派遣社員の転職活動~思わず採用したくなる「自己PR」の書き方

みなみ
れいかさんの自己PRを見ると、凄いかっこいいことがたくさん書いてありますけど、平凡な実力しかない私が使っても大丈夫でしょうか?
れいか
選考に通らない書類には何にも意味がないのよ。自己PRを多少オーバーに書いたところで採用担当は気にしないし、むしろ「この子はそこまでしてこの会社に入りたいのか!」って思うかもしれないじゃない。
酒井先生
その意見も一理ありますね。採用担当が魅力的だと思わない書類を何枚書いても、何の意味もありません。しかし、きれいごとばかり連ねてある書類が採用担当の目に留まることもありませんよ。特に派遣社員の転職活動においては、謙虚さや誠実さをアピールした自己PRの方が評価されやすくなります。

自己PRはテンプレートでもいいの?

履歴書や職務経歴書を書く際に、自己PRを考えるのはとても難しいです。文字通り、「自分を売り込む」わけですから、悪いことは書けないし、生半可な気持ちで書くわけにはいきません。

企業の求めるニーズを完璧に満たしているテンプレートを使って自己PRを作る人がいますが、それでは書類選考は通りません。

テンプレートや転職本を見ていると「もう見飽きたな」「前にも同じようなものを見たな」と思うことはありませんか?実は、採用担当も見飽きています。採用担当は年間を通して採用活動をしているので、あなたの何倍以上も履歴書や職務経歴書を見ているのです。

それでは、採用担当が見飽きていない「書類選考を合格できる」自己PRについて、ご紹介します。

採用担当は自己PRの何を見ているの?

採用担当は転職者の自己PRに対して、コミュニケーション能力や主体性といった精神的なアドバンテージの説明を期待しているわけではありません。正社員・派遣社員関係なく、そんなものは社会人を経験しているなら持っていて当たり前だからです。

採用担当が転職者の自己PRに求めているのは「自社のニーズを捉えられるような、転職者と企業の接点」、つまりミスマッチが起こらない人材です。

例えば一般的に派遣社員の転職が難しいと言われる理由は、「派遣社員だから」という就業状況を問題としているわけではなく、派遣社員としてあなたが積んできた経験が企業で活かされない、と踏んでいるからです。

逆に、スキルやノウハウではなく、人手・人工を必要としている会社であれば、学歴・職歴不問で採用されます。新卒の就職活動よりも、転職活動において「企業研究」が重視されるポイントはここにあるのです。

ですから派遣社員であっても、多くの経験を資格を保有している場合は、企業との接点が増え、採用可能性が高くなるという理屈です。

失敗例でよく見かけるのが、「全く新しいことにチャレンジしたい!」という方です。言葉の響きは最高ですが、企業にとっては最も必要としていない人材です。

「今までこういう仕事をしてきたから、うちの会社でも彼女はやっていけそうだ」と採用担当が思うような経験や、「今ちょうどこの資格を持っている人を探していたんだよ」となるようなスキルさえ書いてあれば、たった一文であっても書類選考は通ります

書類選考に通りやすい履歴書の作り方

履歴書や職務経歴書において大事なのは、採用担当が最後まで読んでくれるように作ることです。そのために気を付けるべき点がいくつかあります。

「評論文」を書かない

自己PRで絶対にやってはいけないことは、評論文形式で書くことです。

仮にその評論が的を得ていたとしても「いやいや、業界の専門家である私たちに語られても…」となってしまいます。難しい言葉を使って説明するのではなく、自分の体験から感じたことを伝えるようにしましょう。

「活かす」を使う

「私は〇〇に自信があります」と書くよりも「私の〇〇というスキルは、御社の~という分野に活かせると思います。」と書いた方が、より仕事内容について具体的で想像しやすいため、採用担当に好まれます。

1つの企業における勤務期間が短い派遣社員は「合計年数」を書く

派遣社員は正社員と違い、様々な企業を転々とするため、勤続年数が短くなってしまいます。しかし、同じ業界や業種の中で鞍替えしているのであれば、デメリットにはなりません。

自己PRや職歴に「〇〇について何年経験」と記入すれば、「同じ業界をこんなに経験しているのであれば、十分なスキルは身についているだろう」という評価を得ることができるので、メリットにすることができます。

過大な表現はしない

採用担当は、職務経歴書に書いた自己PRを再度面接で聞くことで、転職者が嘘をついていないか証拠探しをしています

確かに自己PR通りスキルや経験が十分であれば、企業側にとっても越したことはないのですが、テンプレートがネットに蔓延している以上は信用しきっているわけではありません。

できないことをできると言っても、入社後できないことが発覚すれば、経歴詐称として懲戒解雇になる場合もあります。提出書類は、嘘偽りなく記入して提出するようにしましょう。

感情は入れ過ぎない

自己PRで、感情に訴えかけるような文章を書く人がいますが、それは逆効果です。もちろん働きたい姿勢や気持ちを書くことはよいことですが、それに重きを置いてしまうと文章が暑苦しくなってしまいます。

例えばこれは面接時は有効です。なぜなら同じ温度感の中にいるからです。履歴書や職務経歴書を読んでいる採用担当はあなたと同じ温度を共有しておらず非常に冷めています。

自身の感情を表現したいのであれば、最後にサラッと書きましょう。

派遣社員の自己PR記入例

以上の点を踏まえて、自己PRの悪い例と良い例を作成しました。

派遣社員の自己PR:悪い例
少子高齢化に伴い、介護業界では職員が増加したとはいえ、いまだその数は足りていないと言われています。また、介護が必要な人々への暴行という痛ましい事件が立て続けにおきているこの現状を、私はほっておくことができません。私は、期間ごとに上司の変わる派遣社員生活で身に着けたコミュニケーション能力と主体性、大学生時代にマラソンで身に着けた体力と精神力に自信があります。今まで培ったものをすべて発揮すれば、老人ホームを利用する人々全員を笑顔に変えることができると思います。
派遣社員の自己PR:良い例
私は派遣社員として、接客業に5年間勤務しておりました。私が接客業を5年間続けた結果身についたものは「一度見たら忘れられない笑顔を保つ」ということです。実際にリピーターの方から笑顔について褒められることがモチベーションの維持につながり、どんなにモチベーションが下がっていても、お客様の前に出ると自然と笑顔になることができるようになりました。そんな中私が介護業界に転職しようと考えたのは、業界研究を進めていく上で、介護業界で得られるやりがいに共感したことと、私が接客業で身に着けたホスピタリティは介護業界でも活かせるのではないかと考えたからです。私と関わる高齢者に少しでも笑顔になってもらえるよう、介護業界で私のスキルを活かしたいです。

特に見てほしいことは転職エージェントにすすめてもらう

転職エージェントは企業に転職者を推薦するときに、推薦状を書きます。転職エージェントに「私の〇〇を売り込んでください」とお願いすれば、その通りに推薦状に記入してくれるため、自己PR効果が2倍になります。

また、メールなどで履歴書・職務経歴書を送る際は、送付状も添付するようにしましょう。送付状に「私は〇〇に自信があります。自己PRに詳細を記入したので、是非読んでください」と記入しておけば、自己PRが読まれない状況を減らすことができます。

文章は読んでもらってなんぼです。送り方にも工夫をして、書類選考を勝ち抜きましょう。

派遣社員の転職活動~「企業研究」のやり方と目的

2017.10.29

目的から派遣会社を探す