも休憩時間はちゃんと与えられますか?

みなみ
都心で働く魅力はなんて言っても「ランチ」ですよね?!お財布を持ってオフィス街を歩くの夢なんです。
れいか
みなみちゃんらしいわね。私も新入社員の頃はそんなことに憧れてたわ。今はすっかりお弁当に落ち着いたけど、月に2~3回は会社の人とランチに出かけるわね。
酒井先生
休憩時間の使い方は自由ですが、会社によって設けている休憩時間が異なる場合もあります。そうした場合は外にランチを食べに行く余裕もない可能性があります。実は派遣社員の場合、他の社員と違うスケジュールで動くこともあるので、みんなでランチに行くのが難しいかもしれません。

休憩なしの場合もある?派遣社員の休憩時間の規則

会社の設けている休憩時間は正社員と派遣社員で異なる場合があります。労働基準法により会社によっては休憩時間を分割していることがあるからです。その具体例について解説していきます。

実働6時間未満は休憩なし

労働基準法で労働時間6時間未満の場合は休憩を与えなくてもよいことになっています。正確に言うと、6時間00分までの労働時間では会社は休憩を与える義務が生じません。よくアルバイトなどで6時間働く間に30分休憩や15分休憩などに出されているのはこの規則を守るためです。

もし派遣社員として「6時間」の勤務形態で契約した場合、仮に周りの社員が12時で休憩を取っていても、黙々と仕事をしていなければならないときがあります。

実働8時間未満は最低45分の休憩が必要

よく勘違いされますが、8時間の仕事であれば45分間の休憩で良いとされています(60分ではない)。逆に8時間を超える場合は最低60分の休憩が必要になります。従って、実働7時間の会社では45分休憩を取り入れているところが多いようです。

実働8時間00分なら45分の休憩でも良い?
原則8時間を超えることがなければ、45分の休憩でも構いません。しかし最初から「45分」と会社で設定している場合は1分でも残業しようものなら15分の休憩に出し1日の休憩時間の合計が60分にならないといけません。就業後にまた休憩にでるというイレギュラーな対応になってしまうため、ほとんどの会社が60分休憩を採用しているのです。

交代制・変則的な休憩の例

集中力を要する業務、連続的な業務(モニターに向かって行う作業や、コールセンターなど24時間体制の業務)では変則的な休憩方法を採用しています。

厚生労働省のデータによると、モニターに向かう作業(VDT作業)について「途中で他の作業を挟み、モニターから目を離すこと」を意識的に行わせている企業が49.0%、「同じ作業を連続して行う前に10~15分の休憩を挟む」と回答した企業が41.9%でした。

これは、モニターに向かって行う作業(パソコン入力)や電話作業では集中力を必要とすることから、連続して行うことで集中力の低下を防ぐことと同時に健康に対する被害を抑制させるために、6時間や8時間といった実働時間に関わらず小休憩を取り入れさせていることを意味します。

特にコールセンターでは1日中電話をかけ続けなければならず、事務職のようにその作業から離れることができないため、1~2時間毎に10~15分の休憩を挟むことがあります。

小休憩は時給に反映されない

派遣社員のように勤務時間が契約で決まっている方に関しては、契約上実働のみが時給に換算されます。よって小休憩に関しては時給に反映されません。その分、休憩の間は外の空気を吸ったり、お菓子を食べたりしても構わないことになりますが、1分でも時間を無駄にしたくない・休憩がもったないという方にはかえってコストパフォーマンスが悪い働き方になってしまう恐れもあります。

ただキーパンチャーやコールセンターの業務は他の案件よりも200~300円近く時給が高く設定されていたり、ボーナスが支給されたりすることもあるため仕事のやり方によっては大きく稼ぐことも可能です。

派遣社員の求人時給相場・残業・スキル・資格の早見一覧表

1日の合計を60分の休憩にする

会社によっては、お昼45分・午後の小休憩15分といった取り方をする会社もあります。こういった場合でも同様に小休憩の間は何をしても構いません。

休憩中にランチに行くことは可能

45分~60分の休憩であれば、ランチに行くことは十分可能です。派遣社員は正社員と違って「時給」で動いているため、休憩時間はしっかり与え、残業したら残業代を正確に支払わなければいけません。

オフィスの周りには美味しい定食屋さんやパスタ、フレンチ、ラーメン屋さんがたくさんあります。大学の学食に食べに行ったり、もちろんランチ以外のことをしても自由です。

原則は契約上の中での休憩
事務の仕事の場合、急な仕事なので休憩時間がずれ込む場合もあります。原則は契約内の時間帯でお願いしたいのですが、10分以上もずれ込む場合は休憩終了時間をずらすことも可能です。これは派遣会社としては気がつかないことなので、それが慢性的に行われていたり、しっかり休憩が取れない実情がある場合はすぐに派遣会社に連絡して下さい。

休憩時間を優先的に使う

休憩時間の取り方ひとつで仕事の効率化・集中力アップに繋がります。

外食ではなく弁当にした人の話を聞くと、「外に出る時間があれば仮眠を取りたい」とおっしゃっていました。仮眠をとることで昼食後の眠気を覚ませるようです。他にも休憩中に外に散歩に行く人や、読書をする人、午後からのスケジュールを考える人、それぞれ取り方が違います。

休憩時間は自由な時間です。何が正解ということはありませんが、自由に使ってリフレッシュして仕事に臨んでほしいものです。正社員では残業しないように休憩中でも仕事をしようとする方もいますが、仕事に大事なことは「効率」です。休憩中に仕事をして、通常の勤務時間の中でパフォーマンスが落ちるようなら本末転倒です。無理のないように仕事に取り組んで下さい。

初心者におすすめの派遣会社 強み・特徴

テンプスタッフ
福利厚生が充実
・業界最大手
・未経験可案件が豊富

リクルートスタッフィング
未経験可の案件が豊富
・スキルアップ、研修制度が充実
・リクルートブランド

目的から派遣会社を探す