派遣社員の転職活動~「企業研究」のやり方と目的

みなみ
よし!自己分析が終わった!これで自分が何を求めているのか分かったので、行動するのみですね!
れいか
自己分析も大切だけど、本当に重要なのは「企業研究」よ。派遣で散々思い知ったでしょ?正社員として長く勤めるには、その会社についてよく調べないと。
酒井先生
新卒の就職活動も含め、転職活動で最も重要なのは「企業研究」です。自己分析の方が「就活してる感」が出るため、根拠のない自信が溢れ出るのですが、それは多くの場合自己満足で終わります。焦って職探しに取り組んだとしても、会社について何も知らない人材を企業が欲しいとは思いません。

企業研究は最も重要!派遣社員故のメリットを活かす

自己分析が終わり、自分が企業に求めているものが見えてくると、どうしても早く具体的な転職活動がしたくなりますよね。

転職活動に対してポジティブな気持ちになるのは素晴らしいことなのですが、まだ焦ってはいけません。自分を知る「自己分析」をした後は、企業について知る「企業研究」をおこなう必要があります。

企業研究をおこなうことは、転職活動をおこなっていくうえで次のようなメリットをもたらしてくれます。

志望企業がミスマッチでないか確認できる

自己分析をおこなう理由の一つに「ミスマッチを未然に防げる」というものがあります。実は自己分析だけでは「理想の転職先の条件」が分かるだけであり、具体的にそれがどこなのか分かりません。

企業研究をおこなうことで、自分の志望企業が、本当に理想の転職先の条件に当てはまっているのか確認することができます。派遣社員として多くの職場を見てきたあなたなら、より具体的に理想的な会社を考えることができるのではないでしょうか?

例えば、東証一部の大企業としても派遣社員をぞんざいに扱う会社や、「派遣さん」と派遣社員を名前で呼ばないような部署が存在する会社にはたとえ正社員としてでも行きたくありませんよね。企業研究とは、表面上のデータだけでなく、実際に働く人の声を集め、その実態を確かめることなのです。

企業に合った志望動機を用意できる

自己分析だけで構成した志望動機が、すべての企業に通用するとは限りません。むしろ、志望動機は各企業によって分けなければいけません

採用担当は、転職希望の派遣社員に対して「なぜうちの会社を選んだのだろう」、「ただ正社員になりたいだけではないのか」というようなことを思いながら面接をしています。逆に言えば、その疑念さえ吹き飛ばすことができれば、派遣社員から正社員の転職は簡単にできます。

採用担当をアッと言わせるには企業に基づいた志望動機を伝えるのが1番です。ただし、転職サイトや企業のホームページを斜め読みしたような志望動機では逆効果になるため、企業研究が必要になるのです。

酒井先生
派遣社員というあなたの「職歴」を最大限に活かし、派遣社員を経験したから分かること、派遣社員の経験を活かせる会社、という視点で企業研究を進めましょう。それでは具体的な企業研究のやり方について説明します。

企業研究ってどうやるの?

企業ごとの特徴を調べる、四季報や業界地図を読む

同じ商品を取り扱う企業でも、各企業によって目指している方向性や価値観が違います。自分の希望する業界に転職できても、商品に対する価値観が合わなければ働くのは苦痛です。

例えば、化粧品業界に興味がある場合、あなたが今まで一度も使ったことがないメーカーを目指すより、何度か使ったことがある・特徴や利点を話すことができるメーカーの方が、働いていても楽しいでしょうし、志望動機としても面接で話しやすくなります。

また、企業によって女性の働きやすさ・職場環境はハッキリとその違いが出るので、志望企業で働く女性社員のキャリアプラン例は必ず調べておかなければいけません。キャリアプラン例がない場合は、女性管理職が登用された実績があるか必ず調べましょう。その他具体的に見るべき点は以下のようなものが挙げられます。

  • 女性社員の平均勤続年数
  • 有給消化平均年数
  • 3年後の離職率
  • 平均年収
  • 新卒入社数と男女比、総合職・一般職の割合と男女比
  • 従業員数とその男女比
  • 女性社員の平均年齢
  • 「男性」の育休取得者数

これらの項目は女性の働きやすさを図る上で重要なポイントとなります。

なお、以上の情報は全て「就職四季報女子版」に主要5000社分記載されています。中には「NA(ノーアンサー)」として情報公開していない会社もありますが、それも見どころです。「なぜこの会社はNAなのか?」「どうして公開できないのか?」ということも読み解くことができます。

転職フェア(会社説明会・合同説明会)に積極的に参加する

企業を知るには、そこで働く社員の生の声を聞くのが1番良い方法です。しかし派遣社員は就活生と違い、OB・OG訪問、インターンシップをおこなうのは難しいですよね。

そのため、転職サイトや転職エージェントの主催する転職フェア・合同説明会には、積極的に足を運ぶようにしましょう。仮に志望企業の出展がなくても、同業他社の社員から業界についての話を聞くことができます。

転職者対象ということで、土日や祝日に開催されるものが多く派遣社員であっても参加することができます

新聞やニュースに目を通す

常に新鮮な情報を手に入れるには、新聞やニュースを活用しましょう。

企業研究におすすめの媒体は日経電子版です。日経電子版では、月額4,200円で日本経済新聞がスマートフォンで読めるだけではなく、自分の知りたい企業の記事を自動でスクラップして保存しておいてくれる「Myニュース」という機能があります。

面接を受ける企業の記事を保存しておけば、企業研究に役立つだけではなく、面接前に見直すこともできるのでとても便利です。

転職エージェントに登録すれば最も旬な情報が得られる

転職活動が終わるまで、企業研究にも終わりはありません。この世の企業に、前日と同じ状態の企業は存在しなく、日を追うごとに変化を続けます。

そんな中、常に旬の情報が提供できるのが転職エージェントです。転職エージェントは仕事の関係上、常に業界や企業の細かい情報にまで精通している必要があります。また、転職希望者を企業に推薦する上で、企業がどんな人材を求めているか把握していなければいけません。転職エージェントに登録すれば、そのような情報が無料で提供してもらえます。

特に派遣社員は、多くの職場で働き「実態面」の嗅覚には冴えているはずです。しかし企業研究と聞くと何か難しい印象があったり、具体的な進め方については戸惑うことも多いと思います。転職エージェントはここまで解説したことを全てサポートしてくれるため、正直のところ「使わない理由」がありません。

派遣としての契約も残っている方が多いでしょうし、働きながら転職活動を進めていく場合は必ず登録するようにしましょう。

派遣から正社員を目指す 強み・特徴

転職のDODA
・人材会社最大手パーソルグループ
・派遣で働きながらエージェントに全てを代行できる
・転職先の内部情報を豊富に抱えている

目的から派遣会社を探す