派遣社員の彼女を両親へ紹介・説明する前に覚えておきたいこと

みなみ
もし彼氏の立場だったら、彼女が派遣社員や契約社員だった場合、それを恥ずかしいと思ったりするのでしょうか?彼氏の両親へ挨拶に行く際も不安で仕方ありません。
れいか
「そんなこと気にするな」って言えばきれいごとだけど、間違いなくそれを良しとしない人はいると思うわ。それが日本の実態のはず。
酒井先生
彼氏の親御さんが「結婚するかもしれないパートナーの今の仕事」について問うのは自然のことです。絶対に隠してはいけませんが、それも伝え方が重要となります。それをどう評価するかは人によりますが、少なくとも「派遣社員の彼女を歓迎したい」と考える親御さんは少数です。結婚してしまえば時間が解決してくれる問題ですが、最初の準備だけはしっかり行うようにしましょう。

派遣社員の彼女から説明させてはいけない

まず大前提として、「彼女が派遣社員である」ということについて、微塵も気にしないという親御さんは存在しません。それを不信に感じるというより「なぜ?」「どうして?」という考えの方が大半のはずです。彼氏も不安定な職であるならもしかしたら「もらってくれるだけ嬉しい」と考える方もいるかもしれませんが、正社員として働いている方のほうが安心するのは親として当然の心理です。

しかし、はじめての挨拶ではそれを“あえて”伝える必要はないでしょう。もしくは挨拶の前に彼女の情報を伝えておき、当日はその話題に触れないよう準備しておくのがベストです。また彼女の口から「派遣社員である」「派遣はこんなメリットがある」と説明させるのもやめましょう。また結婚を前提とした挨拶なら、段階を踏みながら複数回出向き、信用度を高めていくのがおすすめです。

雇用形態の説明
「派遣社員」であることを正確に彼氏の口から事前に伝えておきましょう。また、なぜ派遣の道を選んだのか「プラス」のイメージで伝えることが重要です。例えば「これまでアパレル職で働いていたが、事務経験を積むために転職せず派遣で働いている」など、具体的な将来のイメージがつかめる内容で伝えます。

就労先の説明
派遣会社ではなく「派遣先企業名」で伝えましょう。派遣についてよく理解していない方が多く、また派遣先企業名で伝えても間違いではなく親御さんも安心するからです。

綺麗事ではない雇用差別の現状

みなみ
同じような質問を友達や職場の方に話したら「そんな心配はいらないよ」「そう言われてもほうっておきなよ」と言われました。でもやっぱり気になるし、コンプレックスを感じます。
酒井先生
親御さんも表には出さなくても多少の心配は募ります。派遣は現代の働き方で最も注目されどんどん増えていますが、2008年に「派遣切り」が話題になった頃から特に親御さん世代はそれに対してマイナスの印象を抱いていることでしょう。
みなみ
ではどうすれば・・・。

彼女の親御さんではなく、彼氏の親御さんへの挨拶なので正直そこまで気にすることはありません。ここで重要なのは「なぜ?」その雇用形態を選んだのか、具体的な将来のイメージと根拠を伝えられるかということです。

親御さんにとっても、結婚を前提とした挨拶は「喜ばしい話」なわけなので、それをどうにか自分の中で腑に落ちる内容で整理したいと考えています。

それでもあなたが「なんとなく派遣の道を選んでしまった」「将来に対する具体的なイメージがない」「正社員やステップアップを全く考えていない」「就職活動が面倒くさかった」と、今の派遣で働いている現状をなんとも感じていない、言葉を選ばず言えば「なまけながら」派遣で働いているとあれば、それはあなたが悪いです。派遣はメリットがたくさんありますが、このように何も考えずとりあえず派遣社員のまま来てしまった人もおります。

それを今から変えるとなればそれこそ今から「転職活動をする」など多大なエネルギーが必要です。非常に無責任な結論となってしまいますが、インターネットの情報では解決できない問題です。ここでは「派遣社員」に対する世間的なリアル・実態をお伝えする目的でまとめました。

派遣から正社員を目指す 強み・特徴

転職のDODA
・人材会社最大手パーソルグループ
・派遣で働きながらエージェントに全てを代行できる
・転職先の内部情報を豊富に抱えている

目的から派遣会社を探す