派遣契約途中で転職するなら絶対知るべきこと|途中解約のリスクとは

みなみ
派遣社員として転職活動をするということは、転職先が決まったら契約途中でも派遣先への辞意を伝えなければなりませんよね。契約期間に合わせてうまく転職することは現実的には難しい気がします。
酒井先生
派遣社員は無期雇用派遣でない限り、派遣先との労働契約を都度結び直します。つまり、派遣期間中に他社への正社員を目指すということは、一般的な転職活動と同じです。派遣の契約は長くて半年から1年、一般的には3ヶ月毎の契約になりますから、転職先には残りの契約期間があることを伝えれば問題ありません。

派遣契約途中で転職するなら絶対知るべきこと

原則的に正当な理由なしの契約破棄は難しい

転職先が決まるということは、おのずと今働いている会社を辞めるということになります。派遣で言うならば、「派遣契約」を途中で破棄することになりますが、派遣の世界において契約破棄は珍しい案件ではありません。

例えばこれを正社員の例で表すと、会社との労働契約(無期契約)を破棄して転職しているのですから(場合によっては就業中に面接を受ける者もいます)、派遣においても十分考えられることなのです。

ただ、派遣の場合は転職に際し正当な理由がなくては「君とは結んでいる契約があるから」というのを盾に、退職を認めてもらえないケースがあります。そのため、派遣の世界における契約破棄にはバックレなども多いのが現実です。

契約期間を途中で破棄しても損害賠償や違約金は請求されない

会社(使用者)は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

労働基準法第16条

労働基準法第16条により、派遣契約途中で辞めただけでは損害賠償や違約金の請求はできないこととなっています。つまり、労働契約を結ぶときに違約金を払う約束自体してはいけないということです。

損害賠償や違約金を請求されるのは、情報漏洩など故意に企業へ損害をもたらしたときです。損害賠償や違約金を盾に辞めることを拒否されても、こちらが従う必要はありません。

辞める度に損害賠償や違約金を請求されていては、怖くて派遣として働くことができません。また実態としては1/3以上の方が契約期間中いわゆる「バックレ」「音信不通」として連絡を取れなくなってしまいます。

派遣をドタキャン・バックレしたらどうなりますか?

2017.01.06

派遣会社からの印象は悪くなる

当たり前ですが、派遣契約途中で辞めるとなれば、派遣会社からの印象は悪くなります。きちんと説明せずに派遣契約途中で辞めてしまえば、登録していた派遣会社でブラックリスト入りしてしまうかもしれません。

転職をするので派遣先から干されようがどうでもいい、と考えるかもしれません。しかし仮に転職してもうまく転職先に馴染めず、もう一度派遣社員として働きたいと思って同じ派遣会社に登録しても、以前のように仕事を紹介して貰えないです。違う派遣会社を探さなければいけません。

転職先を待たせないようにする

しかし、最も大事なことは転職先に迷惑をかけないということです。企業が転職採用をおこなっているのは「即戦力」が欲しいからです。正社員採用ならなおさらです。

転職先から「◯◯までに辞めてくれ」と言われたら、いかなる状況でも派遣社員を辞めなければいけません。一般常識的に、2ヶ月以上相手(転職先)を待たせることはできません。転職先も、「派遣社員だから明日からでも働いてくれるだろう」という心持ちのはずです。

常識的な許容範囲は1ヶ月、長くても2ヶ月以内で話を進めましょう。それ以上になると転職の話自体がなくなってしまう可能性もあります。

場合によってはばれないウソをつくのも手

もし転職先が正社員の場合、バレないというのが大前提ですがウソをついて契約破棄をしてしまうのも一つの手です。

というのも派遣社員と正社員を比較した場合、あなたの将来の人生や生活においてメリットがあるのは間違いなく正社員です。

そのため、正社員として採用が決まったものの、契約満了まではまだ数ヶ月もある、あるいは1日でも早く辞めたいという状況の場合は契約破棄をした方が自分のためになります。

たとえば両親に不幸があり急に実家に戻らなくてはいけなくなった…と言えば派遣会社も無理やり働かせようとはしないでしょう。

ただウソをつく以上は全て自己責任です。バレれば間違いなく厄介なことになりますし、人によってはウソに対し罪悪感があるでしょう。そのため当サイトではこの方法は推奨はしませんが、一つの手として頭の片隅には留めておいて下さい。

派遣を契約途中でも即日辞める10の方法と理由|注意点も紹介

2021.05.14

補足:紹介予定派遣なら転職活動せずに正社員を目指すことができる

派遣の雇用形態の中には、転職活動をせずとも正社員を目指せる方法があります。直接雇用を前提にした紹介予定派遣です。

紹介予定派遣であれば、派遣期間で企業の実態をつかむことができるので、企業とのミスマッチを防ぐことができます。また、派遣契約途中で辞めることなく正社員を目指せるという点から「派遣先へいつ辞めることを伝えようか」というジレンマから解放されます。

正社員になれる!紹介予定派遣におすすめの派遣会社ランキングBEST5

2021.03.25

紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣の一番のデメリットは、正社員を目指すために時間がかかるということです。紹介予定派遣は最大6ヶ月間の派遣期間を経て、企業が採用・不採用を判断するため、6ヶ月働かせるだけ働かせ「はい、不採用」ということも実例としてはあります。

やっていることは「6ヶ月に渡る選考」であるため、余程その企業への思い入れが強くないと、その6ヶ月間をまるまる棒に振ってしまうことも考えられるのです。

面接が苦手な方や具体的にどう動いていいか分からない方には紹介予定派遣はおすすめですが、その6ヶ月間は1社しか見ることができません。また実態は転職活動と同義であり、仮に上司から残業の申し出や飲み会、会社の行事に誘われたら、「断れば採用に関わるかもしれない」と仕事中は常に気が抜けなくなります。

契約途中で転職するなら転職エージェントを活用するのもおすすめ

もし契約途中で転職をしたいけど、まだ正社員の内定は貰っていない…のであれば転職エージェントを利用した転職活動をすることで早ければ1ヵ月で正社員として働き始めることができます。

また、「正社員として働きたい」という意思を明確にエージェントへ伝えることで、ミスマッチも起こらなくなります。

転職エージェントはキャリアプランの相談、面接対策、自分に合った求人の紹介など、転職活動でやらなければいけないことすべてを無料で対応してくれます。

紹介予定派遣と違って正社員採用は気軽

紹介予定派遣は努力次第で正社員になれる保証が手に入りますが、選考扱いの派遣期間も想像以上に気を使うことになります。正社員になるために気を使い過ぎた結果、仕事をするのが嫌になるかもしれません。

また、紹介予定派遣だと「この企業では正社員になりたくないなぁ」と思っても派遣期間中は続けないといけませんが、転職エージェントであれば、途中で転職先に求めるものが変わっても気軽に動くことができます

何も考えずにどちらかに飛び込むのではなく、より自分に合う転職方法を考えてから動くようにしましょう。

転職エージェントのカウンセリングは派遣社員でも受けられるの?

2017.10.25

目的から派遣会社を探す