SE派遣って時給換算するとどれくらい?フリーランスとどっちが儲かる?

みなみ
酒井先生、派遣の中で一番時給が高いお仕事って何ですか?
酒井先生
それは何と言ってもSE(システムエンジニア)ですね。専門知識・技術力が求められるので、みなみさんには難しいかもしれませんが、派遣案件の最高峰とも言えます。求められることも実際の仕事も非常にハードですが、それに見合った時給を受け取ることができます。最低でも2000円以上、プロジェクトによっては10000円以上の時給が与えられることもあります。

SE派遣の実態

se

時給が魅力的で完全実力社会のシステムエンジニア派遣ですが、正社員との対立や不遇な扱いを受けることはSEの世界でも起こります。しかしSE界における全ての派遣社員が憂き目にあっているかというと、そんなことはありません。派遣といえども重宝されるエンジニアもおり、どこの企業にも属さず派遣として案件と時給で仕事の依頼を受けるブラックジャックのような方もいらっしゃいます。そうしたスーパーSEの方には時給3000円~10000円が提示され、特別な仕事を依頼されます。

SEにはどんなスキルが必要?

SEに必要なスキルは2つです。まずはある程度の技術力。特に連携を意識した技術力を身につけることが必要です。そしてコミュニケーション能力

システムエンジニアの経験が浅い人にありがちなのは、一人ではできるけどチーム向きのコーディングができないという方です。基本的にIT技術の開発は連携が命なので、ここをおろそかにすると評価が下がります。あらかじめ職業訓練を受けるか、素直に上司などに相談するといった姿勢が必要となります。

また社会人として基本的なマナーやコミュニケーションができるだけで、技術的な不足は補えるというぐらい重要です。会社としても技術力が高くてもコミュニケーションが全く取れないエンジニアは容赦なく契約を切っていきます。技術の世界では人付き合いが必要ないと思われがちですが、結局何かを作り上げるためには自分一人ではできないのでコミュニケーションが最も重要になります。

またSE界にはそうした方が集まるのか、割合としても多いため、人を常に入れ替えられる派遣を採用しているようです。

SE派遣のメリット・デメリット

SE派遣の魅力は何と言っても時給が高いこと。会社にいながらSEをやっている方は能力があるほど損をする傾向にあり、賢い方は派遣やフリーランスとして働く道を選びます。

ただ、フリーランスとなると自分で仕事を見つけてこなくてはならないのでその分手間になり、フリーとして生きると色々なお金を搾取されるため思いのほか稼げない実態があります。しかし派遣会社に属し派遣社員として生きることで、フリーほど大きく稼げるチャンスはなくなりますが、継続的かつ高時給で仕事を依頼される安心感と、好きなときに働くことができるというライフワークバランスの充実を得ることができます。

SE派遣のメリット

派遣契約は基本的に完成責任を負いません。従って、最悪納期に間に合わせることができなくても契約上問題ないのです。責任的な重圧は一括契約に比べたら各段に軽く、おまけに正社員よりも時給が高いということになります。ただし、あくまで派遣の身分なのでコミュニケーションが取れなかったり、納期が関係ないといってもその空気を醸し出しチームプレーを乱す場合は、その時点で契約解除になってしまいます。いわゆる派遣切りのように、契約の期限を待たず切られることもあります。

SE派遣のデメリット

一番のデメリットは責任ある立場になかなか付かせてもらえないことです。派遣といった契約の性質上責任をとることができないため、見積りや客折衝等のPMとしての役割などをなかなか任せてもらえません。そのため、自分自身のスキルアップの妨げになることが多いです。一生プログラマーで良いという場合はいいでしょうが、システムエンジニアとしての経験を積みたいという方にはなかなかチャンスがもらえない可能性があります。ただし、チャンスがまったくないわけではなく本人の努力次第で客先の信頼を勝ち得ることができればそのような役割を任される可能性も十分にありえます。その為には常に全力で取り組む姿勢が重要だと思います。