派遣保育士は最強!?無資格でも正社員より高時給!仕事内容や実態を紹介

派遣の保育士の仕事の実態(派遣ガールズ)
みなみ
派遣で「保育士」の案件を見つけたんですけど、保育士資格を持ってないので派遣だとしても無理ですよね。みなみ、子供が好きだから興味があったんですけど、実際のところどうなんですか?
酒井先生
派遣で働く上で保育士の資格は必須ではありません。しかも資格を持って正社員として働いている保育士の方よりも時給が高いため、実は美味しい案件です。ただ保育士の世界は非常に人間関係でドロドロしていますので、そこは覚悟しておいて下さい。

保育士は無資格の派遣でも働ける!

保育士・養護教諭の派遣求人はたくさんありますが、「無資格」を可とする職場も多く存在します。

というのも、建前上資格のない人は補助役として他の保育士のサポートをすることになっていますが、実態は資格者も無資格者もほぼ同じ業務をさせられることになります(そうせざるを得ない職場環境です)。

もちろん資格を持っている人であれば、派遣であっても園内の社員とほとんど同じことをします。

派遣保育士の時給や残業について

もしあなたが資格保有者であれば、1500円~2000円と非常に高く、正社員の保育士より圧倒的に時給が高いです。

資格がないと1200円~と下がりますが、正社員の保育士の平均給与は17万円程度でサービス残業や持ち帰りの仕事も当たり前。時給に換算すると500円以下になる社員も無数にいます。

そう考えるとサービス時給も持ち帰りの仕事もない派遣で1000円以上の時給を受け取れる保育士派遣は非常に美味しいです。

しかしその分人間関係で大きく苦しむことになります。保育士は女性社会・縦社会で、お局様が必ずいる職場です。

派遣だと言っても厳しい仕事や、派遣法の規定など完全に無視した業務外の仕事をバンバン振ってきます。それに耐えなければいけませんし、残業代が出るといってもそれを強制的に強いられることもあります。

残業は毎日2~3時間あり稼ぐことはできますが、私であればもっとスキルを高められ、人間関係に悩まない高時給の事務案件をやります。

子供が好き!だけど給料がネック。そういった方に派遣保育士がおすすめです。今ではユーキャンなどの通信講座でも保育士資格が取れる時代なので、キャリアアップもできます。

派遣保育士・養護教諭に求められるスキル

  • 保育士・養護教諭の資格
    ブランクがあることは問題はありませんが、資格を持っていることが必須になっていることが多いです。その中でも、「こういった経験をしてきた」という資格+経験を求める求人も多くあります。
  • 直接雇用前提
    保育士案件は紹介予定派遣になっているものが多く、その方の気があればすぐにでも直接雇用で働いてもらいたいと思っているところが多いです。
  • 資格がなくても経験が必須
    資格がないと時給は下がってしまいますが、経験があれば資格なしでも採用される求人もあります。

派遣保育士・養護教諭に求められる人物象

  • 子供が好きであること
    当たり前のことですが子供が本当に好きでないとできない仕事です。子供の成長に携われることは一番のやりがいです。
  • 視野が広い人
    派遣であっても、園を任される限り幅広く子供達を見守ることが必要です。子供の些細なことにも気が付き注意をしてあげられるような人が好まれます。
  • 臨機応変に対応できる人
    子供ほど予想外の行動をとるものはありません。好奇心旺盛なあまり行き過ぎた行動もあります。そういったときでも冷静に対処できる人を求めています。

派遣で保育士・養護教諭として働くメリット

時短勤務などができワークライフバランスが保てる

派遣であれば、時短勤務のようにサポート要員として働くことができます。メインで働くことができなくても、人手不足の保育園・幼稚園としてはかなり助かります。

正社員として働いている間はキツイと思っていた仕事も派遣として働くことでワークライフバランスが取れる、新しい保育士・養護教諭としての働き方です。

残業もない(職場が多い)

前述した通り派遣であればサービス残業祭りの保育士業界において、残業がない素晴らしい職場が多いです。

もちろん一部には残業をすることになる保育施設もありますが、少なくともサービス残業を何十時間もするなんてことはあり得ません。

そして万が一そんな職場を引いてしまっても、派遣であればそれを理由に派遣先を変えてもらうことも簡単です。

トラブルが起きたら派遣会社が入ってくれる

上でも少し触れましたが、施設でなんらかのトラブルがあると派遣会社が間に入ってくれます。

お局様のような社員がいて残業を強いられたり、いじめられた場合はもちろん利用者とのトラブルがあった場合なども派遣会社が入ってくれます。

そして施設側に問題があれば別の派遣先へ派遣をしてくれます。普通に正社員で働くと我慢をするしかないので、これは派遣保育士の大きなメリットと言えるでしょう。

派遣保育士として働くデメリット

  • 残業ゼロと書いていても残業があるケースが存在する
  • 保育士の魅力である担任になれない
  • 子どもの卒業まで居れない

建前上は残業ゼロで募集がかかっていると思います。ただ、一度でも保育の現場で働いたことがある方ならわかると思いますが、実際そうではないことを簡単に予想できますよね。

保育の現場は理屈ではありません。派遣といってもかなりきつい案件になり、正直「派遣の魅力・派遣のメリット」を感じにくい特殊な職種です。

確かに正社員として働くよりかなり美味しいお給料を貰えますが、担任になれなかったり、子供の卒業までそこで勤務できなかったり、保育士として働く最大の魅力を失うことになります。

そのため、派遣として働きながらも「やっぱり保育士として働きたい」と思って現場に戻る方も少なくありません。

派遣保育士のまとめ

酒井先生
「給与が低い」ことが保育士のデメリットであり一番の保育士不足の原因なのですが、それを埋めるために「派遣」という働き方を選んでも、悲しいことに人間は「給与が問題なのではない」と思って現場に戻ってしまうんです。キレイ事ではなく、保育士の方々は「保育の仕事はお金に変えられない価値がある」と口を揃えて言われます。そうしたことから私もあまり保育士の派遣案件を積極的にお客さまに勧めることはしなくなりました。

保育士案件の多い派遣会社!テンプスタッフ

tenpu【公式サイト】https://www.tempstaff.co.jp/
求人数 ★★★★☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★★
営業マンの対応 ★★★★★
総合評価 ★★★★★
  1. 7年連続業績No.1 ※2017年度パーソルホールディングス(株)連結、(株)オーピーエヌ 「2018年調査人材ビジネス業績ランキング」
  2. 業種カバー率100% 常時7,000企業(大手、ベンチャー問わず)、30,000件以上の求人数
  3. 2600以上のスキルアップ講座
  4. 未経験求人が豊富
  5. 「直接雇用前提」の無期雇用派遣サービス
テンプスタッフは業績だけでなく顧客満足度も常に口コミ評価が高く、これから派遣社員として働くなら必ず登録しておくべき派遣会社です。求人数は常時3万件以上、業種を100%カバーしているのはテンプスタッフのみです。つまり、あなたのやりたい仕事が見つかります。 正社員への道が前提とされた無期雇用派遣「ファンタブル」なども2020年現在、定着してきています。初心者はまずテンプスタッフに登録し就業を開始しましょう。
酒井先生
テンプスタッフ最大の特徴は、コーディネーターと営業マン、そしてスタッフフォロー専任担当の3人があなたをバックアップしてくれる点です。創業者が「女性」ということもあり、女性に対するフォローが手厚く、「働きやすい」と評判の派遣会社です。

こちらもおすすめ。パソナ派遣

【公式サイト】https://www.pasona.co.jp/
求人数 ★★★★☆
地域 全国
福利厚生 ★★★★☆
営業マンの対応 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆
高時給で交通費も全額支給!東京/大手町にはパソナファミリー保育園もあり、出産後の施設も完備されているため、最近話題になっている「待機児童問題」を根本から解消。他にも家事代行サービスやベネフィット・ワン育児ステーションを割引価格で利用できます。 まずは無料でMYPAGEを作成し、どんな仕事があるのか見てみるだけでも損はありません!

目的から派遣会社を探す