【30代女性】WDBの口コミ・評判①

酒井先生
WDBで実際に就業経験のある30代の女性に話を聞きました。

WDBで就労経験のある派遣社員にインタビューしました

インターネット上で募集を行い、実際にテイケイワークスで就労経験のある方を集めインタビューしました。

本当に働いていたかの証明ができるよう、派遣会社の登録カードあるいは健康保険証を提示していただき、インタビューを行いました。なおWDBに関する詳細は以下にまとめています。

【派遣会社】WDBってどう?派遣社員の口コミ・評判

2017.10.24

WDBをあなたが選んだ理由を教えてください。

WDBは研究職に特化した人材派遣会社です。研究職や研究補助職の求人といったら「WDBしか無い」と言っても過言ではない、また業界内としてはかなり有名なため登録しました。

WDBの登録会の印象を教えてください。

WDBのインターネットサイト上で簡易登録するとすぐに連絡が来て、支店に出向いて本登録をしました。本登録はマンツーマンで営業の人が対応してくださり、これまでの経歴や希望する職種などを丁寧にヒアリングしてくれました。

WDBではいわゆる「登録会」を最初に行うのではなく、コーディネーターとの面接がそれにあたるようです。

WDBのコーディネーター・営業担当の印象を教えてください。

WDBは人数が少ないようでコーディネーターも営業の方が兼ねているようでした。それでも電話やメールでお仕事の情報をこまめに発信してくれましたし、いざ会社訪問の際も付き添ってくれ丁寧な対応でした。

ただやはり私以外にも多くの派遣社員を担当しているみたいで、「連絡が早い」という印象はありませんでした。特に大手の派遣会社だとコーディネーターと営業担当は別々ですから、改善して欲しい点です。

WDBで実際に仕事を始めるまでどらくらいの時間がかかりましたか?

自分の希望する条件に合った仕事が見つからず、結局1ヶ月以上かかってしまいました。

就労場所・業界・職種を教えてください。

就労場所は北海道札幌市。国立大学の研究補助職として派遣されました。

人気の案件で、場所も場所なので、実際に就業するまで時間がかかってしまったのもこれが要因だと思います。

この業界・職種を選んだ理由を教えてください。

理系大学院を出ていてその分野でのスキルがあったため、それを活かせる仕事をしたかったからです。研究職は時給が高く、倍率も低いため、また一般事務よりも条件が良いので女性にとっては魅力的です。

この業界・職種における雇用形態とそれを選んだ理由を教えてください。

当初この求人では一般派遣という形態でしか募集していなかったため、他の選択肢がありませんでした。一年更新の一般派遣で、これまで8年続けて働いています。本来なら抵触日等の関係で働けないはずですが、部署異動などを繰り返し勤続しています。

WDBの教育・研修制度や福利厚生面におけるサポートについて感じたことを教えてください。

WDB株式会社では就業開始後も毎月担当社員による訪問があり、仕事の状況や満足度などを調査・フォローしてくれます。またスキルアップのための研修やマナー研修、振り返り研修などのサポートもあり、非常に充実しています。

WDBの派遣社員として働きはじめて最も良かったことを教えてください。

研究職の人材派遣はなかなか取り扱っていない会社が多い中で、WDBでは豊富な求人がありました。たくさん紹介してくれた中から給与や時間帯などこちらが希望する条件にぴったり合う仕事に就くことがができ非常に満足しています。

WDBの派遣社員として働きはじめて最も悪かったことを教えてください。

研究職では一年更新の派遣契約でこれまで順調に働いていましたが、派遣法の改正によって来年以降の雇用がどうなるのか先行きがまったくわからず不安な状態になりました(2018年問題)。会社の方針などもっと早く決めて早く情報を教えて欲しいのですが、情報共有が全くありません。

これまでの勤続方法(8年間同じ場所で派遣)も正しい派遣としての働き方だったのか疑問です。

目的から派遣会社を探す