派遣社員の転職活動~いち早く内定をもらうにはどうすればいいの?

みなみ
派遣の仕事をしながらだと中々転職活動が進みません。面接にも今月は1回しか行けませんでした。1回の面接が本当に重要なのに、内定がもらえないままもう半年も経ってしまいました。
酒井先生
転職活動がしたいのに、仕事が忙しくて進められない。これによって失敗(不採用)が続くと不安になっていきますよね。しかし、転職活動に時間がかかるのはみなみさんだけではありません。転職活動している人の大半は、半年以上かけて転職を成功させています。面接の機会が少ないのであれば、少ないチャンスを活かせる工夫をしましょう。

転職先の内定がもらえなくても焦らない

一生懸命頑張っているはずなのに転職活動が思うように進まず、ただ時間だけが過ぎていくと不安を感じるようになっていきます。「私って何もできないのかもしれない」、「そもそも転職しようとしてること自体がいけないことなのかも」と、ネガティブな想像が頭の中から離れない人も多いのではないでしょうか。

中にはこの状況を打破するために適当に転職先を選んで、内定が出たら転職活動を終了させてしまおうと考えている人も多いかもしれません。

しかし、それでは転職活動をする意味がありません。転職活動は時間がかかって当たり前。転職を「早く終わらせる」必要は決してありませんし、焦る必要もありません。

転職にかかる平均期間は半年から1年

マイナビ転職が転職者に対して行ったアンケートでは、離職してから新しい企業に転職するまでの期間が半年未満だった人の割合よりも、半年以上かかった人の割合のほうが高いというデータが出ています。

ましてや仕事をしながら転職活動をしているのなら時間がかかって当然なのです。もちろん、派遣の仕事を辞めて転職活動だけに専念できれば半年もかかることはありませんが、その期間無収入となってしまうためそうした行動は難しいですよね。

転職に時間がかかってしまう原因

転職活動ではやらなければならない作業がとても多いです。

  1. キャリアプランを明確にするための自己分析
  2. 自分のキャリアプランを実現できる転職先探し・企業研究
  3. 採用担当の目に留まる履歴書・職務経歴書の作成
  4. 筆記試験・面接の対策

転職を成功させるためには、これだけのことを仕事をしながら進めていくだけでなく、それぞれに対して対策や勉強をしなければいけないのですから、普通にやっていたら1ヶ月で内定が出ることの方が凄いのです。

転職活動の準備ではなく、転職先探しや面接が思うように進まないと感じたら、見直しをおこなった方がよいでしょう。同じ失敗を繰り返していたのではいつまで経っても転職することはできません。不採用になったときは縁がなかったからと諦めるのではなく、どこに問題があったのか見直すようにしましょう。

企業に求める条件を見直す

転職活動は「自分の理想のキャリアを実現する」ためにおこなうものです。そのキャリアを確認するためにおこなった自己分析から思いついた「自分の理想の転職先」が、転職活動を続けていくにつれてブレてきてしまうことがあります。

たとえば、転職を始めて間もないころには「17時が定時の会社で、きちんと定時退社ができる会社」を目指していたにもかかわらず、色々な企業の求人を見るにつれて、

  1. 年収500万以上
  2. 年間休日125日(土日祝日)
  3. 年間有給取得数20日
  4. 勤務時間:9時~17時(休憩1時間)
  5. 最寄り駅から徒歩5分圏内

と、条件をどんどん足されてはいないでしょうか。理想を高く持つことは非常に大事ですが、条件を増やせば増やすほど転職先の幅が狭くなってしまいます。これは派遣会社で仕事を探すときと同じです。派遣初心者の方は、企業名や時給の高さ、大学事務や受付などの人気職種ばかりから選んでいたと思います。これでは決まるものも決まりません。

希望の条件のすべてを満たしていないからといつまでも企業を探していたのでは、いつまで経っても転職できません。転職先を探すときは希望条件に優先順位をつけて、時には優先順位の低い条件は諦めるといったことも重要です。

転職方法に偏りがないか見直す

「転職エージェントは1社しか使わない」、「就活のときに使った転職サイト以外は使い方が分からないから使わない」など、転職方法があまりにも偏っていると長引く傾向にあります。

転職サイトや転職エージェントは各社で特色が違うため、今まで使ってこなかった転職ツールの方が自分に向いていたということもあるのです。特に転職エージェントについては、派遣会社のように複数登録して進めるのがおすすめです。

転職エージェントに複数登録するメリット・デメリット

2017.10.25

転職活動は新卒の就活とは違う!

転職面接で何をアピールすればいいのか不透明だと、新卒の就活のときに成功例を答えてしまいがちです。しかしそのアピールは転職活動でするべきではないかもしれません。

採用担当は新卒を採用するとき、アルバイトでは社会人経験の参考にはならないため「資質、やる気、コミュニケーション能力」を見て決めます。しかし、派遣社員であっても社会人になり一定の経験を積んできた方には「経験、キャリアプラン、自己管理能力」を求めているのです。

新卒で求められているものが必要ないということではなく「社会人を経験しているのだから持っていて当たり前」として扱われているため、一度社会人を経験したから自身の強みになったことをアピールしなければ、「新卒を雇用するのと変わらないじゃないか」となってしまうのです。

転職面接で就活のようなアピールの仕方をしている場合は、もう一度自己分析をおこない社会人経験とつながるアピールポイントを考えた方がよいでしょう。

ヘッドハンティングされた場合などの特殊な条件を除き、きちんと転職先を選びながら転職する場合はそれなりに時間がかかるということを覚えておきましょう。転職期間を短くしたいというときは、転職サイトよりも転職エージェントがオススメです。専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職活動を手助けしてくれるので、自分1人でやるよりも速いペースで転職活動を進めていくことができます。

派遣社員の転職活動~「企業研究」のやり方と目的

2017.10.29

目的から派遣会社を探す