“通る”履歴書・職務経歴書は手書き?パソコン?

みなみ
これから履歴書と職務経歴書を作成しようと思います。よーし、頑張るぞー!
酒井先生
お待ち下さい!転職活動においては履歴書も職務経歴書もパソコンで作成することをおすすめします。特に職務経歴書は転職活動独自の書類なので、初めて転職活動をする方が失敗しやすいポイントです。何度も書き直せるように手書きではなくパソコンを使いましょう。

履歴書と職務経歴書の書式にルールはない

転職活動において、自分の希望に合う転職先が決まれば早急に取り掛かりたいのが履歴書と職務経歴書の作成です。

職務経歴書は転職活動でしか使うことのない書類であり、初めて転職される方は履歴書と同じ用途で簡単にまとめてしまう方が多いのですが、それは非常にもったいないこと。職務経歴書の出来で選考のすべてが決まると言っても過言ではないのです。

そして転職初心者の方がついやってしまうのが、履歴書・職務経歴書を「手書き」で作成してしまうこと。実はこうした書類に書式のルールというのはありません。むしろ、ビジネスのシーンにおいて手書きの書類を企業に提出する機会のほうがまれですよね。なぜ転職においてのみ「手書き」の書類を提出するのでしょうか。

「字の書き方で人間味が伝わりやすい」などと言う方もいますが、そうした時代錯誤なことを言うのは日本人だけです。パソコンを使って作成した書類の方が間違いなく見やすいですし、字の癖もなく万人が読解可能です。よく考えればわかることですが、つい固定概念で「手書き」で書き始めてしまうのです。

履歴書は保管用の書類

履歴書は転職者の本人確認のために使用され、転職内定後は人事情報として保管する書類となります。

そして採用担当が書類選考の際に履歴書で見ている点は2つだけです。第一印象を確認するための顔写真と、職務経歴書だと分かりづらい職歴です。

つまり、字の上手い・下手、手書き・パソコンという書式に関しては見ていないのです。見ていないなら時間もかからずきれいなパソコンで書いた方が間違いなく良いですよね。

職務経歴書はデータで提出できる

履歴書は人事が顔写真付きの書類ベースで保管する資料になりますが、職務経歴書については「面接時」にのみ使用するものなので、紙でもデータでも構わないとされています。

採用担当と現場面接官との職務経歴書のやり取りにメールを使用する企業も多いため、そのような企業へ紙媒体の職務経歴書を送ってしまうと、採用担当はPDFファイルに変換してから共有しなければならないため不親切になってしまいます。

特に外資系・IT系・ベンチャー企業などは紙媒体での職務経歴書自体を受け付けていないこともありますので、職務経歴書はパソコンで作成しましょう。

またパソコンで作成すれば、自分の伝えたい項目の記入欄も自分でカスタマイズすることができます。

履歴書と職務経歴書の書く内容は違うの?

転職活動では、履歴書と職務経歴書は使用する用途が違うため、書く内容も違います。

転職で使う履歴書も決まった内容を書く

履歴書については、就職活動のときと書く内容は変わりません。履歴書の記入欄通りに書いていきましょう。趣味・特技の欄は志望動機を書くこともできますが、志望動機は職務経歴書の方で書きます。

企業から履歴書を指定されていない場合は市販されているJIS規格の履歴書を使用しましょう。

職務経歴書は採用担当が分かりやすいように書く

職務経歴書には、仕事にまつわる内容を記入していきます。

  1. 氏名
  2. 住所
  3. 職務経歴
  4. 職務内容・経験・実績・成果
  5. 転職先で活かせるスキル・資格
  6. 志望動機・希望職種
  7. 自己PR

繰り返しになりますが、職務経歴書は書類選考や面接の際に使うものです。職務経歴書の出来によって面接するかしないかが決まるため、今までの職場でどのような仕事を経験をしてきたか、スキルや資格を手に入れたか、経験やスキルをどう活かしていきたいかなど、採用担当が分かりやすいように記入しアピールしましょう。

みなみ
自分の伝えたいことをピンポイントで伝えるためにも、職務経歴書はパソコンで作ります!でも、自分で書式をイチから作るのって大変そう…

職務経歴書の書式に困ったら転職エージェント

職務経歴書には決まった書式がないため、自前で準備する必要があります。ネットで検索すれば、簡易なテンプレートが見つかりますが、その書式を使っても転職先の採用担当の目に留まる職務経歴書は作成できないかもしれません。

転職エージェントには各業界・職種ごとに多彩な書式データがあり、その中からあなたの行きたい転職先にあった職務経歴書の書式データを選んでくれます。職務経歴書や履歴書の添削もおこなってくれるので、書類選考に通る確率がグッと上がります。

酒井先生
履歴書は基本事項を簡潔に書き、職務経歴書は採用担当にアピールしたいことを細かく漏らさず書くようにしてください。困ったらすぐ転職エージェントに相談し、1人ではできない面接の対策に時間を避けるようにしておきましょう。

【転職者向け】逆質問の回答テンプレート集~「特にありません」では不採用!

2017.10.25

目的から派遣会社を探す