派遣社員でも部署異動できる?契約期間中の異動は労基違反

みなみ
仕事は楽しいし、会社の人とも仲良くなってきましたが、一部の方と人間関係がうまくいきません。例えば派遣社員が部署異動を希望することはできるんでしょうか?
酒井先生
派遣先とみなみさん(派遣社員)が双方合意の上であれば可能です。派遣は契約の際に仕事内容や就業場所について細かく規則を決めているため、派遣先の都合で勝手に部署異動する場合は契約違反になりますが、派遣社員がそれを望み派遣先も合意したのであれば部署異動が可能です。

派遣社員が部署異動するまでの流れ

ido

原則、派遣社員が派遣先内で部署異動することはありません。派遣社員が派遣先に勤める際、契約書に仕事内容や就業先の上司に当たる人間について記してあり、部署異動するとこの内容に相違が起こるため、部署異動はできない(させない)ようになっています。

部署異動が自由にできてしまうと、当時の募集の内容と、実際の就業内容が異なる事態になり(釣り案件として使われてしまう)、派遣社員にかかるリスクが大きくなってしまいます。この契約は派遣社員を守るためにあり、契約外の仕事を会社都合で押し付けられないようにするためです。しかし、派遣社員と派遣先が双方合意の上であれば派遣先で部署異動が可能となります。

派遣社員の部署異動が可能な条件

部署異動を可能にするためには以下2つを全て満たしていることが条件となります。

  1. 派遣先と派遣社員の双方が合意していること
    派遣先の都合でなく、派遣社員発信で、かつそれを「双方が」望んだときに部署異動が可能になります。
  2. 契約期間が満了していること
    派遣は原則的に「日雇い派遣」が禁止です。そして派遣期間は原則一ヶ月以上(31日以上)と決められているため、その契約期間を待たずに部署異動(契約を切る)することはできません。部署が変わるということは、仕事内容や上司が変わることになるため、それが記載された契約書類を改めて結び直す必要があります。

「①」をクリアすることは容易ですが、実態面で見ると「②」が難しいです。契約期間終了を待たずに“今すぐ”部署異動することはできないからです。

今すぐ部署異動したい場合
就業してすぐに部署異動することができないわけではありません。その方法とは、派遣会社・派遣先・派遣社員が口裏を合わせ契約書を書き直すという方法です。もちろん完全なる労働基準法違反ですが、現場(大手・中小問わず)においては往々にして行われている実態があります。この方法をあなたに推奨しているのではなく、現場の実態、人材派遣業界の闇をお伝えする上で重要な情報です。

部署異動すると何が変わる?

  • 抵触日が変更
    契約を新たに結び直すため、抵触日が変更になります。
  • 就業先の部署が変更
    部署異動なので当たり前のことですが、就業先の部署が変わります。契約内容には派遣先を部署単位まで細かく記す必要があるため(◯◯株式会社✕✕部△△課)、例え隣の課に異動することになっても契約内容を変更する必要があります。
  • 派遣先の指揮命令者が変更
    部署が変わるため、派遣社員であるあなたを指示をする人も変更となります。異動前と同じ指揮命令者では契約を結び直すことができません。
  • 仕事内容が変更
    部署異動で仕事内容も再度変更します。同じ事務作業であっても部署・課に合わせて内容を変更する必要があります。
部署異動の手続きであなたがすること
派遣会社や派遣先の事務手続きはたくさんありますが、派遣社員であるあなたがすることは新しい契約書にサインをするだけです。契約内容の仕事内容・派遣先・指揮命令者・抵触日を確認し、間違いなければサインをします。時給の変更がある場合は前もって派遣社員に連絡があります。時給面や福利厚生の変更なども含めて「双方の合意」があったとき初めて、部署異動が成立します。

指揮命令者・派遣先責任者(上司)の定義と対象者

2017.04.25

会社都合で部署異動されることはない

派遣社員は正社員のように会社都合で部署異動することはありません。契約書はこういった理不尽なケースを守るために存在します。時給だけでなく、仕事内容・残業代の支給額について細かく記載されていて、間に派遣会社を挟んでいることで正社員のように「形だけ」の契約書にもなりません。

契約書の内容を理解しておくことも、これから派遣社員として働くあなたにとって必要な知識になってきます。派遣契約書には一度全て目を通し、わからないことがあれば営業担当に気軽に質問してみましょう。

目的から派遣会社を探す