非正規雇用の女性平均年収が150万円以下…一生独身でも生きていけるのか?

みなみ
あるニュースで、非正規の女性社員の年収が150万円以下であることを知りました。年代別ではなく、全体のデータのようです。将来への不安が拭えません。
れいか
非正規に限らず、女性全体のデータで見ても4人に1人が200万に満たない年収のようね。「女性の社会進出」「ダイバーシティ推進」とは言うものの現実は厳しいみたい。
酒井先生
平成28年民間給与実態統計調査(国税庁)によると、非正規雇用の女性の平均給与が148.1万と発表されました。ここでいう非正規雇用とは、契約社員・派遣社員・パート・アルバイト・嘱託・日雇い労働者などを含み、一括りにした比較は難しいところです。

非正規雇用の女性の割合

女性 男性 総計
正規雇用 1114 2310 3423
非正規雇用 1389 647 2036
総計 2503 2957 5460

単位:万人
参考:総務省統計局「平成29年度 労働力調査」

非正規雇用の女性の割合(女性全体の割合)は55.49%。日本の女性の半分以上は非正規雇用として働いているのが分かります。また当然ですが、非正規雇用のうち7割近くが女性で占められています。

非正規雇用の分類 女性 男性 総計
派遣社員 81 53 134
契約社員 135 156 291
嘱託 45 75 120
パート・アルバイト 1090 324 1414
その他 38 40 78
総計 1389 647 2036

単位:万人
参考:総務省統計局「平成29年度 労働力調査」

こちらは、非正規雇用の分類による割合です。女性の「非正規雇用」と呼ばれるものについて、8割近くがパートやアルバイトです。派遣社員について見てみると、わずか0.5割。冒頭で触れた、国税庁「平成28年民間給与実態統計調査」による平均給与については非正規雇用の場合、100万円超200万円以下が503万人(構成比25.1%)とあり、「給与所得年200万」のラインが大きな基準になりそうです。

非正規雇用は一生独身でも生きていけるのか?

みなみ
仮に一生私が独身で、キャリアを積めず非正規雇用のままだった場合、将来はどうなるのでしょうか。年収150万円では貯金も難しく、奨学金もまだ残っています。
酒井先生
結論から言うと、40、50を過ぎて貯金が無い非正規雇用の場合、親の介護などが重なれば非常に厳しい現実が待っています。働き口も徐々に少なくなり、できるだけ若いうちに正社員へのキャリアアップが求められます。

非正規雇用のまま将来を不安に感じるよりも、現状を打破するためにパワーをつぎ込むことが解決の糸口です。「結婚できない」という悩みに関して私は何もアドバイスできませんが、「正社員になりたい」という目標についてはアドバイスすることができます。

例えば、結婚できたとしても不慮の事故や、また離婚などでパートナーを失うことも考えられます。結婚前に正社員の経験があれば転職もスムーズですが、非正規雇用としてのキャリアしかなければその道程は厳しいものでしょう。

未経験から正規雇用(正社員)を目指す方法

正社員としての経験が無く、また長期的に勤務可能な事務スキル・PCスキルなどが全く備わっていない状態から正社員に転職することは非常に困難です。しかし、方法が全く無いわけではありません。それが次に挙げる2つの方法です。

①直接雇用前提の無期雇用派遣で就職活動する

無期雇用派遣とは「無期契約の派遣制度」です。各派遣会社が推進している制度で、事務未経験の若年層(30歳未満)を対象にしています。仮に30歳未満で、事務経験が無く転職で苦労されている場合は是非チャレンジしてほしい制度になります。

特に大手派遣会社テンプスタッフが提供している「ファンタブル」という無期雇用派遣制度は、直接雇用を前提とした派遣制度であり、その実績も着々と伸びています。働きながらその会社の雰囲気を知ることができ、派遣先もあなたがどういった人・能力を持っているのか判断した上で採用してくれるため、双方にミスマッチが起こりにくくなっています。

②転職エージェントに登録しプロに依頼する

有効求人倍率が上昇する昨今、人の流れは非常に活発です。正直のところ、あなたに相当な問題がなければ(またあなたが転職先を選ばなければ)正社員としての転職先はわんさかあります。

しかし、自分で転職活動をしてしまうとどうしても視野が狭くなり、また情報も少ない中で戦うことになるためうまくいきません。そうしたときに活用したいのが転職エージェントです。転職エージェントについて

  • 正社員でないと登録できないのではないか
  • 主婦や派遣社員、パートは登録できないのではないか
  • お金を取られるのではないか

という不安を持っている方も多いと思います。しかし、転職エージェントは無料で活用でき(転職が決まったら転職先が紹介料を支払う)、また正社員でなくても利用することができます。

非正規雇用から正規社員になることは決して難しいことではない

非正規雇用としての将来は非常にシビアです。しかし、一度道を外したくらいで人生が終わるわけではありません。ここにまとめた情報も私からすれば常識ですが、非正規雇用の方にとっては知らなかったことも多いでしょう。

確かに転職活動は体力を使いますし、一歩を踏み出すにも苦労することです。しかし、時間が経てば経つほど正規社員への道は閉ざされていきますから、いち早くその決断をするようにしましょう。

派遣から正社員を目指す!テンプスタッフ

tenpu【公式サイト】https://www.tempstaff.co.jp/
求人数 ★★★★☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★★
営業マンの対応 ★★★★★
総合評価 ★★★★★
  1. 7年連続業績No.1 ※2017年度パーソルホールディングス(株)連結、(株)オーピーエヌ 「2018年調査人材ビジネス業績ランキング」
  2. 業種カバー率100% 常時7,000企業(大手、ベンチャー問わず)、30,000件以上の求人数
  3. 2600以上のスキルアップ講座
  4. 未経験求人が豊富
  5. 「直接雇用前提」の無期雇用派遣サービス
テンプスタッフは業績だけでなく顧客満足度も常に口コミ評価が高く、これから派遣社員として働くなら必ず登録しておくべき派遣会社です。求人数は常時3万件以上、業種を100%カバーしているのはテンプスタッフのみです。つまり、あなたのやりたい仕事が見つかります。 正社員への道が前提とされた無期雇用派遣「ファンタブル」なども2020年現在、定着してきています。初心者はまずテンプスタッフに登録し就業を開始しましょう。
酒井先生
テンプスタッフ最大の特徴は、コーディネーターと営業マン、そしてスタッフフォロー専任担当の3人があなたをバックアップしてくれる点です。創業者が「女性」ということもあり、女性に対するフォローが手厚く、「働きやすい」と評判の派遣会社です。

こちらもおすすめ。パソナ派遣

【公式サイト】https://www.pasona.co.jp/
求人数 ★★★★☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★☆
営業マンの対応 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆
高時給で交通費も全額支給!東京/大手町にはパソナファミリー保育園もあり、出産後の施設も完備されているため、最近話題になっている「待機児童問題」を根本から解消。他にも家事代行サービスやベネフィット・ワン育児ステーションを割引価格で利用できます。 まずは無料でMYPAGEを作成し、どんな仕事があるのか見てみるだけでも損はありません!

目的から派遣会社を探す