派遣社員とアルバイトの違いについて分かりやすく教えて

みなみ
派遣社員とアルバイトの違いって結局よくわらなくて。どっちで働いた方が将来的に良いのかな?
れいか
アルバイトは仕事先から給料が貰えるけど、派遣社員は仕事先じゃなくて、派遣会社から給料が貰えるのよ。それに社会経験を積みたいなら、派遣社員の方が良いように思えるわ。より実践的な実務に触れることができるわよ。
酒井先生
最大の違いは、雇用主が仕事先ではないのが派遣社員です。もちろんアルバイトと派遣社員では、給与だけでなく、他にも違いがあるのでこの際に確認しておきましょう。

派遣社員の雇用主は派遣会社!アルバイトとの違いを詳しく解説

派遣社員とアルバイトとの違いは、仕事先が雇用主かどうかです。アルバイトでは、仕事している先が雇用主となり、その仕事に関してもそこの利益に準じて仕事を行います。一方、派遣社員は派遣会社で雇用されているものの、仕事する場や仕事内容が人それぞれ異なります。

派遣会社は仕事を紹介して、派遣先が見つかったところで、派遣社員と期限付きで労働契約を結びます。期限付きの派遣社員に比べて、アルバイトには期限の定めがなく、無期限で働かせることができます。

表で見る派遣社員とアルバイトの違い

派遣社員 アルバイト
仕事先 派遣先によって異なる 雇用される方全員がアルバイト先
就業期間 最長3年 無期限
時給 高い
※時給1000円~3000円以上
低い
※東京都の平均時給1042円
福利厚生
  • 社会保険
  • 有給休暇
  • 産休/育休
  • 交通費(派遣先による)
  •  交通費支給(バイト先による)

※その他の福利厚生に関しては、労働状況に応じて支給。

正社員への可能性 有(紹介予定派遣

時給の差が最も顕著に現れます。最も時給が高いと言われる東京で働くアルバイトの平均時給でも派遣社員に劣ります。無期限で働ける点では、アルバイトの方が安定して稼げるかもしれませんが、結局時給が上がらず、ずっとこの平均時給で暮らしていかざるを得ません。

派遣社員は経験を積んでいくうちに時給も上がり、正社員以上の年収を貰っている方も多いです。

派遣社員の求人時給相場・残業・スキル・資格の早見一覧表

長期で働くならアルバイトより派遣社員の方が得

1年以上の長期で働く場合は、アルバイトより派遣社員の方が優遇されています。派遣社員で働くと、雇用主は派遣会社になるため、正社員と同様にその派遣会社の福利厚生の恩恵を受けられます。

また派遣社員として1年以上働くと、年1回の健康診断を受ける権利を得られます。その費用に関しても派遣会社から支給されます。

アルバイトだと一生アルバイトのまま

アルバイトでは法律上、直接雇用しているため、無期限でアルバイトのまま働かせることができます。法律では、正社員投与することが定められていません。

しかし派遣社員は最長3年と、派遣できる期限が決まっています。その後の仕事先を見つけることや、それ以上派遣する場合、派遣先もしくは派遣会社で直接雇用することを、法律で義務付けられています。

紹介予定派遣ならすぐ直接雇用に切り替わる

紹介予定派遣は、直接雇用を前提にした派遣のことを言います。派遣先は最低でも6ヶ月以内に、派遣社員を直接雇用するか決めないといけません。そのため、期限のある他の派遣社員とは違い、早ければ2~3ヶ月以内に派遣先で直接雇用されることもあります。

【紹介予定派遣】派遣から正社員を目指す・なる方法

社会経験を積みたいなら派遣社員

アルバイトでも、会社で働く仕事もありますが、圧倒的に求人数が少ないです。また働けても、社会経験とはいえない仕事が多いのも現状です。しかし派遣では未経験から始められる事務や、経験を積み大手企業で働くこともできます。

もし正社員を目指すのであれば、紹介予定派遣で遅くても半年以内で正社員になれます。「期限の定めがある」という点を懸念する方も多いと思いますが、派遣社員は正社員への近道であり、逆に期間の定めを利用して、自由に働くこともできます。

初心者におすすめの派遣会社 強み・特徴

テンプスタッフ
福利厚生が充実
・業界最大手
・未経験可案件が豊富

リクルートスタッフィング
未経験可の案件が豊富
・スキルアップ、研修制度が充実
・リクルートブランド

目的から派遣会社を探す