派遣の総務人事事務の仕事内容~時給・残業の実態

みなみ
人事の仕事って憧れますよね。新卒の採用とか、お給料のこととか、会社の裏側を知れる感じ。
れいか
意外と人事の仕事って大変なのよ。それに派遣に任される仕事って、イメージとは違って雑務ばっかりなんじゃないかしら?
酒井先生
人事はプライバシーや会社の機密事項を扱うため、派遣社員に任される仕事は雑務が中心です。しかし人事や経理など管理部門をアウトソーシングする流れになっているため、派遣先によって責任ある仕事も任されるところもあります。人事は派遣の中でも高時給案件として知られているので、人事や事務経験がある方はチャレンジしてみて下さい。

派遣の総務・人事のお仕事

jinji

総務人事の仕事は、採用後の社員の給与や各種保険関連の書類整理といった庶務業務が中心です。華やかに見える会社説明会でのスピーチなどもありますが、派遣社員に任される仕事は裏方業務が主になります。

総務人事事務の仕事内容

  • 電話対応・メール対応
    人事は会社の「顔」であるため、代表電話を取り次ぐことになります。人材業界からの営業電話や、採用予定者・新卒応募者からの電話など様々な方からかかってきます。従って、派遣先となる会社についてしっかり理解しておかないと対応には苦労します。
  • 書類整理
    在職者・採用予定者・採用応募者・退職者・顧客など、個人情報を多く抱える業務なので非常に責任が重い仕事です。
  • セミナーや会社説明会のアシスタント
    新入社員に向けた会社説明会は人事としての一大イベントです。就活生としても大事なイベントですが、会社としても毎年にかける費用は多大なもの。会場予約やセミナー資料・プレゼン作成(パワーポイントで作成)といったことを行います。
  • 採用HPの修正や依頼
    自社のHPの修正も人事で行うこともあります。採用条件や採用スケジュールを修正したり、広告会社に依頼することもあります。

「人事」は花形のお仕事ではありますが、「総務」というのは「それ以外全部の仕事」という意味です。電球交換・備品発注・社内イベントの企画・清掃など、「これって私がやる仕事なの??」と疑問に感じることもやらなければいけません。

就業前にドラマ「ショムニ」を見ておくとイメージがわくかもしれません(庶務=総務は同義)。また、給与・賞与・昇格・異動など、社内においても内々の機密情報について派遣社員に任されることはあまりありません。

給与以外に社会保険や交通費など法律・数字に関して抵抗が無い方でないと苦労するかもしれません。会社によっては人事・経理・税務・法務を一括して「総務」としているところも少なくありませんので幅広い知識を身に付けておきましょう。

時給・残業

時給は1000円~2000円程度。事務案件の中でも高時給が望める仕事として知られています。社労士資格をもっていれば2000円以上の時給で優遇されたりすることもあります。保険関係の仕事は簡単な事務手続きであっても分からない方には全く分からない専門分野なので、派遣社員を求めている会社が増えています。

残業は任される仕事によって変動します。例えば給与関係を任されている方であれば、年末年始や給与振り込み前1週間は締めと重なり残業が増えます。それでも1ヶ月に均すと5~20時間程度。スポット的な残業があることだけ覚えておきましょう。

人事は人のために考え会社のために採用する

共に働く仲間を採用・管理していく人事の仕事は会社にとってはなくてはならない存在で、男女問わず人気が高いです。確かに直接採用に関わったり、プライバシーに踏み込んだ責任ある仕事が任されることは少ないかもしれませんが、あなたの一つひとつの業務がそれに関わっていることは覚えておきましょう。