クーリング期間って何?派遣社員の抵触日がリセット!しかし有休もリセット…

みなみ
派遣社員という立場のまま同じ派遣先で3年以上働き続けることはできないのでしょうか?
酒井先生
派遣法により「抵触日」が定められているため、派遣社員を3年以上同じ派遣先で就業させることはできません。しかし、「クーリング期間」を空ければ再び同じ派遣先で働くことができます。クーリング期間とは期間制限の通算期間(抵触日)がリセットされる空白期間のことです。

クーリング期間で抵触日がリセットされる

クーリング期間とは3ヶ月超(3ヶ月と1日以上)の間に派遣社員を雇い入れることをしなければ「抵触日をリセット」できる期間です。

つまり、3年マックス働き抵触日が来てしまったら、3ヶ月と1日以上派遣社員に休んでもらうと、同じ派遣先でまた3年間働くことができるという制度です。

れいか
3年間の就業実績を、クーリング期間によって無かったことにするイメージね。一度その職場で派遣で働いたら、もう二度とそこで働けないのは酷よね。

派遣法により派遣社員を同じ派遣先に3年以上派遣することはできません。3年以上継続して働く場合は派遣元(派遣会社)の無期雇用になるか派遣先の直接雇用に切り替える必要があります。

しかし、すべての人が無期雇用・直接雇用を望んでいるわけではなく、責任が軽い派遣社員のまま気ままに働きたいニーズも少なからず存在します。

メリット デメリット
・同じ職場で働くことができる
・抵触日の影響を受けない
・空白期間が生まれてしまう
・有休やその他福利厚生の対象からも除外される恐れ
・派遣先や派遣会社がそれを悪用する可能性がある。

また、抵触日の設け方には2015年9月30日の派遣法の改正によって、「個人単位」と「事業所単位」の2種類生まれましたのでそれぞれ解説していきます。

【無期雇用派遣】実は危険な働き方…メリット・デメリットを解説

2016.07.20

個人単位で抵触日を設けている場合

2015年9月30日の派遣法改正に基づき、今まで部署単位でしか設けることはできなかった期間制限を個人単位でも設けられるようになりました。

個人単位の抵触日とクーリング期間を表した図

上図のように同じ派遣先であっても個人単位で抵触日を設けている場合、クーリング期間を設けることで同じ派遣社員に改めて3年の抵触日が付与されます。

部署異動で続けて働くことができる
個人単位で期間制限を設けている場合、派遣社員1人に対して抵触日が与えられます。そのため、同じ派遣先であっても派遣されている「課」もしくは「部」を異動することでクーリング期間を空けることなく続けて同じ会社を回すことができます。限りなく黒に近い派遣法違反行為ですが、実態としてはよく行われています。

事業所(派遣先)単位で抵触日を設けている場合

派遣先の事業所単位で抵触日を設けている場合は、個人単位でクーリング期間を設けるのではなくその事業所としてクーリング期間を空ける必要があります。

その派遣先に派遣される派遣社員全員が対象となるため、部署異動で抵触日を逃れることもできません。

事業所(派遣先)単位の抵触日とクーリング期間を表した図

上図のように、事業所で期間制限を設けた場合、初めて派遣される派遣社員Aの抵触日は派遣から3年後、後から派遣されてくる派遣社員Cの抵触日は派遣社員Aと同じ日になります。

クーリング期間で禁止されていること

クーリング期間を逃れようとして、派遣社員をクーリング期間の間に直接雇用に切り替える派遣先もあります。そしてクーリング期間が終わればまた派遣に戻して働かせるという荒業をしでかすのです。

しかし派遣法では直接雇用した方を1年以内に派遣することができません。派遣法ではクーリング期間を設けること以外で抵触日をリセットさせる方法はありません。

クーリング期間の盲点〜有休もリセットされる

クーリング期間はこれまでの就業実績を無かったことにする、まっさらにする制度です。従って、クーリング期間の3ヶ月超を何もせずにいれば有休もリセットされます。

例えば、3年間フルタイムで就業し続けていれば、派遣会社内で20日以上の有休が残っているでしょう。しかし、同じ派遣会社で1ヶ月以内に仕事をスタートしなければこの有休は消滅します。

クーリング期間をうまく使いながら同じ派遣先で就業し続ける、かつ有休もしっかり使いたいという場合、派遣先・派遣会社共に協力体制になければ相当困難です。3年に至る前にまとめて有休を使ってしまうなど方法はありますが、そこまでして派遣先があなたを残したいと思うか分かりません。

派遣社員も有給は使える?取得実態と条件を正社員と比較!

2016.06.30

抵触日を迎えた派遣先で直接雇用を勧められた場合

抵触日まで働くような派遣社員であれば派遣先から直接雇用の話があるかもしれません。この判断に関しては派遣社員であるあなた次第です。

「派遣社員としてまだまだ働いていたい」という気持ちがあれば無理に直接雇用に切り替える必要はありません。クーリング期間を利用してまた同じ派遣先に戻ることもできます。私の経験でも同じ派遣先にクーリング期間を空けて10年以上も派遣した派遣社員がいました(実態は派遣法違反です)。

また直接雇用というのは、多くの場合「契約社員」としての雇用を前提にしているためあまりおすすめはできません。詳しくは以下に参考としてまとめていますが、正社員以外の直接雇用の話であれば派遣で働き続けた方がお得です。

派遣先から直接雇用の提案。受ければ人生ゲームオーバー?

2017.01.25

目的から派遣会社を探す